トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

太陽光発電のパンフ Panasonic2011年12月18日 19時11分54秒

TwitterのTLである文章を見つけました。

それは Panasonic (パナソニック電工)の太陽光発電システムに関する文章です。

http://panasonic-denko.page-view.jp/VBCT1B70_7/pageview/pdf/0036.pdf

このパンフレットの中に

●近隣にアマチュア無線のアンテナがあるところに太陽光発電システムを設置すると、太陽光発電システムの機器や配線から漏れる電気的雑音(ノイズ)を、感度の高いアマチュア無線機が受信することで通信の障害になることがあります。近隣(100m以内)にアマチュア無線のアンテナがあるところには、太陽光発電システムを販売、設置しないでください。

と書かれています。 過去に色々なメーカーに質問を送りましたが、いずれのメーカーも機器からのノイズ発生を認めています。Panasonicには質問を送っていなかったので、早速質問したいと思います。

パンフレットにはそう警告しているが、万が一販売店が販売・設置してしまった場合にはノイズ対策を取ってくれるのか否か。

アマチュア無線局に限らず、無線局は法的に保護されています。ノイズにより妨害を受けた場合は、ノイズの発生源側が対処しなくてはなりません。つまりこの場合太陽光発電システムを設置したご家庭が対処しなくてはならないのです。
無線局側には全く非はありません。
例えて言うならば、静かだった住環境に突然うるさい隣家が引っ越してきて、1日24時間ロックを演奏しているのと同じです。24時間ロックを演奏するならば、完全防音の部屋を作る必要があります。これと同じで、ノイズもなく静かな受信環境だったのに、1日24時間ノイズを巻き散らかして目的の信号を受信できなくするのが「太陽光発電システム」だったり「粗悪なLED照明器具」だったりするのです。ノイズのでない物に交換するか、フィルターなどでノイズの発生を抑えるか、ノイズ源そのものの撤去しかないのです。


Panasonic社はほぼ毎日私のブログを見に来ています。 足跡がしっかり残っています。
気になるのでしょうね。

追記:12/20
SANYO も注意書きをしていますね。 Panasonicと一緒になっていますから当たり前と言えばそうですが。 http://jp.sanyo.com/solar/guide/construction/index.html


第10回ローバンド勉強会 参加しました2011年12月18日 19時43分24秒

昨日秋葉原で行われた第10回ローバンド勉強会に参加してきました。
私は初参加です。 皆さんとお会いするのを楽しみにしておりました。

かなりなハイペースでビールが進み、2次会では結構酔っぱらってしまいました。 (;^_^A アセアセ・・・
途中サテライト系の方が合流してますます盛り上がりました。

参加した他の方のブログに詳細は出ているので私は割愛させていただきます。

普段波の上でつながっている方々と色々なお話しができてとても楽しかったです。
ありがとうございました。