JAを嫌う JA DXer2021年06月03日 06時56分41秒



時々6m FT8 で流れるこのメッセージ。

正直あまりこれを主張しすぎてもかえって逆効果だと思う。さほど混んでいないときならば全然問題ないと思うんだけどなぁ・・・EUとかAFが入っていて、それらをコールするJAでいっぱいになっているときにJA/JAをやるのは空気読んだほうが良いとは感じるけど。50.303MHzは50.313MHz混雑時の代替周波数という認識です。

今年はけっこう周知が進んできたのか、移動局が掲示板などで告知して303使うとか、313がDX大オープンで国内向け運用が出る隙間がないときとかに、代替周波数として303に出ている方が結構いらっしゃいます。混んでない時は313で問題ないと思います。

DXが格上とか思っちゃう人は残念です。 単に趣向が違うだけなのに。 私はDX至上主義者ではありません。単にバンド特性を理解し、皆がストレスなく互いを尊重してトラブルも回避できる方法があるならばそれを利用しよう、という立場です。


6m band はHFとは違いいつDXが開くか分からない、開いても弱い、しかも短時間であれば、同じバンドの愛好家ならそれらのDX信号は保護して然るべきだとと私は思うんですけどね。 自分には聞こえない、見えない信号でも果敢にチャレンジしているですから私自身は応援したいと思います。 もし私でも聞こえた、見えた時は嬉しくなって呼んでしますます。

コンテストに参加していないからと言って、メジャーコンテスト開催時にコンテスト周波数で一般QSO向けのCQも皆さん出さないですよね。それはコンテスト参加者に配慮しているからではないでしょうか? 同様にDX通信に対してもちょっとした配慮があっても良いのではと感じますが、DXerが【邪魔だからどけ】なんて発言をもししたとしたらそれは非難されるべきだと思います。

分かりますよ、6m DXはもしかしたらもう一生巡り合わせが無いかも知れないという気持ち。HFなら被されても、また入るだろうからいいや・・・ とおおらかに流せても6mはちょっと違う。それだとしても【邪魔だからどけ】は無いと思います。比較的整然とDX入感時に運用ができているのも、国内通信をメインとする方々の配慮の上なのだと感じます。

要は互いに尊重しましょうよ、という事です。

思い出しましょう。開局した頃を。小さな設備でQSOできたときの嬉しさ、移動運用で沢山交信できときの嬉しさ。楽しみ方はそれぞれです。

私はラグチューも、一般QSOも、移動運用も、コンテストも、DXも6mで色々なモードで楽しんでいます私は趣味は自分の人生を豊かにするために存在すると考えています。アマチュア無線も趣味の一つ。この趣味でその趣向の違いで摩擦やトラブルのためにストレスを感じることは本末転倒です。

For an efficient QSO2021年06月04日 07時40分35秒

If you want to make a lot of QSOs with stations you have not made QSO yet with on JTDX, the recommended setup is shown in the picture.
JTDX has perfect B4 control.
This is useful if you want to avoid duplicate QSOs as much as possible.
This is especially good for QSOs in special VHF/UHF propagation such as 6m band multi-hop Es, when you want to QSO with many NEW stations.
The response priority for stations that have called in response to CQ is shown in the attached image. If the stations are at the same level, the LoTW user has priority.




FT8は低いDFの方がピックアップされやすい?2021年06月05日 06時11分11秒


「FT8では低いDFの方が拾われやすい」「自動応答についてどうなっているかわからない」
「ロシアンルーレットだ」

などといろいろな噂や疑問が飛び交っています。一体本当はどうなのでしょうか?

日本語環境での説明となりますのでご留意ください。

★WSJT-X

画面の 「コール 1st」 にチェックマークが入っていた場合は最初にデコードされた局へ応答します。 WSJT-XはB4コントロールがありません。唯一CQを出している局がB4なのか否かがわかるだけで、自局を呼んできた局は全て同じ色分けで表示されます。誰に応答しても良い時は「コール 1st」 それ以外は手動でダブルクリックで応答しているように思われます。

私はWSJT-Xを使用してCQを出しませんし、一度に大挙してコールされたこともないので
この辺についてはわかりません。


★JTDX

JTDXは完璧なB4コントロール機能を持っています。 AutoSeqも種類がありますのでまずそこから説明します。

AutoSeq 0     自動応答はせず選局は手動  読んでのとおりです。
AutoSeq 1     最初にデコードされた人に応答します。 これではWSJT-Xと同じ。
AutoSeq 2  次の送信開始までにデコードして、優先度の高い局へ応答。
AutoSeq 3  デコードが終了してから優先度の高い局へ応答。

AutoSeq 2 と 3 は +4の選択ができ、CQに対して呼んでくる局がいなかった場合に、他局のCQを見つけるとその局をコールします。ここでも優先度が適用されます。

では優先度とは何でしょうか。 このブログでは何度も登場する画像です。


このリストの上から下へ優先度が下がります。

同じ優先度レベルであった場合は LoTWユーザー が優先され、次にもし選択されていれば 「SNRの良い局に優先して応答する」 または 「最も良いSNRの局ではなく最も遠い局を優先して応答する」 の優先度付がされ、次にデコードの早かった局へと優先度付がされます。

JTDXのデコードは表示されているワイドグラフを使用するCPUスレッド数で均等に分割し、それぞれでデコード作業を行います。したがって低いDFが優先されるということはありません。

CQを出していて +4 を選択した場合、複数のCQ局がいた場合の選択にも同様の優先度付が適用されます。


結論としては
1 低いDFからピックアップするというのは都市伝説
2. ロシアンルーレット くじ引き の感が強いのは相手が WSJT-X ユーザーか JTDXユーザーでも AutoSeq0 または 1 の設定の場合

でも低いほうが拾われやすい気がする・・・ という声も聞こえます。

それは 「混み具合」 が影響しているということです。 真中付近はどうしても混雑します。混雑するとQRMでデコードされにくくなります。デコードされても空いている帯域より時間がかかるかも知れません。そういう事だと思います。 つまり低くても真ん中でも高くても、「空いている」場合は早くデコードされ、コールバックされる可能性が高まるという事です。いかに直前にモニターしてできるだけ空いているDFを見つけるかが鍵でしょう。 FT8 は多少重なっていてもデコードされるからと他局にかぶせて呼んでも良い、というのは違うと思います。

ここで重要なのは相手のリグの性能です。一昔前のリグを使っていると、USBで受信できる帯域が狭かったりします。場合によっては 500-2500Hzしか受信できないリグを使われているかも知れません。そんな時は端ではなくて中央付近にでないと永遠にコールバックはありません。

さらに FT8 はワイドグラフで表示されている範囲しかデコードしません。相手がもし帯域を狭めて上限を 2500Hz にしていた場合、2800Hz でコールしてもデコードしてくれませんので意味がありません。 たまに呼ぶのを停止して、どのあたりのDFが拾われているかの傾向を見れば、ワイドグラフが3000Hz付近まであるのか、狭めているのかが分かります。下限についてもワイドグラフで開始点を決められますので狭められている可能性もあります。 混雑を避けて端に出た場合、デコード対象外になる可能性もあるのです。

逆の話をします。 貴方が JTDXユーザーで呼ばれる立場の時、できるだけ重複交信を避けて新しい局と交信したいと思った場合の最適な設定は・・・



間違いがあればご指摘ください。

Expand your frequency range2021年06月05日 09時10分35秒

The congestion on all bands is getting pretty bad these days.
This is because there are many stations crowded into a small area of 3 kHz. There was a proposal for a sub-frequency from the WSJT-X team for a while, but it was dropped.

However, some of the latest rigs can receive stations wider than 3 kHz. If we can widen the reception filter of the rigs so that they can receive stations above 3000 Hz, for example, it may help alleviate some of the congestion.

The IC-7300, for example, can extend its reception range to 3.6 kHz. And the WSJT-X/JTDX wide graph. As you know, WSJT-X/JTDX can only decode within the range of the displayed wide graph. For example, if you intentionally set the upper limit of the wide graph to 2500 Hz, and you call the station at 2800 Hz, it will not be decoded, and you will not be able to make a QSO forever. In other words, if you set the wide graph to the upper limit of your rig's receive filter, it will decode within that range, and you will be able to make a QSO.

If you set the filter of the IC-7300 to 0-3600Hz and display the wide graph up to 3600Hz, the usable frequency range will be 1.2 times larger.Of course, expanding the frequency range by 300Hz at the bottom and 300Hz at the top is another idea. One thing to keep in mind, of course, is that you must use the CAT control and set the Split Operation setting to "Rig" or "Fake it".


I'm sure there are many people who have rigs that can be used to increase the receive frequency range. What do you think to experiment with it in your daily operation?

Sorry if you are using a rig that can't extend its range.

Yoshi JP1LRT

オール神奈川コンテスト2021年06月06日 07時08分56秒

6m、FT8周波数をモニターしていたらリグのウォーターフォールに山がたくさん。

お~~~、そういやオール神奈川。と思い出し6mで呼び周りだけの参加をしました。

6mだけで他のバンドはやらず。 

2部は参加しませんでした。

やはりSSB/CWは楽しいですねー。

ピンポンダッシュ2021年06月10日 06時01分49秒


昨日の6mのコンディションは、FT8でEUが見えても次のピリオドにはもう見えない・・・ というなんかピンポンダッシュ的な感じでした。

もう16時過ぎにはやる気を無くして離脱しました。

大きな設備のDXerの方も苦労していた感じ(関東では)でしたので、私の出る幕はないという判断は正しかったと思います。

外出先から帰宅後「無人君」を調べてみましたが・・・ 外出して正解でした。

関東以外では盛り上がったようですが。




PM76がVUCCに反映されない2021年06月16日 07時54分40秒

先日の JH9DRL 局の超レアグリッド PM76 移動で念願のPM76とQSOができました。

PM76は陸地が殆どない超スーパーレアグリッドです。




早速LoTWにもアップロードしていただき無事にコンファームできましたが、なぜかVUCCのPending credits   に反映されません。
そこでARRLへ問い合わせをしてみました。 宛先は  vucc@arrl.org

私の簡単なメールですが、コピペで問い合わせてみるのも良いかも知れません。もちろん中身の私の個人の部分はご自身に書き換えてください。

Hello.

I am a Japanese ham radio operator Yoshiharu JP1LRT.

I need your help.

Please check attached picture.

I got confirmation of PM76.
But it is not reflected in the wkd Grid. Is there a system-side cause for this?

Thank you.

Best Regards

Yoshiharu Tsukuura JP1LRT 

これにLoTWの画面もスクリーンショットで添付しました。



昨晩返事が届きました。

Hello:

Thank you for letting me know about the quirk in the system. 
I have added the PM76 grid to your account.

Take care.

ということでペンディングの方ではなくてクレジット済みの方に載っています。


手動で足してくれたのでリンクはなく黒文字となっていました。

待っていても反映されない方は問い合わせをしてみてはいかがでしょうか? (^^)

[2021_allja] Log Check Report2021年06月16日 11時11分06秒

以外に早く ALL JAのLCRが届きました。




今回は減点なしでした。ヽ(=´▽`=)ノ

結果発表はいつ頃でしょうね。 楽しみです。

FT8 サンプル音声ファイル2021年06月17日 15時21分57秒

6月15日に関東エリア内で受信された 50MHz のファイルです。

ファイルをご提供いただいた方は1ピリオドで106デコードだったそうです。あとで保存したこのファイルでトライしても87でコードだったそうです。リアルタイムの時はなにか好条件だったんでしょうね。

任意のフォルダーに解凍して、WSJT-X/JTDX/MSHVで読ませて、何局デコードできるか実験してみてください。各ソフトウェアで色々調整もあるのでベストな設定で。私はこのファイルでは92でした。




JTDXをお使いの方は、このファイルを使ってご自身に最適な設定を探すこともできると思います。デコード周期とデコーダー感度の組み合わせで実験をしてみてください


私の実験結果です。



WSJT-X/MSHVで比較実験すると。



何も申し上げることはありません


以下はファイルの提供をしていただいた方がリアルタイムでデコードした106局です。
----------------------------------------
20210615_071015  -9  0.2 2043 ~ 5B4AIF JH2AMN -14         ^
20210615_071015  -3  0.1 1755 ~ 5B4ALJ JO1PSX -04
20210615_071015 -13  0.2 2166 ~ 5B4ALJ JA1WWO -03         ^
20210615_071015 -11 -0.0 1659 ~ 5B4ALJ JA1QOP -02
20210615_071015  -3  0.1 2557 ~ SV9CVY JE1POK -19         ^
20210615_071015  -8  0.2 2344 ~ 4Z1UF BG2AUE PN35         ^
20210615_071015  -4  0.3 1097 ~ UB7K 7K2PZG PM96          ^
20210615_071015  -3  0.8  363 ~ 5B4ALJ JH1ECG -10
20210615_071015  -6  0.2 1540 ~ JT1BV DS3DNT PM36
20210615_071015 -12  0.3 1025 ~ 4X1TI JH1HEJ +02          ^
20210615_071015 -15  0.6 2131 ~ 5B4ALJ JF2WGN +04         ^
20210615_071015  -3  0.0 1387 ~ 5B4AIF JA1PBV -11         ^
20210615_071015 -12  0.6 2397 ~ 5B4AIF JH1PXH 73          ^
20210615_071015  -2  0.3  146 ~ 5B4AIF JA1QUT -13
20210615_071015  -6  0.1 2822 ~ UB7K JA1NQU -16
20210615_071015  -6  0.1 1465 ~ 5B4ALJ JA3KVT -13         ^
20210615_071015 -15  0.2 2488 ~ 4X1TI JA9IPF -16          ^
20210615_071015 -11  0.2 1134 ~ 5B4ALJ JL1SAM -03         ^
20210615_071015  -6  0.1 1867 ~ 5B4ALJ JM1SZY -05         ^
20210615_071015 -10  0.1 2245 ~ 4X1TI 7L4XDT -11          ^
20210615_071015  -8  0.1 1630 ~ 4Z1UF JA1PPW +03
20210615_071015 -15  0.1 2431 ~ UR0MC JA1GPN 73           ^
20210615_071015  -6  0.2 2667 ~ 5B4ALJ JR1AIB -14
20210615_071015 -13  0.2  972 ~ BH1PFJ JM1IGJ -13
20210615_071015  -9  0.2 1164 ~ 4X1TI JN1GTG -16          ^
20210615_071015  -9  0.2 1267 ~ 5B4ALJ JH1QAX -10         ^
20210615_071015  -7  0.2 1947 ~ 4X1TI JA1OVD -15
20210615_071015  -2  0.2  195 ~ 5B4ALJ JR1UFN +06         ^
20210615_071015  -3  0.1 3050 ~ 5B4ALJ JA0UUA -10         ^
20210615_071015 -10  0.1 1059 ~ 5B4AIF JH1XUM -07
20210615_071015  -5  0.1 2717 ~ 5B4ALJ JK1EXO -11         ^
20210615_071015  -9  0.1 1330 ~ 4X1TI JA1GTN -08          ^
20210615_071015 -13  0.1 1809 ~ 5B4ALJ JA1ADT -05         ^
20210615_071015  -5  0.2  743 ~ 5B4ALJ JI1EIX -04         ^
20210615_071015  -9  0.1 2194 ~ 5B4ALJ JH1USR +00         ^
20210615_071015 -13  0.1 1431 ~ 4X1TI JA2VXZ -16          ^
20210615_071015  -6  0.2  846 ~ 5B4ALJ JE1AEX -09         ^
20210615_071015 -11  0.0  982 ~ UB7K JG1MUY -09           ^
20210615_071015 -13  0.0  609 ~ 5B4ALJ JA1MLV PM95        ^
20210615_071015 -14  0.5 1274 ~ 4Z1UF JA1ITJ -11          ^
20210615_071015 -12  0.1 2496 ~ 4X1TI JF2KOZ -12
20210615_071015 -13  0.9  992 ~ 5B4AIF JA9CHI -16         ^
20210615_071015  -4  0.2 2634 ~ 4Z1UF JA1PAD -18
20210615_071015 -12 -0.2  927 ~ 4X1TI JA7EVP -06
20210615_071015  -8  0.1 2795 ~ 4Z1UF JH3IVO -06          ^
20210615_071015  -7  0.1 2221 ~ CQ DX JA1BOP PM95
20210615_071015 -13  0.1  468 ~ 4Z1UF JA0IXW -07          ^
20210615_071015 -12 -0.0  799 ~ 5B4ALJ JA3LZS -13         ^
20210615_071015 -12 -0.0 2884 ~ 4Z1UF JH1SJN -08          ^
20210615_071015 -10  0.1  704 ~ 5B4ALJ JL1OZI -03         ^
20210615_071015 -16  0.1 1316 ~ 5B4ALJ JA1SCE -02         ^
20210615_071015 -11  0.2 2941 ~ R6KA JR1IJV -17
20210615_071015 -10  0.1 1441 ~ 5B4AIF JH6OJD/P -06
20210615_071015 -12  0.1 2509 ~ 5B4ALJ JQ1IBI RR73        ^
20210615_071015 -14  0.2 2581 ~ 4X1TI JA1UAV -16          ^
20210615_071015 -10 -0.2  477 ~ 5B4AIF JA1TGO -11
20210615_071015  -9  0.1 1873 ~ 5B4ALJ JA9NLE -14         ^
20210615_071015 -13  0.1  566 ~ 5B4AIF JA9APS -16
20210615_071015 -12  0.1 2351 ~ 4X1TI JE1CCD -10          ^
20210615_071015 -18  0.1  510 ~ 4Z1UF JL1IEO -05          ^
20210615_071015 -14  0.1 2454 ~ 4Z1UF JH1MFN -10          ^
20210615_071015 -13  0.0 2399 ~ 4X1TI JA9FFS -16          ^
20210615_071015 -11  0.1 1018 ~ 5B4ALJ JP7EIP -01         ^
20210615_071015 -12  0.3  268 ~ UB7K JQ1COB PM95          ^
20210615_071015 -12  0.1  942 ~ 4X1TI JH2GZY PM94         ^
20210615_071015  -9  0.1 2604 ~ 5B4ALJ 7K4DHB -11         ^
20210615_071015 -11  0.1  865 ~ 4X1TI JA2IVK -15          ^
20210615_071015  -9  0.1  231 ~ 5B4ALJ JA1WSK -16         ^
20210615_071015 -12  0.3 1173 ~ 5B4ALJ JR2HRR -04         ^
20210615_071015 -11  0.1  678 ~ 4X1TI JA1AFR -12
20210615_071015 -13  0.0 1179 ~ 4X1TI JA4CQS -15
20210615_071015 -11  0.1 2885 ~ 4Z1UF JR4VEV -19
20210615_071015 -10  0.2 1826 ~ 5B4ALJ JK1SQI -02
20210615_071015 -15  0.0  904 ~ 4Z1UF JE2FJI PM84
20210615_071015  -9  0.1  253 ~ 4X1TI JA7CSS -20
20210615_071015 -14  0.3 2144 ~ CQ JA9KRO PM86            *
20210615_071015 -16  0.3  310 ~ 5B4ALJ JF0JYR -04         ^
20210615_071015 -16  0.0 1716 ~ 5B4ALJ JI1CUL PM95
20210615_071015 -16  0.2 1338 ~ 5B4AIF JA2XCR -13
20210615_071015 -15  0.1 1284 ~ 4X1TI JA4NUE -14
20210615_071015 -15 -0.6 1655 ~ 4X1TI JE1BBX -09
20210615_071015 -18  0.3  379 ~ 4X1TI JA3JTG -13          ^
20210615_071015 -14  0.0 1709 ~ 5B4ALJ JA1DKT -14
20210615_071015 -15  0.1 1637 ~ 5B4ALJ JK1TCV -09         ^
20210615_071015 -16  0.2 1506 ~ 5B4ALJ JA2HOL PM95        ^
20210615_071015 -14  0.1  796 ~ 5B4ALJ JH4CPC -12         ^
20210615_071015 -12  0.1  809 ~ 5B4ALJ JA9IPH -08         ^
20210615_071015 -14  0.2 2744 ~ 4Z1UF JR1CAD PM95
20210615_071015 -22  0.3  338 ~ 5B4ALJ JA7CVL -15         ^
20210615_071015 -15  0.1  530 ~ 5B4AIF JE1NHF -11
20210615_071015 -15  0.0  639 ~ 5B4AIF JH1LPF -08
20210615_071015 -12  0.0  405 ~ 5B4ALJ JE1FQV -09         ^
20210615_071015 -10  0.4  103 ~ 5B4AIF JH1BNC -10
20210615_071015 -17  0.2  525 ~ 5B4ALJ JA0EOK -04         ^
20210615_071015 -21  0.2  654 ~ 5B4ALJ JL3LSF -10         ^
20210615_071015 -12  0.1 1794 ~ 4Z1UF JI1LET +08
20210615_071015 -16  0.1 1731 ~ 4Z1UF JA1UXO -12
20210615_071015 -16  0.3  511 ~ 4X1TI JH4UYB -16
20210615_071015 -18  0.2 3143 ~ SV8JNL JA6OXT -20
20210615_071015 -23  0.1  575 ~ 5B4AIF JK1OZS -14         ^
20210615_071015 -16  0.1 2818 ~ 5B4AIF JA1MZL -15
20210615_071015 -21  0.2 2924 ~ 5B4ALJ JA2LMA -10         ^
20210615_071015 -19  0.0 2924 ~ 4Z1UF JE7KQU -06          ^
20210615_071015 -24  0.0  325 ~ 5B4AIF JJ1LBJ -12         ^
20210615_071015 -24  0.0 2271 ~ 4Z1UF JL1UXH PM95         ^
20210615_071015 -18  0.0 2354 ~ 4Z1UF JF3DRI -09          ^

FT8 decoding benchmark2021年06月17日 16時36分13秒


This wave file is from yesterday's reception of the 6m band in the JA1 area. The person who provided me with this file said that there were 106 stations decoded in one period at that time. When he tested with the saved file later, it was 87 stations max.
How many stations can you decode in your environment?
Unzip the downloaded zip file and put the wave file in a folder of your choice, and let WSJT-X/JTDX /MSHV read it.


In my environment, it was MAX 95 decodes with JTDX optimum settings.


FT8 can't make QSOs if it can't decode, so the software's ability to decode will affect our enjoyment of FT8 operation.
Let's optimize each person's PC and software settings and enjoy FT8.


In FT8 (and other digital modes, of course), the number of decodes can vary greatly depending on the software you choose to use, and even more so if you optimize that software. Also, setting your PC's power options to high performance will allow you to take full advantage of the CPU's performance. This is because a CPU with a boost clock function will always be in a boosted state.
Of course, using a high performance PC will also help reduce decoding time.

The software you use is of course up to you. I won't say anything about this because I'm sure you have your own beliefs and there will be repercussions if I mention it too strongly. However, if you benchmark with this file, you will have something to think about. I hope it will give you some hints about software selection, settings, and PC performance. In FT8, if you can't decode, you can't make a QSO. And if the part you can't decode contains a station you want to make a QSO with...

You have seen many times that people with smaller equipment(ex antennas) than yours in the neighborhood are making QSOs with stations that you can' t decode. Even if you have small equipment, depending on your "decoding performance", you may be able to QSO with stations that your neighbors with larger equipment could not decode.

Of course, there may be subtle differences in the surrounding noise level and radio propagation.

Here are the results of my experiment.

A comparison experiment with WSJT-X/MSHV.

I have nothing to say about it.

Yoshi  JP1LRT
-------------------------------------------------
The following is a list of 106 stations that were decoded in real time by the provider of this file.
-------------------------------------------------
20210615_071015  -9  0.2 2043 ~ 5B4AIF JH2AMN -14         ^
20210615_071015  -3  0.1 1755 ~ 5B4ALJ JO1PSX -04
20210615_071015 -13  0.2 2166 ~ 5B4ALJ JA1WWO -03         ^
20210615_071015 -11 -0.0 1659 ~ 5B4ALJ JA1QOP -02
20210615_071015  -3  0.1 2557 ~ SV9CVY JE1POK -19         ^
20210615_071015  -8  0.2 2344 ~ 4Z1UF BG2AUE PN35         ^
20210615_071015  -4  0.3 1097 ~ UB7K 7K2PZG PM96          ^
20210615_071015  -3  0.8  363 ~ 5B4ALJ JH1ECG -10
20210615_071015  -6  0.2 1540 ~ JT1BV DS3DNT PM36
20210615_071015 -12  0.3 1025 ~ 4X1TI JH1HEJ +02          ^
20210615_071015 -15  0.6 2131 ~ 5B4ALJ JF2WGN +04         ^
20210615_071015  -3  0.0 1387 ~ 5B4AIF JA1PBV -11         ^
20210615_071015 -12  0.6 2397 ~ 5B4AIF JH1PXH 73          ^
20210615_071015  -2  0.3  146 ~ 5B4AIF JA1QUT -13
20210615_071015  -6  0.1 2822 ~ UB7K JA1NQU -16
20210615_071015  -6  0.1 1465 ~ 5B4ALJ JA3KVT -13         ^
20210615_071015 -15  0.2 2488 ~ 4X1TI JA9IPF -16          ^
20210615_071015 -11  0.2 1134 ~ 5B4ALJ JL1SAM -03         ^
20210615_071015  -6  0.1 1867 ~ 5B4ALJ JM1SZY -05         ^
20210615_071015 -10  0.1 2245 ~ 4X1TI 7L4XDT -11          ^
20210615_071015  -8  0.1 1630 ~ 4Z1UF JA1PPW +03
20210615_071015 -15  0.1 2431 ~ UR0MC JA1GPN 73           ^
20210615_071015  -6  0.2 2667 ~ 5B4ALJ JR1AIB -14
20210615_071015 -13  0.2  972 ~ BH1PFJ JM1IGJ -13
20210615_071015  -9  0.2 1164 ~ 4X1TI JN1GTG -16          ^
20210615_071015  -9  0.2 1267 ~ 5B4ALJ JH1QAX -10         ^
20210615_071015  -7  0.2 1947 ~ 4X1TI JA1OVD -15
20210615_071015  -2  0.2  195 ~ 5B4ALJ JR1UFN +06         ^
20210615_071015  -3  0.1 3050 ~ 5B4ALJ JA0UUA -10         ^
20210615_071015 -10  0.1 1059 ~ 5B4AIF JH1XUM -07
20210615_071015  -5  0.1 2717 ~ 5B4ALJ JK1EXO -11         ^
20210615_071015  -9  0.1 1330 ~ 4X1TI JA1GTN -08          ^
20210615_071015 -13  0.1 1809 ~ 5B4ALJ JA1ADT -05         ^
20210615_071015  -5  0.2  743 ~ 5B4ALJ JI1EIX -04         ^
20210615_071015  -9  0.1 2194 ~ 5B4ALJ JH1USR +00         ^
20210615_071015 -13  0.1 1431 ~ 4X1TI JA2VXZ -16          ^
20210615_071015  -6  0.2  846 ~ 5B4ALJ JE1AEX -09         ^
20210615_071015 -11  0.0  982 ~ UB7K JG1MUY -09           ^
20210615_071015 -13  0.0  609 ~ 5B4ALJ JA1MLV PM95        ^
20210615_071015 -14  0.5 1274 ~ 4Z1UF JA1ITJ -11          ^
20210615_071015 -12  0.1 2496 ~ 4X1TI JF2KOZ -12
20210615_071015 -13  0.9  992 ~ 5B4AIF JA9CHI -16         ^
20210615_071015  -4  0.2 2634 ~ 4Z1UF JA1PAD -18
20210615_071015 -12 -0.2  927 ~ 4X1TI JA7EVP -06
20210615_071015  -8  0.1 2795 ~ 4Z1UF JH3IVO -06          ^
20210615_071015  -7  0.1 2221 ~ CQ DX JA1BOP PM95
20210615_071015 -13  0.1  468 ~ 4Z1UF JA0IXW -07          ^
20210615_071015 -12 -0.0  799 ~ 5B4ALJ JA3LZS -13         ^
20210615_071015 -12 -0.0 2884 ~ 4Z1UF JH1SJN -08          ^
20210615_071015 -10  0.1  704 ~ 5B4ALJ JL1OZI -03         ^
20210615_071015 -16  0.1 1316 ~ 5B4ALJ JA1SCE -02         ^
20210615_071015 -11  0.2 2941 ~ R6KA JR1IJV -17
20210615_071015 -10  0.1 1441 ~ 5B4AIF JH6OJD/P -06
20210615_071015 -12  0.1 2509 ~ 5B4ALJ JQ1IBI RR73        ^
20210615_071015 -14  0.2 2581 ~ 4X1TI JA1UAV -16          ^
20210615_071015 -10 -0.2  477 ~ 5B4AIF JA1TGO -11
20210615_071015  -9  0.1 1873 ~ 5B4ALJ JA9NLE -14         ^
20210615_071015 -13  0.1  566 ~ 5B4AIF JA9APS -16
20210615_071015 -12  0.1 2351 ~ 4X1TI JE1CCD -10          ^
20210615_071015 -18  0.1  510 ~ 4Z1UF JL1IEO -05          ^
20210615_071015 -14  0.1 2454 ~ 4Z1UF JH1MFN -10          ^
20210615_071015 -13  0.0 2399 ~ 4X1TI JA9FFS -16          ^
20210615_071015 -11  0.1 1018 ~ 5B4ALJ JP7EIP -01         ^
20210615_071015 -12  0.3  268 ~ UB7K JQ1COB PM95          ^
20210615_071015 -12  0.1  942 ~ 4X1TI JH2GZY PM94         ^
20210615_071015  -9  0.1 2604 ~ 5B4ALJ 7K4DHB -11         ^
20210615_071015 -11  0.1  865 ~ 4X1TI JA2IVK -15          ^
20210615_071015  -9  0.1  231 ~ 5B4ALJ JA1WSK -16         ^
20210615_071015 -12  0.3 1173 ~ 5B4ALJ JR2HRR -04         ^
20210615_071015 -11  0.1  678 ~ 4X1TI JA1AFR -12
20210615_071015 -13  0.0 1179 ~ 4X1TI JA4CQS -15
20210615_071015 -11  0.1 2885 ~ 4Z1UF JR4VEV -19
20210615_071015 -10  0.2 1826 ~ 5B4ALJ JK1SQI -02
20210615_071015 -15  0.0  904 ~ 4Z1UF JE2FJI PM84
20210615_071015  -9  0.1  253 ~ 4X1TI JA7CSS -20
20210615_071015 -14  0.3 2144 ~ CQ JA9KRO PM86            *
20210615_071015 -16  0.3  310 ~ 5B4ALJ JF0JYR -04         ^
20210615_071015 -16  0.0 1716 ~ 5B4ALJ JI1CUL PM95
20210615_071015 -16  0.2 1338 ~ 5B4AIF JA2XCR -13
20210615_071015 -15  0.1 1284 ~ 4X1TI JA4NUE -14
20210615_071015 -15 -0.6 1655 ~ 4X1TI JE1BBX -09
20210615_071015 -18  0.3  379 ~ 4X1TI JA3JTG -13          ^
20210615_071015 -14  0.0 1709 ~ 5B4ALJ JA1DKT -14
20210615_071015 -15  0.1 1637 ~ 5B4ALJ JK1TCV -09         ^
20210615_071015 -16  0.2 1506 ~ 5B4ALJ JA2HOL PM95        ^
20210615_071015 -14  0.1  796 ~ 5B4ALJ JH4CPC -12         ^
20210615_071015 -12  0.1  809 ~ 5B4ALJ JA9IPH -08         ^
20210615_071015 -14  0.2 2744 ~ 4Z1UF JR1CAD PM95
20210615_071015 -22  0.3  338 ~ 5B4ALJ JA7CVL -15         ^
20210615_071015 -15  0.1  530 ~ 5B4AIF JE1NHF -11
20210615_071015 -15  0.0  639 ~ 5B4AIF JH1LPF -08
20210615_071015 -12  0.0  405 ~ 5B4ALJ JE1FQV -09         ^
20210615_071015 -10  0.4  103 ~ 5B4AIF JH1BNC -10
20210615_071015 -17  0.2  525 ~ 5B4ALJ JA0EOK -04         ^
20210615_071015 -21  0.2  654 ~ 5B4ALJ JL3LSF -10         ^
20210615_071015 -12  0.1 1794 ~ 4Z1UF JI1LET +08
20210615_071015 -16  0.1 1731 ~ 4Z1UF JA1UXO -12
20210615_071015 -16  0.3  511 ~ 4X1TI JH4UYB -16
20210615_071015 -18  0.2 3143 ~ SV8JNL JA6OXT -20
20210615_071015 -23  0.1  575 ~ 5B4AIF JK1OZS -14         ^
20210615_071015 -16  0.1 2818 ~ 5B4AIF JA1MZL -15
20210615_071015 -21  0.2 2924 ~ 5B4ALJ JA2LMA -10         ^
20210615_071015 -19  0.0 2924 ~ 4Z1UF JE7KQU -06          ^
20210615_071015 -24  0.0  325 ~ 5B4AIF JJ1LBJ -12         ^
20210615_071015 -24  0.0 2271 ~ 4Z1UF JL1UXH PM95         ^
20210615_071015 -18  0.0 2354 ~ 4Z1UF JF3DRI -09          ^