トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

JTDX その後の開発進捗状況2020年11月12日 11時07分19秒

現在ダウンロードして使用可能なバージョンは JTDX 2.2.0-rc152です。


只今 rc153 に向けて開発が続いています。 開発コードネームrc153_2が最新の試作版です。開発チームとサポートチームで試用中です。 日本語表記に関しても細かいミスなどを随時訂正しています。



152と153_1での変更点は

- multiple changes to FT8 signal synchronization in decoder: improved FT8 decoder efficiency on overcrowded bands
- dark style correction in Configuration screen
- patch: prevent crash with callsign index in chkfalse8.f90
- simplified Hint decoder control
- do not make unneeded rig_close/open on accept configuration
- fixed bug on cqz and ituz notifications
- allow 160m crossband with South Korea
- a bit improved decoding of FT8 signals in 'use subpass' option
- track Monitor button state at Configuration settings changes and tuning
- forbid RRR message transmission in FT4 mode for compatibility with WSJT-X FT4 message protocol
- multiple code changes towards Qt 5.15.1 transition
- better handling of large vertical size of the main UI window
- QTH grid for /MM callsigns shall not be taken from CALL3.TXT file
- changed automatic thread number selection algorithm in FT8 decoder:
number of logical cores/number of decoder threads
1 / 1
2-4 / -1
5-8 / -2
>8 / -3

注目は混雑しているバンドでのデコード性能の向上、 use subpassオプションでのデコード感度の向上、縦長モニターでの表示改善(私がお願いしました)、デコードに使うスレッド数のAutoでの変更などがあります。

特に最後のスレッド数に関しては、マニュアルで選択する場合は12まで選べますが、スレッド数が8より大きい数のCPUを使っている場合には、「そのCPUの持つスレッド数-3」のスレッド数を使えるようになりました。 例えば16スレッドあるCPUでは -3 の13スレッドを使えることとなります。

縦長モニターは快適です。(^^)



そして昨日 rc153_2 の試用が始まりました。変更点は

- FT8 candidate list thinning option is implemented for usage with slow CPUs to let user get acceptable Lag value, "CL" spinBox is added in mainwindow UI with tooltip, the tooltip translation is needed, please.
  Default value is 100% (no thinning). Candidate list thinning should be used together with "minimum" wideband FT8 decoder sensitivity setting.
  FT8 candudate list thinning being not applied to the QSO RX frequency. Factor 3.0 being used for thinning under frequency "Filter" option, for instance if CL spinBox set to 30% then thinning factor will be 90% (0.9) under frequency "Filter" option.
- display estimated lag at decoding FT8 or FT4 wav files, estimation can have acceptable accuracy starting from 2nd even or 2nd odd interval while playing pack of consecutive wav files
- FT8 decoder fast/medium/deep options are obsolete now and deleted, FT8 decoder running now in deep mode.
- FT8 mode: Hint group of decoders is always used, access to Hint button is blocked
- recovered source code Qt 5.5 compatibility to future WinXP & Vista JTDX builds
- prevent saving WSPR files if "Save None" is selected
- fill in the FT8 candidate list at valid DT range
- pick up some dropped FT8 candidates at one- and two-thread decoding
- QTH grid for /P /MM /A /M callsigns shall not be taken from CALL3.TXT file


新しい機能が搭載されました。 CL です。遅いCPU搭載のパソコンを使用時に、デコードの「間引き」を行います。デコード局リストの間引きは、CPUが遅い場合や、ワイドバンドデコーダの感度が「最小」に設定されている場合のワイドバンドデコード専用の機能です。デコード局リストは同期レベルでソートされているため、同期レベルの低い局はデコーダで処理されず、インターバルデコードに要する時間を短縮することができます。この機能はQSO RX周波数には適用されません。


またデコーダーのfast/medium/deepの選択は廃止されも常にdeepとして動くようになりました。またFT8モードでは常にヒント機能がオンとなるように変更されています。

rc153_2を試用していますが、今のところ不具合は私のところではありません。しかしJTDXを複数立ち上げて RTS/DTR PTT をシェアさせている場合には不具合が発生しているようです。 これは152は9月ごろのHamlibコードを使用していましたのが、現在はW9MDB MikeらによってかなりHamlibが変更されています。なので153_*でちょっと違う現象が出たのでしょうね。これも解決できる方に話が進んでいます。

第50回6m AND DOWN コンテスト結果2020年11月12日 17時07分37秒


タイトルの件発表になっています。


入賞された皆さんおめでとうございます。 QSOしていただいた皆さんありがとうございました。

今年例年通り沖縄に移動していれば・・・  まあタラレバですが。