トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

東京CWコンテスト2008年11月04日 20時26分40秒

先日の東京CWコンテストですが、コンテストがあった事を知らず普通のQSOをSSBでやっていたところ、コンテストの存在を知らされ急遽調べてみたところ・・・・

なんとあと30分で終了・・・・・・・

とりあえず少しは電波出すかな・・・と。

15局とQSOしました。

ログを出そうと調べたのですが、電子ログはないようで紙のサマリーシートとログシートを提出しないといけないらしいです。

とりあえず印刷はしたんですけど、どうしようかなぁ・・・・

コンテストとQSL2008年11月09日 15時57分12秒

コンテストとQSL。

QSLカードを全交信分発行する方、PSEで来た方のみに返送する方、全く発行しない方、色々でしょう。色々な意見があって当然で、コンテスト中の短いQSOの中でQSLカードの交換を約束する事は一種至難の業です。

僕の場合は全てコンテスト終了後、出来るだけ速やかに発行しています。過去に同じバンド、モードでQSOしているか否かのチェックはしません。交信数が多いため、非常に手間がかかってしまうからです。
したがいまして相手からの発行は要求していません。PSE QSLという文言は入れません。一本的な発行に近いものがあります。しかし、JARLからQSLが届くと、多くの方から同じようなタイミングで出されたQSLカードが大量に到着します。これをチェックしての発行も非常に手間がかかってしまいます・・・

ですので、コンテストの全交信分についてカードを出すようにしています。

資源の無駄遣いというご指摘や、JARL QSLビューローへの一種テロ攻撃だ(ちょっと大げさですよね)という笑い話もありますが・・・・・

多くの方がコンテストには zLog を使用されているのではないでしょうか。
http://www.zlog.org/

そして通常のログは Hamlog という感じではないでしょうか?
http://www.hamlog.com/

そんな方には是非 電子QSL の発行もお勧めします。国内ではQSO BANKが有名です。

2012年5月5日現在、QSO BANKは停止しています。
電子QSLのすすめ と Hamlogから eQSL をご参照ください。 

以下はオリジナルの記事です。






http://www.qsobank.net/

zLog でロギングしたデータを、JARLに電子LOGで提出する場合、zLog データ集計・変換ユーティリティ ZLIST で変換します。その時

メニューから 「ファイル」 → 「データ書き出し」 → 「zLog for DOS テキストファイル」 で出来たものを使用しますが、そのできたテキストファイルを元にして、 Hamlog へデータをコンバートして結合させるのですが、その時に使うと便利なツールが JH0IXE作の ztohconv です。
http://jh0ixe.idou.net/modules/mydownloads/

これを用いて Hamlog にデータを入れてしまえば、QSO BANKへのデータの送信も楽々です。

最近過去のコンテストデータをアップロードされる方が多く、よく照合データが届いています。

QSO BANK については、当方の過去の記事もご覧ください。
http://jp1lrt.asablo.jp/blog/2006/09/09/517693

この記事からトラックバックを数件飛ばしました。QSLに関する記事のあるブログにです。ご迷惑でしたら削除お願いいたします。

今日は多摩川コンテスト2008年11月24日 10時30分34秒

今日はAPOLLO HAM CLUB主催の多摩川コンテストが開催されます。

13時から14時59分59秒まで 50MHzで行われます。

規約は http://homepage3.nifty.com/jk1mgc/TA2008.pdf

多摩川の流域外局同士でも得点になりますが、少なくとも一局は流域内局と交信する必要があります。

今日は/3なんで、できるかなぁ・・・・・  3で 「CQ多摩川コンテスト」ってやっても誰も呼んでくれない気がします。

全国の皆さん、1にアンテナ振って参加局を探しましょう!!!!