トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

QSLビューローからのお願い2009年11月05日 10時57分53秒

JARLのメールマガジンの配信を受けているのだが、タイトルの件の記事がありました。

●薄い紙で作成した規格外QSLカードは転送できません!!

 コピー用紙のような薄い紙やカレンダーの裏などに印字された規格外のQSLカードをQSLビューローに送る方が最近、非常に増えています。 これら規格外のQSLカードは、仕分け作業の効率の妨げになるなど、スムーズな転送作業の障害となっています。

ってコピー紙を使ったりカレンダーの裏を使ったりってあり得ないでしょ???

確かに薄いカード、いやカードとは呼べない交信証はもらったことがありますが、Hamlogのカード印刷機能で印刷されたものでした。受け取ったときの感想としては、こんな薄いのも転送されるの??? って感じでしたが、規定に反しているものは転送されなくてもいいと思います。

規格外の重さや大きさのQSLカード等の転送は行いませんので、QSLビューローにQSLカードをお送りいただく際にご確認ください。

と書いてあるんだし、破棄されても文句は言えないですよ。

しかし印刷するときにどういう考えでそういう紙を使うのでしょうか? 規定を知らないのでしょうか? いやきっと知っていながら使っているんでしょうね。う~~ん・・・ 謎。

JARLのQSLに関するお願いページは
http://www.jarl.or.jp/Japanese/5_Nyukai/onegai.htm
規定などは
http://www.jarl.or.jp/Japanese/5_Nyukai/qsl_buro.htm

コメント

_ JO3OMA ― 2009年11月05日 13時38分08秒

毎度です(^^;

私のところにもカレンダーの裏紙?といったQSLが何枚かありますが、仰るとおり破棄されてもおかしくないものですよね。届いても届かなくても別にいいや、というお考えでの発行であれば「ご面倒ならそこまでして頂かなくても結構です」と言いたくもなりますが、全ての方がそうとは言い切れませんし・・・(^^;

人それぞれご事情もあろうとは思いますが、QSL転送はJARLの義務ではなく会員向けサービスなのですから、せめてサービスを受けやすい形で送るというのは当然のことですよね。仮に届かなかったとしてその責任をJARLに押しつけるようなことはちょっと筋違いだと思います。

_ JP1LRT ― 2009年11月06日 09時29分14秒

JO3OMAさん、カレンダー来ましたか!!!!
うーーーん・・・  どうしてもアワードに欲しいところなら仕方ないなぁ・・・とも思いますが、そうでなければ「なんでこんな紙使うんだろうか。仕分けする人にも受け取る人にも失礼だと思わないのかな?」と考えてしまいますね。

_ KEN/JA1KEB ― 2009年11月06日 20時14分25秒

こんばんは。JA1KEBです。

私のところにもカレンダーの裏紙のQSLが来たことがあります。「話には聞いていたが、これがカレンダーの裏紙か」と妙に感動しました(笑)。頻繁に来るようだとうんざりでしょうね。

_ JP1LRT ― 2009年11月16日 09時40分50秒

KEN/JA1KEBさんのところにも来たことがあるんですね!!!

カレンダーの裏紙をなぜQSLに使用するんですかね・・・ 自分のメモ帳ならもちろんありですけど、他の方に送るカードとしては失礼だと思わないのですかねぇ・・・  謎です。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
管理者のコールサインは? 小文字で。My callsign? Small leter only.

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jp1lrt.asablo.jp/blog/2009/11/05/4676853/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。