トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

WRC-12 海洋レーダーについて JARLの見解2010年11月11日 15時30分10秒


問い合わせの回答が寄せられました。

パブコメをこれから出される方もいらっしゃると思いますので、参考にされてください。



 今回の総務省のパブリックコメントにある短波帯を使
用する「海洋レーダ」に付きまして、JARLとして技術的
な仕様を始め利活用状、普及予測も含めた調査研究を行
っているところです
。短波レーダには海洋レーダ以外に
もSuperDARN短波レーダという電離圏の下部や熱圏、中間
圏の物理現象を探査するレーダもあります。
 どちらも私たちの生活や知的興味を豊かにしてくれる
システムと思いますが、アマチュア無線の障害となって
は困ります

 ITU-Rでの検討に上がっている分配の候補周波数には、
アマチュアバンドは含まれていません。また、既に我が
国の海流観測のために運用されている海洋レーダは下記
の通りで、周波数や電力を見ますとハイクラスのアマチ
ュア無線局と以下のシステムです。

情報通信研究機構(NICT)
 周波数 : 9.2MHz帯
 帯域幅 : 22kHz
 送信出力: 1kW(ピーク)500W(平均)
国土交通省国土技術総合研究所、他
周波数 : 24.515MHz
 帯域幅 : 100kHz
 送信出力: 100W(ピーク)50W(平均)

 アマチュア無線局の直近に海洋レーダが設置されるよ
うな条件を除けば問題は無いと思いますが、導入に当た
っては既存システムに有害な混信を与えることが無いよ
うにして頂きたい旨の意見を提出したいと考えています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
管理者のコールサインは? 小文字で。My callsign? Small leter only.

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jp1lrt.asablo.jp/blog/2010/11/11/5492841/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。