トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

夏のSuper DX on 6m band2017年06月01日 15時42分00秒

ここ数日マルチホップEsによるSuper DXが6mバンドで行われています。私もおこぼれに預かり、1UPを果たしています。

この数日の状況だけで提案するのもまだ早い気もしますが、素直に感じた事を書かせていただきます。あるところに投稿したもののコピーペーストです。

★6m バンドのJT65の運用周波数について

既に多くの6m バンド愛好家でJT65を運用する方が感じてはいらっしゃると思いますが、この時期の50.276MHzは一種独特の雰囲気を醸し出しています。この時期に発生するマルチホップEsでのSuper DX、思いもかけないところが入感し、蜂の巣を突いたような感じになっています。
一方でそのDXが見えない方や、DXには興味の無い方の国内向け運用と相互に大きなQRMになっています。
同じバンドを愛好し同じモードで運用していても、その趣向が異なれば互いにQRMでしかなく、軋轢を生む原因になってしまします。

JARLのコンテスト周波数が移動したのも、DXとコンテストの住み分けをはかり互いに影響を避けるためです。

現状での6m バンドの使われ方は、バンドプランとは別の暗黙の了解もあり、色々な楽しみ方をする方がそれぞれを尊重する形で住み分けがされています。詳しくは下記のリンクをご参照ください。
http://www.asahi-net.or.jp/~vj5y-tkur/6m/6m_ja.html

そこで来年のシーズンに向けての提案ですが、6m バンドのJT65やJT9の運用周波数にも40m バンドの様に国内向け運用とDXとの交信用に分離してはいかがでしょうか?
40mの場合は、たまたまですがバンドプランとの兼ね合いもあって分離されています。6mバンドはバンドプランでの隔てはありませんが、自主的にそれを行ってみてはいかがでしょうか?

例えばですが、6mバンドのJT65やJT9等のの国内向け運用は50.376MHzで行い、今までの50.276MHzはDXとの交信用にするとか。

6mバンドは広いバンドです。わざわざ混み合っているところに出て潰しあっても意味は無いと思いませんでしょうか?

100KHz離れれば影響はありませんし、DX愛好家と国内向け運用愛好家で軋轢を生む心配もありません。

50.276MHzは現時点での国際的標準周波数ですので、国内向け運用周波数を動かす方が現実的です。100KHz運用周波数を動かしたとしても、技術的に困難になる方はほとんどいらっしゃらないと思います。
DXを特別扱いしているというご批判もあるかもしれませんが、6m バンドの周波数の特徴を踏まえて考えれば合理的な工夫かと思います。国内向け運用をされる方とDX愛好家が互いを尊重して憂なく運用するためには、分離、住み分けが最も効果的だと思います。

いかがでしょうか? 6m band JT65等デジタルモード愛好家の皆さん、ご意見を交わしていただければと思います。



追記 周波数は「例えば」ですから、x76でなくても良いと思います。

それにもう一。JAがCQを出すときはoddで出しましょう。EUの多くはevenで出しますからevenは受信に徹した方がいいかと思います。


6m band のJT65の状況2017年06月05日 10時37分23秒

既に多くの方が御経験なさったかもしれませんが、JT65が本格的に普及した今年の夏の6mバンドはものすごい事になっています。

夏至前後の2ヶ月間に発生するEsによるSuper DXで北米やヨーロッパが入感し、それをコールする局とCQ DXを出す局で溢れています。

その一方で、設備上それらのDXを受信できない局やDXには興味のない?局もいて、DX向け運用局と国内向け運用局とが互いにQRMとなっている現実が在ります。
私の場合ですと、昨日のヨーロッパのオープンではSV YUなどを国内向け運用局の強力な信号に潰されまして頭を抱えました(^_^;) それらDXの信号が見えてないのでしょうから悪気は無いとは思いますが、DXをコールしている局、この場合は私ですが、の近接周波数の反対側シークエンスでCQは出してほしくなかったです。(^_^;)

昨日は日曜日という事もあり、多くの方が運用していました。そして多くの方がDXをコールする中で、ど真ん中の反対側シークエンスでCQを出される方もいらっしゃり、思わず空気読めよ〜なんて思いました。正直CQを出される前に、今バンドはどの様な状況なのかを是非把握していただきたいです。2分モニターすればわかりますし。もちろんタイミングを合わせてCQ出した場合、呼んでくる局は反対側です。それは現状では仕方ないですね。国内外が分離されてないですので。CQ出す方はタイミングを合わるという流れに乗ってますし、誰も正面切って文句は言わないと思います。(^_^)

時に乱れる事もありますが、今年の流れを見ていますと、DXをコールするJAやCQ DXを出すJAは奇数側、ODD、2ndで電波を出す事が多いです。もちろんDXが奇数側で出しているのを見つけてコールする場合はJA側は偶然側、Even、1stになりますが… 昨日はHAの局がoddで出てきてそれをコールするがevenという場面も見られました。
また関東の各局はoddででていても、九州の局がevenというシーンもあり、まだまだ基本的なルールはありません。
このバンドの話ではありませんが、東側の局はoddで西側の局はevenというルールが在るという話を聞いた事があります。以下引用です
なぜ、ヨーロッパがeven送信かと言えば、EMEでの「東地域が奇数(odd)送信、西地域が偶数(even)送信」というルールをそのまま受け継いでいるのではないしょうか。(ヨーロッパの50MHzDXerにはEMEerも多いようです。)  
ということでDXとの通信では日本はoddでいいかもしれないですね。極東地域ですので。北米相手だとどうだ、というお話もありますが、日付変更線を基準にすれば、北米は西になりますのでJAは東側でODDで良いのかと。

先日の記事、Facebookに投稿させていただきましたが色々なご意見が少しずつですが出てきています。

個人的ですが、これなら比較的簡単で抵抗感も少ないのではと思うご意見を紹介させていただきます。

『国内向け運用局の周波数を50.273MHzにする。USBの上側がありますので、実際は50.273MHz〜50.276MHzとなります。』
または
『メインの周波数は現状の50.276MHzとし、DXの入感の無い時は国内向け運用も可として、DX通信が行われている場合は国内向け運用は50.273MHzに移る。』

これなら国内向け運用局とDX向け運用局とが互いにQRMになりません。
「いや、DX向け運用局の周波数をずらせよ」というご意見もありましょう。しかし50.276MHzという周波数が事実上の国際的標準周波数がになっていますので、国際通信用周波数を動かすのは他国を巻き込むこととなり、調整が困難を極めるとこが予想されます。

一方でこの50.273MHzを国内向けにとすると、50.276MHzのDX向け運用局が混雑を回避するのにちょっとだけ周波数を動きたい時に、下側に動かす事を躊躇する事にもなってしましそうです。

なかなか良い案がまとまりません。

またJARLのコンテスト周波数でCW用とされている周波数帯のど真ん中ですから、それはどうするんだよというご意見もあります。先日のオール神奈川コンテストやオールJA1コンテストでは、コンテスト参加局が見事にJT65用周波数を避けていました。素晴らしい譲り合いの精神だと思いました。若干のかぶりもありましたが、フィルターでカット出来ましたので何ら問題はありませんでした。

6mのDXがデジタルにシフトするならば、コンテスト周波数を以前の様にCWを下に戻せ、という意見も聞きました。しかしそれは避けなくてはなりません。CWの弱い信号はデジタルのそれに比較して、交信できる信号レベルに差がありすぎます。QRMからは出来る限り保護すべきであろうと考えます。

では年間を通じてJT65がコンテストからどれだけの影響があるのでしょうか? あくまでも個人的意見ですが、ほとんど無いと言い切って良いレベルの話だと思います。18〜24時間開催のメジャーコンテストは年に四回。ローカルコンテストは数時間の開催が主で、参加局数もメジャーコンテストに比較すれば少ない。とすれば、譲り合いの精神のもとでは全く問題無いでしょう。
頑なにどけどけという方はほとんどいらっしゃらないはずですから。

わざわざJT65の通信が行われている真っ只中で、CQ TESTを出す必要性もありませんし、自らQRMを受けに出るのもどうかしています。その周波数を使用する前に、必ずモニターしてから使用するのが基本ですしね。

アマチュア無線は紳士の趣味だ。と、開局した頃OMさんに聞かされていました。大人の譲り合いの精神で新たなルールを作り、同じバンドを愛好する皆がモードの違いや趣向の違いに関わらず、互いを理解尊重して楽しめる様になると期待しています。

JT65 TX sequence on 6m band2017年06月07日 09時36分02秒

To all 6m JT65 lovers, I have a suggestion.

To make a Super DX with JT65 on 6m band multi-hop Es., we should keep quiet receiving environment.

Avoiding QRM from opposite sequence, let's think about your TX sequence.

Simply, Western area station TX in the even nubmer side, Eastern area station TX in the odd number side.

East or West, it's based on date change line.

For example, JA is located Far East. So always TX in the odd number side. USA is always in the even number side.

EU, when QSO with Asian station, TX  in the even number side, when QSO with USA or SA, TX in the odd number side.

Of course, there are exceptions, too. Please think about which area do you want to make a QSO. They are in the East from you? You will CQ  in the even number side. :)

Between EU and AF, AS and OC, NA and SA, it depends on the situation.


Most of JA already follow this practice.


This simple rule applies to the Super DX QSO with multi-hop Es and F2.

Short range international and domestic QSO are excluded.


How do you think? Thank you for reading my poor English.


de JP1LRT


JTDX 17.92017年06月07日 09時37分49秒

I read the release note of step42. We JA stations are welcome to expand the width from 3000Hz to 5000Hz I think.

I understood that our operating frequency will be between 50.276MHz to 50.281MHz. (set frequency dial 276-278)

This Summer season, we enjoy Super DX on 6m band with JT65 mode.
Multi-hop Es, it gives us an unexpected gift.

But we have a only one official operating frequency, 50.276MHz. 

In Japan, so many stations try to make a QSO with Super DX. However, also so many stations want to make a domestic QSO due they cannot receive Super DX signals. So this frequency is so crowded and QRM each other DX and domestic QSO.

I think we Japanese need some local rule that we should separate Japanese domestic QSO frequency from DX QSO frequency. For example, JA domestic QSO on 50.273MHz and DX QSO on the international standard frequency 50.276MHz. It has not been decided yet, still on the stage of the plan. Of course we will follow the international frequency plan..

I don't know any other country situation. Thus, I am looking for opinions for Japanese domestic operation of JT65 on 6m band from Japanese operator.

But I would like to know your situation on 6m band. The same things go on? 


de JP1LRT


6m bandのJT65 国内向け運用周波数設定についての提案2017年06月08日 19時11分13秒

Facebookやその他のメディアで色々ご意見を伺ってまいりました。

どうでしょう、常時完全分離を望む声が多いので

『国内向け通信のJT65 / JT9 / T10  は50.273MHzで行う事を励行する』

という方針でやってみませんか? トライアルで。

メリット
1. 国内向け通信とDX向け通信の混信が解消され、互いに気兼ねなく楽しめる
2. 国内事情での国内向け通信のQSYなので、国際的慣習に左右されない。
       現状ではJT65のactive frequency expansion は上へ拡大される方針。
3. 国内向けであるので、比較的早く周知できる。

デメリット
1. 周知されるまでの混乱がある程度予想される。
2. 万が一国際的な標準周波数が下に拡大された時は、再度検討する必要がある。


今までそんなルールはなかった、DXがそんなに偉いのか、というご意見も頂きましたが、今まではオペレーター人口が少なかったから混乱が無かっただけで、人口が増えたらルールを作り、同じバンドを愛好していても趣向の違うもの同士が、軋轢をうまないようにするのが人の知恵だと思います。

JT65で2局に同時に応答2017年06月19日 11時23分23秒

JT65をやっていると、時々2局に対して同じ送信ピリオドでメッセージを送出している場面を目撃します。

どうやっているんだろう? とFacebookで質問してみました。

すると EI4KF Erikさんからレスポンスがあって、25秒で次の局をクリックするとのこと。
実際6/9の6mでのJAのオープンの際に使ったとのことでした。

25秒きっかりなのかそのあたりなのかは分かりませんが、実験してみたいと思います。

オフィシャルで1回の送信ピリオドで2局に対してメッセージが送れる機能をサポートしてくれれば、呼びながら応答するという事も、呼んできた2局に対して応答することも、2局を呼ぶこともできるようになりますね。間違いもないし効率よくできるのでFBなのですが。 (^^)
もっとも2回分のデータを積分してS/Nを稼いでいるはずですので、コンディションのいい時限定ですが。国内通信には良いかもしれませんね。

アイボール with DU7/PA0HIP2017年06月23日 00時25分04秒

Cebuに行く機会があったので、Lapu Lapu cityのDU7/PA0HIP Willemさんとアイボールをしてきました。
6mでアクティブで多くのJAともQSOしているかたですので、ご存知の方も多いと思います。
Cebu Mactan空港のすぐにお住まいで、6エレLFA八木をお使いです。いつも強力な電波を飛ばしてきてくれます。
色々お話を伺うことができましたし、また日本の状況をお伝えすることもできました。
日本の状況については、多くの事をすでにご存知でした。近隣に多数の局が存在することや、QRMを避けるためにJAはJT65では奇数に出ていること、その他の事項についてもかなり良くご存知でした。

6mに出ている局で最も近い局は、なんと500kmも離れているとの事で、ローカルからのQRMは一切無いのだそうです。羨ましいですね。