トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

《PLC問題》電柱を経由して?2006年12月05日 20時19分17秒

All AboutのページにPLCアダプターの試用Reportが載っていたが、その最終ページに「電柱を経由して接続できるかを実験してみる」とありました。

既にその文章は削除されていますが・・ http://allabout.co.jp/internet/lan/closeup/CU20061121A/index5.htm

私は「PLCは屋内限定の認可であるので、屋外を経由する接続実験は違法だ」という趣旨のメールを送り抗議いたしましたところ、以下のような回答を得ましたので紹介いたします。


初めまして。 オールアバウト インターネットチャネルのプロデューサーをしております 笹田(ささだ)と申します。

このたびは、記事に対するご意見を頂き、誠にありがとうございました。

まず「電柱を経由して接続ができるかを実験してみる。」 という行為ですが、 ご指摘の通り、屋内以外でのPCLの使用は違法となります。

今回ご指摘頂いた表記の意図は、PLCの一般利用者である読者が 「こうした使い方はできないか」と感じるであろう内容を 読者代表でもあるガイドが次回のテーマとして提示し、 次回記事における検証時に、 「これは違法になりますのでできません」という説明をもってくる 算段でおりました。

つまり、「違法行為をする」という宣言ではなく、 「できるのか(やっていいのかも含む)を検証する」 という宣言をしたものです。

とはいえ、この1記事のみを見る読者の方もいることを考えれば、 配慮が不足していたといわざるを得ません。

誤解を招く表記である該当文章を削除させていただき、 ガイドとともに社内にも注意を促し、 再発のないように努めてまいる所存でおります。

この度はご指摘頂きまして誠にありがとうございました。 今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。


ということで削除となりました。

《PLC問題》メディアもいい加減2006年12月07日 11時41分59秒

PLC機器は「屋内限定」という代物なのに、なんと屋外のコンセントを使用した実験を行いそれを自社のページに載せるという行為に至った会社があります。

当該部分は既に削除されていますが、違法行為を平然と行いそれを堂々と掲載するなどと言うのはモラルも何もないといえるでしょう。

削除された後のページ
http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/column/narumono14/02.html

しかし Google のキャッシュにはちゃんと残っています。 URLは長くなりますので表示はしませんが
Googleのキャッシュ

12月8日朝に確認したところ、キャッシュはなくなっておりましたが、当方はwebページ全体を保存しておりますし、昨日のうちに総合通信局に通報してあります。関係者は表示が無くなってほっとしているかもしれませんが。

かぜさんのページによれば
電波法無線設備規則第59条第1号②電波法施行規則第44条2第2号の2箇所に「屋内」という記述があり、このPLC装置は電波法100条の1にある括弧書き(・・・総務省令で定める通信設備を除く。)の装置に相当。①②の屋内でなくなった場合、すなわち屋外での使用は100条の許可を受けねばならない機器となり、当然ながら許可を受けていないでの使用ですので罰則を受けることとなります。
第110条 次の各号のいずれかに該当する者は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。
3.第100条第1項の規定による許可がないのに、同条同項の設備を運用した者

かぜさんのページの内容と重複しますが、PLC機器は使用条件を守らない場合、電波法の規定により一年以下の懲役または100万円以下の罰金刑に処されます。

《PLC問題》訴状公開されました2006年12月10日 21時35分29秒

電力線通信、PLCに対して起こされた行政訴訟の訴状が公開されました。

公式サイト:http://plcsuit.jp/

訴状:http://plcsuit.jp/PLC-sojoh061207.pdf

もしこれからPLCを使ってみたいと思っている方、まずメーカーの注意書きを必ず読んで理解してください。そして訴状も是非読んでみてください。

また裁判を起こした無線家を非難している方々、是非訴状全てに目を通してもう一度考えてみてください。

《PLC問題》違法な製品の流通・・・・2006年12月18日 10時57分33秒

国内で使用できるPLC機器は「総務省で型式認定を受けた物だけ」であるのに、Yahoo! Auction では輸入品が販売されています。

その出品者は無知なのか質問に対して以下のように回答しています。

質問
「国内で使用すると電波法違反になることを記載しないのはどうしてですか? 」
回答
「今年の10月に法規制が改正されています。あなたはアマチュア無線愛好者ですか?本商品の理論を疑うのであれば、同技術のADSLも違法でしょうか?そもそも本製品は、電波は発しませんので電波法には関わりません。」

質問
「日本国内の認可は受けている製品でしょうか?」
回答 「具体的に、どういう認可でしょうか?CE?FCC?PSE?家電としての認可は当然すべてOKです。漏洩電波などはありません。海外では既に数年認知されている技術です。一緒に販売しませんか?これから爆発的に売れますよ、この商品は。」

呆れて物も言えません。無知というのは恐ろしい。しかし無知の原因は何なのでしょうか? 間違った知識を持っていると言うことは、間違った記事を読んだかよく読んでいないか・・・  総務省はこういう事態が起きないようにもっときっちり広報すべきです。

また我々としてはこういう出品やも販売店での店頭販売を見逃さないようにする必要があると思います。

参考まで、当該オークションのIDは h47229199 です。

《PLC問題》Yahoo!オークションにて違法な機器の出品続く2006年12月20日 22時43分50秒

先日のものは福岡の人が落札しました。 果たして実際に使うのでしょうか? 

今日も検索していたところ違う違法な機器の出品を見つけました。

オークション ID u8482602

今後も同様な事が起こると思います。監視を継続する必要があると感じました。 国内の認可を取得していない製品を使うと電波法違反となり、電波法の規定により一年以下の懲役または100万円以下の罰金刑に処されます。