トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

JA6YBR/b のメインテナンス2010年02月07日 22時48分38秒

50.017MHzで宮崎から運用されている JA6YBR/b のメインテナンスが2月6日と7日の二日間で行われました。JA6YBR OBのJF6DEA木下氏 JH6VZS 甲斐氏 宮崎市在住の JR6GKT 川越氏と 私 JP1LRT の4名が参加しました。

今回は同軸ケーブルの交換と、ビーコン送信装置の清掃などを行いました。アンテナその物もそろそろ交換の時期ですが、次回以降に実施予定です。

ビーコン送信装置です。

アンテナです。

給電部のアップです。そろそろやばい雰囲気です・・・

マッチング部分です。白い同軸ケーブルは元々灰色の5D-2Vですが、表面は細かいひび割れが入り、白に変色しています。

ビーコンを止めて装置の蓋を外します。

ものすごいホコリ・・・ 

ホコリを吹き飛ばします。

ファンの部分もかなりのホコリがはまっていました。1つのファンは回転時に少し音が出るようになっていました。交換を近々行います。

ビーコン送信装置直後はきっちり50W出ています。

今回の作業の後・・・  本来はビーコンの出力が変わり 50W 10W 1W 0.1W となるのですが、 1W と 0.1W が送信されなくなってしまいました。蓋を開けた際に断線したか、ブロアでホコリを飛ばした際に断線したか・・・  実測した出力は 50W と 23W(たぶん)でした。
またアンテナもかなり老朽化していますので、根本的に作り替える必要性があると思います。またビーコン送信装置もちゃんと動作するように修理するか、最初から作り替えるか・・・ 

JA6YBR/b のページでそのうち発表があるかもしれません。

私はJA6YBR宮崎大学の関係者ではありませんが、学生時代に宮崎にいたため、当時 JA6YBRメンバーのJF6DEA木下氏と親しくなり現在に至っております。今回のメインテナンスも昨年9月に佐賀で行われた KSSGミーティングで、最近のJA6YBR/bが弱くなったという話を聞き企画されました。今回実施されなかったアンテナのリニューアルなどの工事にも是非参加したいと思っています。

コメント

_ JM6JJA ― 2010年02月09日 06時05分51秒

おはようございます。
そうだったんですね。7日にビーコンが受信出来なかったので、無線機の故障かと思いました。この時期、6mバンドの受信試験は宮崎ビーコンのみ受信可能なものですから。自作アンテナの調整には、0.1Wが必須です。是非、発信可能に修理してくださいませ。

_ まき6そひら ― 2010年02月10日 15時16分57秒

空中戦取り替えと装置の修理にいかんばんな!

by行きたかった人

_ JP1LRT ― 2010年02月12日 00時29分50秒

みなさんコメントありがとうございます。
早いうちに 1W 0.1W も直ると良いのですが。

_ 再び そひらです ― 2010年02月12日 05時11分44秒

[[屋上解説]]

ビーコンが設置されているサークル棟の屋上には、さも”ここにタワーを建てなさい”と言わんばかりの構造物と支線用のフックが付いています。このセットが4箇所+。<<アンテナの写真参照。
写真にはありませんが、ビーコンのある部屋にケーブルを引き込むダクトまで付いています。確か口径100だったかな。

こんなもの、フツーは付いていないんです。当時の無線部在学生が棟の設計にまで口を出した、と聞いています。

正にビーコン運用に最適な場所ですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
管理者のコールサインは? 小文字で。My callsign? Small leter only.

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jp1lrt.asablo.jp/blog/2010/02/07/4864348/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。