トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

アマチュア無線への500kHz分配と海洋レーダー2010年11月03日 08時45分43秒

2012年世界無線通信会議(WRC-12)の各議題に対する我が国の考え方に係る意見募集がされています。
いわゆるパブリックコメントです。

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02kiban10_02000016.html

このなかで、アマチュア無線家に影響があると思われるのは2点です。

1.アマチュア無線への500KHz分配
2.海洋レーダー

1.に関しては歓迎する事だと思いますが、2.に関しては大変気になる記載があります。

海洋レーダーの周波数として 3-50MHz帯の中で配分するとあり、4.5±1MHz帯、9±2MHz帯、13±1MHz帯、16±1MHz帯、26±4MHz帯及び43±4MHz帯の各周波数帯において、固定・陸上移動業務のみへの分配がある帯域については、必要離隔距離の確保や海洋レーダーの出力制限などにより既存業務との共用が可能でありうるので一次分配を、また、海上移動業務への分配がある帯域については、海洋レーダーと既存業務との共用は個別の調整などにより可能であるので二次分配を、それぞれ優先的に選択・要求するのが適当である。

と記載されています。 周波数帯によってはアマチュアバンドに近接、または浸食される事も危惧されます。文言の中で 「一次配分」 もあり、見過ごす事はできません。現在パブリックコメントを受付中ですが、JARLはどのようなスタンスなのかメールにて問い合わせています。また私個人もパブリックコメントを出してみたいと考えています。

この記事をお読みの皆さんも、何か感じられる事がありましたら是非パブリックコメントを出されてください。黙っていると了承したと見なされてしまいます。


JARLの見解  もご覧ください。