トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

第 32 回1エリアAMコンテスト 参加しました2016年12月23日 15時18分02秒

久しぶりにこのコンテストに参加しました。主催クラブのメンバーであるのに、ここ数年は仕事の関係で不参加でした。今年は休みをリクエストしての参加です。

参加部門は 1エリア内固定局 です。

9時頃から6m AMに出て各局とQSO。たまにしかAMに出ないので変調度を検証する必要性があります。マイクゲインをあれこれ調整しながらの交信をしました。

コンテスト用周波数は 50.500MHz-50.900MHzですが、低いほうがSWRの関係で好ましいため、50.510MHzでCQを出してそのまま参加となりました。
開始直後は呼ばれ続けました。いいポジションだったと思います。

今回も設備はメインとして IC-7600 と 18mH 8エレ八木。サブの受信用に IC-7300M と横向きの 15mH HB9CV、そして11mh 5/8λGPの切り替えでした。もっともほとんどGPは使わずでしたが。やはり横向きの受信システムがあると楽です。

IC-7600のフィルターは 9.0k にしました。多少周波数のズレがあるコールにも対応ができると思ったからです。実際ずれて呼んできた方もいましたので、時々自分の運用周波数をコールしていました。 また、ROOFING FILTER は基本設定では 15kですが、時々狭くしてQRMに対応しました。ノイズの関係からNBを入れたい時に、広いままだともろQRMになることがあったためです。 9kのフィルターで6kのROOFING FILTER?  とも思ったのですが、意外にも聞きやすかったりしました。もう少し実験検証する必要があるとは思いましたが。これはFILTERそのものの設定を6kにして、ROOFING FILTERも6kにしたのと同じだったのでしょうか?

一方で受信専用のIC-7300ではFILTERは9kのままで使いました。IC-7300のバンドスコープを 50.495MHz-50.950MHzにセットし、参加局の動向を見ていました。このバンドスコープはスグレモノで、強くてもさほど幅がない方、そんなのにガツンと来ていないのに幅のある方とか見てすぐにわかります。サブ機はメイン機とPTTを連動させ、TX時にはSPLIT機能を用いてもう一方のVFOにGENE BANDを選択しておき、TX時にはどこでも送信しないようにしておきました。

AMでは言わずもがなですが、変調度が肝です。呼んでいただいているのは分かるのに変調度が浅すぎて内容が聞き取れないというケースが何回もありました。もったいないです。是非AMに出る際にはSSBのときよりもマイクゲインを上げて、変調度を深くされますようお願い致します。

さてコンテストの方ですが、出だしは好調でしたが徐々にペースが落ちていき、最後までレートが回復すること無く終わりました。もともとこのコンテストは移動局の方が頑張っていらっしゃいますし、例年の結果を見ても移動局部門のほうが得点が高い傾向にあります。固定局部門ですから関係ないと言えば関係ないのですが、やはりできるだけ食いついていきたいと思うのが本能。しかし結果はきっと移動局のトップの方々にはまったくもって届かないかと思います。
昨年の固定局部門のトップスコアは超えていますが、今年は果たしてどうでしょうか。

ちなみに昨年の結果はここにあります。 http://6mnet.jp/mannaka/blog/archives/68

ずばり今年の私の結果は・・・

  Band   QSOs   Pts  Multi
 50MHz    174   348  106
--------------------------
Score : 348x106=36,888点


QSOしていただいた皆さんありがとうございました。またせっかく呼んでいただいたのにQSOに至らなかった方、ごめんなさい。また懲りずにお呼びいただけると幸いです。

今年最後のコンテストでした。皆さん、また来年も各コンテストでお会いしましょう。ありがとうございました。

良いお年を!!!

コメント

_ 7K1CPT ― 2016年12月23日 19時04分55秒

お疲れ様です。交信ありがとうございました。
そんなにできるんですね。すごいです。
わたしなんか1/4ぐらいです。途中でギブアップしてしまいました hi

_ JP1LJH ― 2016年12月23日 19時43分11秒

QSOありがとうございました。
いつものコンテストと違う雰囲気のコンテストですね!楽しめました。
ネタばれ注意をめくっちゃいましたが、固定局部門ではぶっちぎりかもしれませんね~。

_ A31MM ― 2016年12月24日 02時41分38秒

こんにちは、IC-7300の活用は良いですね。特に同一バンドでの送信時の対策は、確か、多くのリグだとアマチュアバンド以外で送信しても受信状態のままで無反応だったと思うのですが、これは受信がミュートされますね。知らなかったので試してみました。

_ JP1LRT ― 2016年12月24日 06時43分06秒

7K1CPTさん、杉並区の位置は恵まれているといつも感じます。交信できる局が沢山いますので(^_^)

JP1LJHさん、やはりそう感じますか(^_^) なんかちょっと和やかですよね。

A31MMさん、そうなんです。アマチュアバンド内でのsplitで、モードをキャリアを出さないものにセットしておくのも手ですが、アマチュアバンド外にしても受信がミュートできたのでそうしました(^_^)

_ JL1LOF ― 2016年12月24日 10時07分41秒

QSOありがとうございました。固定局で参加されたのですよね?圧巻です!バンドスコープで私の調整電波も観察されていたかもしれませんね。

_ JA1OTP ― 2016年12月24日 18時13分14秒

交信ありがとうございました。
固定から参加してこれほど出来るのは凄いです。
山の上は風が強く、ヒヤヒヤしながらの参加でした。

_ JP1LRT ― 2016年12月24日 21時54分35秒

JL1LOFさん、杉並区の位置は恵まれてます大票田のど真ん中だと思います。そんな中でやれば交信数も自ずと伸びると思います。(^_^) またよろしくお願いいたします。

JA1OTPさん、固定でもやれば出来るという気持ちでいつも頑張っています。しかしこのコンテストはいつも移動局の方が得点がいいですね。いつか追いつき追い越したいです。

_ JR1OBC ― 2016年12月25日 11時52分41秒

いつも移動運用の際はコール頂きありがとうございます。
今回もNR交換ありがとうございました。

固定局としては素晴らしいスコアですね。さすがです。
私も以前は固定から参加していましたが、上には上がいるので、ここ数年は、専ら山岳移動で参加しています。
今年は一段と参加局が増えた感触です。お蔭様で、私も交信局数の自己記録更新(200+α)ができました。移動局も負けませんよ。hi

_ JP1LRT ― 2016年12月25日 12時03分28秒

JR1OBCさん、QSOありがとうございました。200upですかーー 凄いですね。私も目標は200以上だったのですが、全く届きませんでした。参加局が多かった感じは皆さん同様です。スプリントコンテストでも人気のあるコンテストですね。来年もよろしくお願い致します。

_ JN3ONX ― 2016年12月26日 20時56分19秒

1エリアのコンテストはどれも賑やかなようですね。
3エリアはおられたことがあるのでおわかりかと思いますが、20年前などはかなり局数も多く、学校のクラブ局も多かったのですが、最近はどちらも少ないですね。

 モニタースコープは、私はFTDX3000ですが、変調が深くきれいな方の信号というのは信号強度が弱い場合でもしっかりしています。
 CQ誌に「自作の50.550と50.620(出力は20Wか?)のピンポイントの送信機を作られた方(業務無線会社の会長さん
です。)の記事(回路図も含む)が出ていました。
 パーツ代だけで400Kくらいでは?とのことですが、こう言うので送信して、受信機はIC7600とかFTDX3000で出られたらいいですね。

_ JR1BQJ/山田 ― 2016年12月26日 23時18分50秒

LRTさんが、最初の局で遅刻してしまいました。
今年一年お世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
管理者のコールサインは? 小文字で。My callsign? Small leter only.

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jp1lrt.asablo.jp/blog/2016/12/23/8286512/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。