トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

Turbo HAMLOGのデータを失わないために2017年04月11日 17時00分16秒

忘備録的な記事です。

Turbo HAMLOGのデータが飛んだ、といういう話を時々耳にします。qsoデータが飛んだときの残念な気持ちは容易に想像できます。

Turbo HAMLOGはそれを防ぐ手段を持っています。

★QSOデータのバックアップ

説明をよく読んで理解しましょう。
バックアップメディアは、USBメモリー、SDメモリー、外部HDDなどをお勧めします。
とあります。私もそのようにしています。


そして


さらに説明には
安全のため、終了時に圧縮バックアップと、QSOデータの二重化を必ず設定しておきましょう。 とあります。

★QSOデータの二重化
http://hamlog.no.coocan.jp/html/HID00077.html

このページの下の方にあります。説明には「例えば、QSO中にリアルタイムにログを入力しているとき、不幸にもパソコンが物理的に壊れてしまい、起動できなくなってしまったとします。事前に、USBフラッシュメモリーやSDメモリーカードに二重化QSOデータを置いて運用していれば、壊れる直前に登録したログまでが、USBメモリーやSDメモリー内に活きている、ということになります。」
とあります。私もBack upとは違うUSBメモリを指定しています。

そして



これでほとんどの場合データが飛ぶことは防げるはずです。

自動的にバックアップしてくれるのは 「終了時」 ですので、PCを立ち上げたままで、さらに Turbo HAMLOG を立ち上げたままではバックアップは取ってくれません。その際は手動でバックアップを取る必要性があります。

設定をした後、使用していない時はTurbo HAMLOG を終了させるようにしましょう。