トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

謹賀新年2013年01月03日 19時49分27秒


新年あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。

今年の目標は 6mのコンテスト、特にALL JA でX50Hでの優勝です。
私一人の力では達成できない皆様のお力添えがあって達成できる目標です。
頑張りますのでよろしくお願いいたします。

現在は NYP に参加しておりますが、普段と違う2m SSBでやっております。
新しい方と沢山お会いできて楽しいです。(^^)

皆さん今年もよろしくお願いいたします。

アワード(AWARD)とeQSL(電子QSL)2013年01月18日 15時15分35秒

電子QSLである eQSL http://www.eqsl.cc/qslcard/Index.cfm どのくらいの方が使っているでしょうか? 私は全てのQSOをUPLOADしていますが、まだまだ照合率は低いです。

日本国内のアワードの多くはeQSLが使用可能です。 JARLのアワードももちろんですが、「湖沼アワード」や「ウォーターフロント・アワード」も使用可能です。(JR3LCF 岸OM、JA9CD 柳原OM、情報ありがとうございました)

JARL非会員の方でも使用出来ますし、基本的機能だけならば無料です。アップロードすればすぐに相手に届きます。

いったい貴方にどの位の電子QSLが届いているのでしょうか?
移動運用宛もあると思いますので / の付いたコールも試してみてください。

貴方のCallを入れて検索を

きっと何枚も届いていると思います。まずは登録して受け取ってみましょう。

最初に eQSL.cc にアクセスしましょう。

http://eqsl.cc/qslcard/Index.cfm

ここから入ります。 日本語解説のページがあります。

http://home.p07.itscom.net/nob/eqsl/eqsl_top.htm

ガイドに沿って登録をします。

登録後は自分が免許を受けた局である証明を受けましょう。詳しいことは http://eqsl.cc/qslcard/authenticity.cfm#UploadLicense に記載があります。

登録してしまえば後はQSOのデータを送信するだけです。 Turbo Hamlogをお使いの方は簡単です。 ADIF を出力させて
http://eqsl.cc/qslcard/enterADIF.cfmから UPLOAD するだけです。

自分が移動したりした時に、コメントに移動地や 「湖沼」 「WF」の番号を入れます。

ただし注意が必要なのは、移動運用を多くされる方は登録後に移動運用の追加アカウントを取ることをお勧めします。これも至極簡単。
http://www.eqsl.org/qslcard/Index.cfm
の右下 My Accounts 

から進んでいくと

「新しいアカウントの追加登録」という欄がありますので、必要事項を入れて 「Create New」 をクリックするだけです。

そしてUPLOADしたいアカウントにログインをしてADIFファイルをUPLOADします。その方法は Turbo Hamlogをお使いならば超簡単。まず オプションから「QSLカード印刷」に進みます。

ここのコメントに移動地やPA WF等のeQSLのRemarks に反映させたいコメントを入れます。ここではコメントを入れるだけで、入れ終えたら 「閉じる」 で閉じてしまいます。

次に検索から 「複合条件検索と印刷」 にすすみます。

出力させたいデータの範囲を指定し、 ADIFファイル を選択して、 <QSLMSG:> を出力 にチェックを入れます。 出力ファイル名は任意です。 検索- 1をクリック、その後「実行」をクリックします。「検索結果を出力しますか?」と出ますので「はい」をクリックすると、指定したファイル名で保存されます。

QSLカード印刷のコメントで、例えば 「JP1LRT/3 JCC2524」 と入力されていれば、ADIFファイルの <QSLMSG:> には <QSLMSG:17>JP1LRT/3 JCC2524 と出力されます。 HAMLOG の Remarks 1 に任意の文字が入っていた場合は <COMMENT:>に出力されますが、 <COMMENT:> と <QSLMSG:> では <QSLMSG:> が優先されるので、普段のロギングで Reamarks 1 に日本語フォントが入っていても、 eQSL向け ADIFファイル出力のために、QSLカード印刷のコメントで英文だけのコメントを入れておけば問題ありません。 (実験済み)

UPLOADして受付されたデータは

のようにリストに載ります。相手にはどのようなイメージで届くのでしょうか?

ちゃんとリマークスに移動地情報が反映されています。AWARDの中で取得したQSLを提出しなければならないものは、この画像データをプリントすればいいわけですが、提出が必要ない場合はこの状態でQSLを取得したことになります。

移動運用をたくさんする方で、大抵の場合「QSLは1 wayで」という方も相手からQSLを受け取れますし、呼ぶ側もJARLからの転送を待たずして相手がUPLOADすれば直ちに受け取ることができます。

「今はJARL非会員な貴方」や、「今は紙のQSLカードは発行していないという貴方」も、きっと以前は「QSLカードの交換がアマチュア無線の一つの楽しみだった」のではないでしょうか。 貴方のQSLを必要としている人がいます。 是非電子QSLの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

JARLからの隔月のQSLの到着を首を長くして待っている貴方も、相手も同様に待っています。すぐにデータをUPLOADすれば、相手はすぐにQSLを入手できます。

コンテストでは紙カードは出さない、という貴方のQSLを必要としている方もいます。 是非 電子QSL の導入を検討されてみては?

皆さんいかがですか? 紙QSLと並行してこのeQSLを試してみては。とりあえず登録だけでもしてみませんか? (^^)

多摩川コンテスト結果発表2013年01月21日 08時38分23秒

昨年11月実施の多摩川コンテストの結果が発表されました。

http://homepage3.nifty.com/jk1mgc/TA2012RESULT.pdf

おかげさまで流域外電信電話部門で一位となることができました。大変な接戦の中一位なりましたのは、QSOしていただきました皆様のおかげです。

ありがとうございました。

また今年も都合が合えば出たいと思っております。また是非QSOよろしく御願いいたします。

まずは4月の  ALL JA  でお会いできることを楽しみしております。

KH9/WA2YUN/B2013年01月29日 14時51分14秒

久し振りに KH9/WA2YUN/B を聞きました。先日のオープンは仕事中でした。
しかし今日もビーコンのみ。

オペレーターはお仕事中なんでしょうね。

http://www.youtube.com/watch?v=u4SBknrHleg


そこで入感中にWA2YUN Colinさんにメールで

Hello!

Your beacon now 599 +20dB into TOKYO!

Regards,

JP1LRT  Yoshharu Tsukuura


とメールしたところ

Thanks for the report. Sorry that I was not home to work the JA stations that need Wake. Perhaps this weekend.
Colin

と返信が来ました。

週末は聞いてくれるようなので楽しみですね。

無駄な通信2013年01月29日 22時54分17秒

先月末に十数年ぶりに常設の 2m 70cm BAND用のGPを建てました。

で最近よくメイン(呼び出し周波数)を聞いていますが、CQを出す方の言い回しに違和感を覚えています。

簡潔なCQを出す方には好感をもてますのでコールしようという気になりますが、くどい方とはQSOする気が失せてしまいます。

具体的には・・・・ 70cm BANDの例です。

1.はろーCQ430 の繰り返し      CQ一回でいいでしょう。
2.次回、433. .....               次回は必要ない   
3.433.XXにて再度コールします   再度もいらないよなぁ・・・  
4.メインをお聞きの方            メインでCQ出しているんだよね? メインを
                      聞いていない人は貴方のCQは聞こえません。


で、指定された周波数行くと・・・ 例えば 432.96MHz。

1.はろーCQ430の繰り返し      またですか・・・
2.432.96をお聞きの方         他の周波数の方とはQSOできませんが・・・
3.メインからQSYされた方
  ワッチ局
  待機局         これらは必要でしょうか? 同じ意味ですよね?どうしても
               言いたいならば単に「入感局」とか「入感の方」で良いかと。


CQを出すならシンプルに、呼び出し周波数の占有時間を少なくするためにも。

例えば・・・・  たとえばですよ。

「CQ、こちらは JP1LRT(フォネティックコードで)、杉並区より、433.08にてQSOお願いします。」

で十分かと。 さらに QSY先では

「CQ、こちらは JP1LRT(フォネティックコードで)、杉並区より受信します。」

だけでいいのでは?  

長くCQ出せばより多くの人が聞いてくれるから、呼んでもらえるかもという期待は間違っているように思えるんですけど、皆さんはどうお考えでしょうか。

色々な考え方があるのでどれが正解かは分かりませんが。

この話題は SNS  My Shackに書いたものの転記です。
http://myshack.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=40730


ブレークタイム?2013年01月30日 09時49分52秒

昨年末に 2m 70cm BANDのアンテナを上げたので、時々出ているのですが
FMでQSOした時に、相手に返した際

「了解です」    で一旦停波して
「了解しました、JP1LRT こちらはXXXXXX...........」

と一旦切る方が非常に多いので気になっていました。

昨晩 Original JA1 のOMさんとのQSO機会に恵まれたので、質問をしてみました。実際 OMさんも同じように私とのQSOの際に切っていましたので。

OMさんとは1st QSOで、時間帯は 21:30JST です。

OMさんのお考えなられた理由は2点だそうでした。

1. ブレークをしてくる局がいるかもしれない。
    FMでは弱肉強食なのでブレークが分からない場合が
    あるかもしれないから。

2. 平日の日中は色々な人がいるから、混信によるトラブル防止のため
    
お教えいただきありがとうございましたとは申しましたが疑問は解消しませんでした。

1.に関してはおなじみさん同士ならばあり得る話かもしれませんが、1st QSOの相手と交信中にブレークをかける人がいるのでしょうか?

2.については確かに平日の昼間は、BAND PLANを全く守らない人、業務で使っている人、周波数確保のため留守番をしている人、免許すら持っていない人が沢山出ていますので、正規のアマチュア局 が正規の運用方法で出た場合でも、混信によるトラブルは可能性としてかなり大だと思います。
私は平日の昼間にはV/UHFのFMには出ないことにしました。(^_^;


結局なぜかは分かりませんでした。ファッションでしょうか?

WEBで読んだ一説には「救難通信」の割り込みがあるかもしれない・・・ という事でしたが。
常識的慣習との記事も・・・

この記事は SNS  My Shack からの転記です。
http://myshack.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=40741

フライング応答(?)2013年01月31日 09時16分53秒

よく40m SSBで出会うのですが・・・・


★フライング応答(?)
パイルなった時に呼ばれる側が、コールサインの一部を指定したとします。たとえば 「JP1の方どうぞ」 と言われれば私ならば 「JP1LRT (サフィクス部分をフォネティックコードで) 」とワンコールしてスタンバイします。 すると 「JP1LRT 59です」などと返ってくるのが通常の交信です。6m BANDではほとんどの方がこのように運用しています。

しかし 40m SSB等では 「JP1の方どうぞ」 と言われて 「はーーい了解です。ピックアップありがとうございます。こちらは JP1LRT です。」 と自分に応答があったわけではないのにフライングで応える局が多数います。プリフィックスの指定を今回は例に取りましたが、サフィックスの一部 だけでも 「L リマの方いますか?」 で 「はーーい、ピックアップありがとうございます。 こちらは JP1LRTです」 と応答してみたり・・・   

 
JP1の局は1局だけで自分だけとは限りませんし、Lの付く局も自分以外にいるかもしれないのに、「フライング」で自信を持って自分だと出ていく・・・  どこからその自信が来るのか分かりませんが、そのような「フライング応答」をする局は 6m BAND には滅多にいません。

もちろん私はフライング応答はしません。自分だと確信はありませんし。 しかしなぜ自分だと確信が持てるのか謎です。 ほんとなぜなんでしょうね・・・・

この記事は SNS MyAhack からの転記です。 
http://myshack.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=40748

DXの世界でもありそうな話ではあります。(^_^;

2m で TVI2013年01月31日 10時12分09秒

先月末6m 2m 70cmのGPをテレビマストの上に載せましたが、2mで時折TVIが発生していることが分かり色々調べた結果、解消しましたので紹介させていただきます。

2m は移動用に持っている FT-857DM を使用しています。

アンテナはこんな感じです。


まずは高調波を疑いまして、現代の日本メーカー製リグではそんな事はおきないと思いながらも DUPLEXER MX-72D の LPF機能を用いて実験しました。結果はなんの効果も無し。 と言うことは基本波による混変調だろうと思い、大進無線のトラップフィルターをオーダーしました。

型番は DTF-145 です。

これを取り付けたところ見事TVIが解消しました。 テレビアンテナと無線アンテナが近すぎるとTVIの発生も地デジでもあるようですね。参考になれば。


ツイッターでつぶやいたところ返信をいただきましたので紹介します。

---------------
2m基本波がTVフロントエンドの入力保護ダイオードで歪んで3倍が発生して妨害になったのかな。混変調とはちょっと違うメカニズム。
---------------

LPFで効かないなら基本波という法則すね。(^^)