トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

JARLコンテストについての意見募集結果について2013年07月02日 08時48分55秒

タイトルの件、JARLのwebにて発表がありました。自分なりの感想をかいつまんで。

3. ALL JAコンテストのマルチ再検討  について
 私の意見は下記の通りでした。

反対   アクティビティーが低くてマルチが取れないのは、誰にとっても公平な事で
誰かが特別得しているとか損をしているということにはつながっていません。  
したがって特別いじる必要もないと思います。 「幸運な運用」があった場合、それを
発見しQSOした者が得点を増やすのですから、その発見者が得をしてもなんら不公平はありません。むしろそれがコンテストの醍醐味なのではないでしょうか。あえて問いますが、マルチの出現バランスを均等化に何の意味があるのですか?  希少なマルチを取れるか否かで差が出るのは、当たり前のことです。そのためにワッチをし、RUNをしながらバンドをスイープし、マルチを増やすのです。  だれもが同じようにマルチを取得できるようにするなんて、コンテストの面白味を削り取るのと一緒です。  
賛成するわけにはまいりません。



(4)委員会としての見解、今後の方針
   ・極端に出現比率が少なく、また民間人の行くことが難しい南鳥島と沖ノ鳥島に
  ついては、小笠原に統合する。
   ・北海道地区については現状のままとするが、今後数年の経過観察後、再度
  見直しをする。

小笠原については良いでしょう。北海道は見直す必要性は無いと考えます。


4. 全市全郡コンテストのマルチが大都市に偏ることや桁数の違いの改善 について
 私の意見は下記の通りでした。

反対  HF帯におけるマルチの取りやすさと、VUFH帯におけるそれが違うというのは理解できます。  しかし、部門として50MHz帯以上はエリア別に入賞局を出しており、バンド特性を考慮しており何ら問題は無いはずです。   
マルチが都市部に偏る傾向がある。それは当たり前です。 「もともとVUHFはそういうものだ」 という認識でいいのではないでしょうか。  エリア毎で競い、その延長上に全国で競うというスタンスでいいのかと。  さらに数字桁数の違いについてもそんなに問題でしょうか?   市部 4桁   郡部 5桁   区部 6桁  わずか2桁です。  これが10桁とかならまだしも、わずか2桁の差です。  これがそんなに不公平でしょうか?  私は区部で6桁ですが、不公平とも不利とも感じたことはありません。

 今回のマルチに関してのアンケートですが、「みんなが取れないから見直しましょう」 「桁数をあわさないと不公平になりますから見直しましょう」 って小学校の運動会で競った結果順位の差が出るから、みんなで並んで走りましょう とか、得点は付けませんというのと同じニオイがします。  いったいどなたが不公平だと主張しているのでしょうか?


 (4)委員会としての見解、今後の方針
   ・良いアイデアが無いため現状のままとするが、下記のような検討は行ってゆく。
   ・「区」を止めて「市」と「郡」を区分単位としてマルチプライヤーを設定することを
  検討する。マルチの桁数はこれにより4桁あるいは5桁となり、許容の範囲となる。
   ・名称をマルチプライヤーに沿ったものとすること。

マルチの桁数が極端に違うのならまだしも、たった2桁程度でどれだけの不公平感があるというのでしょう。それを言うならばコールサインだってサフィックスが2文字の方もいるし、近年流行の8から始まる局にいたってはサフィックス1文字です。 正直どうでもいい話ではないですか?長いマルチの方が入賞できないのならまだしも、現に入賞していますし
マルチが都市部に偏るのは仕方のない事です。

名称を「全市全郡コンテスト」ではなくて「AJA コンテスト」に変更すれば良いでしょう。そうすれば現状に合致します。

それよりもこのコンテストには外国局部門も設けてみてはいかがかと思っています。JCC/JCGを追う外国局も増え、JARLのアワードの良いプロモーションとなります。国内局も外国局との交信を認め、マルチは外国局全体で1とするか、大陸毎に1とします。
あくまでも案ですのでこの辺で。


マルチの話で意見として「公平」という言葉が出てきますが、コンテストはそもそも最初から「公平」ではありません。人と競って勝とうとするわけで、自分が有利となるよう移動したりアンテナなどの機材を変えたり、と努力をするわけです。山の上のコンテストシャックと、アパマンのモービルホイップが同居するのがコンテスト。そうじゃないんでしょうか?


7. その他意見

中身で注目したのは 50MHz帯 のコンテスト周波数変更について。私は当然賛成です。
約2年前に http://jp1lrt.asablo.jp/blog/2011/07/04/5943075 のような記事を書きました。記事の中にある4S7ABの事は、あくまでも例であり全てではありません。それ以前よりDXとコンテストのQRMによる軋轢の話は聞いていました。

50MHz帯は広い周波数帯ですので、広く分かれて使っても差し支え無いでしょう。

という趣旨です。賛成意見を見るとやはりDXのためのワッチにも良い影響を与えている様子です。また反対意見では変更理由が分からないとか、急に変更しすぎだという件が目立ちます。 過去にコンテスト周波数が 50.150MHz以上から50.250MHz以上に変更になったときも色々な意見がありましたが、すぐに落ち着きました。今回もそうでしょう。なれる物です。

面白いと思ったのは、まとめてしまうと以下の意見です。

「限られたDXサーとオ~プンの可能性を考えると納得いかない。 50.250-50.300MHzはコンテストに参加しない局との軋轢・混乱や、CWを理解できない局にとっては突然妨害されたと思う事でしょう。」

いつ開くかが分からないのか6m。その為には開けておいても良いでしょう。バンド広いんだし。普段はDXをやっていてもコンテストは参加する、というスタイルの局だと、コンテストからのQRMがご理解頂けないのかもしれないですね。またCWを理解できない局を基本に考えるのはどうなのでしょう。
また、今までも 50.250MHz以上でコンテストが開催されていましたが、コンテストに参加しない局との軋轢・混乱は無かったのでしょうか????今までもコンテストに参加していないSSB局は出ていたはずです。目立たなかっただけで(JARLのメジャーコンテスト以外ではそういうシーをよく見ますが)。QRMはありましたがその相手がCWにかわっただけなのではないでしょうか。
CWとSSBが切れ目無く連続している件についても意見がありましたが、多少QRMがあるのはコンテストですから仕方のない話です。と思いますが。

コンテスト周波数を元に戻すべきという意見の方は、なぜ戻すべきなのかを具体的に示す必要があるでしょう。 現行の周波数に移行した結果のメリットを覆すだけの理由があるのでしょうか? 広くバンドを使う事にデメリットがあるとは思えないのですが。

2013 6m & Down コンテスト レビュー2013年07月07日 21時34分43秒

今年もこの季節がやってきました。 梅雨明け宣言も出て、暑い暑い夏です。

2011年度6m and Downコンテスト、参加された皆さんお疲れ様でした。私は今年も例年通り X50部門 に参加しました。昨年はマレーシア出張でコンテストには参加できず、2年ぶりの6Dでした。今年の目標は 650 x 50 と高めに設定しました。

金曜日から休みでゆっくりして体調を整え、当日ものんびり過ごしました。お空の方はEsが大変良い状態で、コンテスト開始 30分前 まで8が開けている状態でした。

コンテスト開始時に開いていると、作戦変更をしなくてはならずどうしようかと思っていましたが、沈んでくれたのでほっとしました。コンテスト開始直後の3時間は、関東では局数を伸ばす絶好のチャンスなのです。その時に8が開いているとマルチ拾いをしなくてはならず・・・・ 6方面に比べると若干距離の近い8は開く頻度を考えるともし開いたときは大切に扱わなくてはなりません。スタートダッシュに支障があるので、開いていない方が良いのです。もっとも6 7 8の皆さんは逆に開いているとスタートダッシュができますから事情が全く異なります。

スタートはSSBでRUNです。 50.327MHz というまずまずの周波数を確保しまして、アンテナは北東に向けます。開始30分以上前にシャックに入ったのですが、既に多くの方が出ていました。結果としてQRMを若干受ける周波数になってしまいました。

開始前に何回も飲み会でご一緒したJM1EKMさんが声をかけてくださいまして、そのままコンテストに突入しました。開始3時間で200局の目標です。

最初の1時間は100QSOを超える事ができましたが、2時間目がぼろぼろ・・・ しかし3時間では目標を超える事ができました。日が変わる前に FAI で6のマルチを全て押さえたかったのですが、それは叶いませんでした。SSBでRUNしましたが、この日のコンディションを考えると、CWでRUNしてマルチを稼ぐのも良かったかもしれません。いつも通りの戦術に少しはバリエーションを入れる事が必要かもしれないです。

開始して30ぐらいしてから沖縄が入感し始めました。2011年は日が変わってからだったので猛烈に追いましたが、今年は沖縄ならばすぐできそうな気もしたので追っかける事はせずにいました。かなり広範囲に開いていたようで「荒稼ぎ」をしてた感じです。これ日が変わった後も開きっぱなしで、朝を迎え昼間で続くと・・・ 本州の誰もたどり着かないスコアを出されてしまいます。

仮眠は3時から5時まで。これもいつも通りです。日が変わってからずっとCWです。夜間に大きな声を出したくないからなんですけどね。仮眠までのマルチ数は35。一昨年とほぼ同じペースです。交信局数は316とこれまたほぼ一緒。まあ安心して仮眠ができました。

さて、細かい話はこの際省くとして、爆発的なEsやFBなScはありませんでした。Esもとても不安定な物でした。期待していた方はがっかりされたと思います。関東では9時過ぎから8の一部が入りましたが限定的でした。 南関東や西日本では 7 8 とのオープンがありましたが、当地杉並区では7のEsでのオープンはありませんでした。 顕著なScもありませんでした。

14時を過ぎてから6へのオープンがありましたが、ガツンという開け方ではなく、ふわふわふわふわした感じでしたので、大きなアンテナでない方はつらかったと思います。

前日のコンディションと開始直前までが良すぎました。前日のような大規模なScが出ればかなり面白かったのですが。

さて暫定結果です。 いつも通りX50です。 


<結果>

交信局数  得点  マルチ
   673       673      47   =  31631



<時間ごとの交信局数> (括弧内は電信の内数)
 
 [21]  107    
 [22]   59      
 [23]   40(2)    
 [00]   56(56)    
 [01]   34(34)    
 [02]   17(17)   
 [03]    3(3)     
 [04]    0        
 [05]   32(32)   
 [06]   28(28)    
 [07]   39(24)   
 [08]   64(4)     
 [09]   50(1)    
 [10]   31(21)   
 [11]   33(14)   
 [12]   25(20)  
 [13]   30(17)   
 [14]   25(18)    

Total  673(291)  


<時間ごとの累積交信局数> (括弧内は電信の内数)

 
 [21]  107      
 [22]  166       
 [23]  206(2)    
 [00]  262(58)   
 [01]  296(92)  
 [02]  313(109) 
 [03]  316(112) 
 [04]  316(112)  
 [05]  348(144)  
 [06]  376(172)  
 [07]  415(196) 
 [08]  479(200)  
 [09]  529(201)  
 [10]  560(222)  
 [11]  593(236) 
 [12]  618(256)  
 [13]  648(273)  
 [14]  673(291)  


<マルチプライヤーの獲得状況> (括弧内は電信の内数)

 [21]   10      
 [22]    6       
 [23]    6(1)     
 [00]    7(7)     
 [01]    4(4)     
 [02]    2(2)     
 [03]    -         
 [04]    -         
 [05]    1(1)     
 [06]    1(1)      
 [07]    -         
 [08]    3(1)      
 [09]    1        
 [10]    -         
 [11]    3(3)      
 [12]    -         
 [13]    1(1)      
 [14]    2(2)     

Total   47(23)    


<時間ごとの取得マルチプライヤー>

[50 MHz]
 [21] 10 13 17 11 12 15 18 14 16 05
 [22] 40 33 35 41 20 28
 [23] 19 09 21 47 44 24
 [00] 27 43 42 08 38 39 22
 [01] 31 26 06 30
 [02] 29 37
 [05] 03
 [06] 25
 [08] 07 23 04
 [09] 110
 [11] 34 108 101
 [13] 104
 [14] 46 45

WAJAまではまたもや 香川 島根 青森 を残しました。 一昨年とこれまた同じです。
目標はQSOではクリアーできましたが、マルチ数はクリアーならずでした。orz

毎回CW率は30%台なのですが、今回は 43.2% とかなり高めです。理由は単に楽だったからCWで運用していたという事なのですが・・・ (^_^;

2012年は欠席しましたので昨年との比較はできませんが、JARLのページから引用させて頂くと、昨年の関東トップ3は

関東
(1)JS1XQX/1733×4935,917
(3)JM1SZY667×4832,016

JL1EEI/1508×4422,352
でした。

全国2位は
九州
(2)JA6GCE590×5532,450

全国4位は
関西

JK3HLP/3613×5231,876

でしたので、昨年ベースだと5位くらいですね。 昨年はコンディション爆発と聞いていますので、それほど開かなかった今年とは違うと思いますが、傾向としてはどうなんでしょうね。大票田のある関東に少し利があるか・・・
2011年は沖縄勢に持って行かれましたし・・・

一昨年の自分のスコアとの比較です。


一昨年のスコアは 627 x 46 = 28,842 でしたのでそれは上回る事ができました。


18時間のコンテストなので事前に仮眠をしておけば完徹もできなくはないと思いますが、3-4時台のスコアはあまり期待できないですから寝てしまっても差し支え無いように思います。

今回もぎりぎりのQSOがけっこうありました。粘っておつきあいいただいた皆さんありがとうございました。一文字だけ取れないというQSOが何件かありました。フォネティックこーどを別の言い方で言ってくださいとかお願いしてやっととれたり、それでも取れなかったり・・・  無線機ではなくて私自信の「耳」の問題かもしれないですね・・・(^_^;
CW でも一文字だけ取れないので PSE AGN と打つ事が何回もありましたが、一回しか打ってくれないので全然取れない・・・という事もありました。SSB CWに関わらずコールサインを聞き返されたときは是非何回も送信して欲しいです。QSBもあるときは是非繰り返して欲しいです。

今回もノイズレベルの高い中での運用でした取りきれない方も沢山いらっしゃいました。申し訳ございませんでした。また懲りずにコールお願いいたします。

現在サブシステムは 2 ele HB9CV と 5/8GP です。最近 HB9CVの整備をさぼっていますので、近々見てみたいと思います。 SWRも高くないのですが、カラスのおかげでエレメントが傾いています・・・

今回はヘッドセットを使わず、ハンドマイクで乗り切りました。乗り切ったと言うよりコンテスト開始時に忘れていたためです(^_^;  でもそんなに疲れることなく運用できました。実は普段使っているヘッドホンの方が音も良いのです。18時間ならばヘッドセットなしでもいけるかなという感想です。

また今回のコンテストのローライトですが、開始してちょっとたってからどなたかに 「広がっているぞ」 と言われました。 そんな事はないだろうとローカルの FTDX5000の方にモニターして頂きましたが、全く問題なかったとのこと。それほど強くもなかった方から言われたのにはびっくりしましたが、なんだったのか・・・ (^_^;

最後になりましたが、QSOしていてただいた皆さん、ありがとうございました。またせっかく呼んでいただいたのにQSOに至らなかった皆さん、申し訳ありませんでした。 次回のコンテストも頑張りますのでよろしくお願いいたします。 QSLカードはほぼ全てJARLに発送しますが、ご負担な様でしたら折り返しの発行はけっこうでございます。コンテストは本当に楽しいですね。

また次のコンテストでお会いしましょう。

ウクライナとカザフスタン 6m2013年07月08日 19時14分18秒

今日の午後、雷雨の接近する中EU方面のオープンがありました。

ウクライナとカザフスタンが強く入っていました。中でもカザフスタンの UN8GC は激強でした。

2013年第24回 全国高等学校アマチュア無線コンテスト2013年07月15日 08時36分12秒

本日  2013年第24回 全国高等学校アマチュア無線コンテスト が
開催されます。

http://www.ishitani.com/h-test.htm

2013年7月15日(月・祝)1300JST~1600JST(日本時間午後1時より午後4時まで)



若者育成のためお時間のある方は是非。  という私は仕事・・・ orz

EX9T 6m CW2013年07月17日 20時45分11秒

15時過ぎの事。毎日CQ DXを根気強く出されている方のCQをBGM代わりに作業をしていると、EX9Tが応答してきました。離れた場所からリグを見てもSメーターはかなり振っています。

おそらくどこかでCQを出すだろ思っていたら、案の定 50.101MHzでCQを出し始めました。

同じように待ち構えていた方が何人かいらして、数回コールしました。

かなり強かったのでその後パイルになってしまいました。

今朝は K0GU 6m CW2013年07月18日 08時36分15秒

ON4KST chat で K0GU が  ►►► CQ 085 JA  と書いているのを見つけ、聞こえるんだろうか・・・ と思いながら聞いてみると・・・

なんと559で聞こえています。 しかし誰も呼んでいない・・・・  このままQRTされちゃうのももったいないのでコールしました。

しかし他のWは聞こえません。  今朝はこれで終わりでしょうね。私にとっては。

と思ったら KZ4RR も聞こえますね。 パイルになったらだめですが・・・

今年も逃した HS2013年07月22日 18時41分24秒

今年も HS とのQSOのチャンスを逃しました。 orz

HSは6mは一時的な免許で、WW VHF CONTEST の時だけ免許されます。

開ければ十分できると思うのですが、去年も今年も仕事で縁がなく・・・・

来年は休みを取って、この際 WW VHF CONTEST に真剣参加しようかと。

JAからはあまり参加する人がいない様で、寂しいコンテストですが。