トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

JTDXとWSJT-X デコード競争2017年11月18日 22時50分59秒

JTDXとWSJT-Xを同時に立ち上げて、JT65のデコード競争をさせました。 同時に立ち上げるには片方のRigコントロールを無効にする必要があります。

7041kHzのJT65 国内通信をモニターしていたところ、やはりJTDXに分がありました。しかしJTDXの全勝ではなくて、WSJT-Xが勝つ場面もありました。でも勝率は圧倒的にJTDXでした。

RX DFは同じところに合わせています。

6m のDXでは取りこぼしがないように両方立ち上げようかと思いますが、真剣味がそこまで無いHFではJT65においては JTDXだけでいい気がしました。

FT8は現段階ではWSJT-Xしか搭載されていませんので(MSHVは対象外)、WSJT-Xを使うしかありませんね。

先日のIgorさんのコメントではJTDXにFT8を搭載予定だそうですので、デコード率が上がることを期待しています。(^^)




あとCPUの差でデコードに差が出るかどうかですが、Facebookでの情報では i7 i5 の間ではデコードの差が出たそうです。速いCPUがデコード率の向上に寄与するということですね。

私はノートPCを使っていて、一世代前の Core i7  2760QM が載っています。メモリは16GB。もっと速いCPUがいいんだとは思いますが。(^_^;)



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
管理者のコールサインは? 小文字で。My callsign? Small leter only.

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jp1lrt.asablo.jp/blog/2017/11/18/8730288/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。