トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

ATU MFJ-994BRT2012年03月12日 07時32分19秒

先日まで使っていた SGC SG-230 ですが、調子が悪くなってしまったためATUの入れ替えをしました。

もともと入れ替えを計画していたので、調子が悪くなくても行ったのですが。
先週160mでCQを出していたら急に逝ってしまいました・・・・・

円高のうちにと思って、 MFJ-994BRTHRO にオーダーしていました。

本体 $379.95 送料 $60.00  合計 $439.95 のところ、 $50 の割引クーポンを使用して
$389.95 で購入しました。 1USD=80JPY とすると 約 31,200円 でした。

代替として SG-239 も考えていたのですが、RTTY で安心して 200W 出せるのはやはりハイパワー対応機種ですので、このMFJ-994BRTに決めました。

HRO にオーダーしたあとで、もっと安いところを見つけました (^_^;)

実際に設置してみました。 今まで使用していた SG-230 では 1.8MHz から 29MHz までチューニングがとれていました。 MFJ-994BRT では 14MHzから上でしたかチューニングが取れません。 おそらくワイヤー長が短いのでしょう。 オーダーしているグラスポールが届けば解決すると思いますので気にしていません。

このMFJ-994BRT は MFJ-4117 というアダプターを通して、同軸ケーブルに通電し電源を供給するのですが、当初 MFJ-994BRT が動かないのでこのアダプターを疑いました。 テスターでチェックしてみると電源が供給されていません。 単純な配線ミスでした。 MFJではよくあることだと思い、自分で配線をしなおしたところ MFJ-994BRT はちゃんと動作しました。 構造的にこの MFJ-4117 はコモンモード対策が必要だと思ったので、電源ケーブルにトロイダルコアを用いて W1JR巻 をしました。

14MHz でCQを出したところ 6 の局からすぐにコールされました。強力に届いているというレポートをいただきました。また 18MHz でも中国の局とQSOできました。ちゃんと動作しているようです。

あとはワイヤーを張りなおしてローバンドに出るだけです。 楽しみです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
管理者のコールサインは? 小文字で。My callsign? Small leter only.

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jp1lrt.asablo.jp/blog/2012/03/12/6372774/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。