トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

アンテナの調整計画2018年05月06日 08時52分20秒

イマイチな感じの6mのアンテナですが、色々な方々と相談しながら調整計画を進めています。

その中でいろいろシミュレーションをしてみて、「こんな感じに調整してもどうでしょうかね?」とメーカー側に提示してみましたが、メーカーはラジエーターループだけをいじってSWRの最良点を出せ、とパッと読んだ感じかなりな上から目線的なメールを送ってきました。そもそも注文とちがう物を発送して差額も返していない(別にいいよと言ったのは私ですけど)のに、その感じは違うよなぁ・・・ と思ってしまいます。
とにかく何センチいじってどんな感じになったかだけを教えろ、その他はいじるな。です。

まあ、今回の件でも思いましたけど、あんまり信用はしてはいけないのかなというところでしょうか。まず会社としてオーダーとちがう商品を送ってきたのに、一言の謝りもない、その性能差なんて耳じゃわからんよ・・・ と。

私がちがうアンテナが届いていました。気がつく前に上げてしまったとメールすると。
This is a very difficult situation, the antennas are also very similar so it is a 
lot of work and cost to change them but if you want to do this, I am happy to help. 
If you take downa dn ship the antenna back, we will send a WOS.

じゃあ、全部送らなくて良いのでブームの一部と取り付けサイズを教えてください。とメールすると。

The boom positions and element lengths are all different and then the cost is still 
similar to send another antenna boom as it is almost the same cost as a complete 
antenna. The difference in terms of performance is negligible and a lot of work for 
a difference this will not be heard with the human ear!

もういいや・・・・ と放ったらかしにして現在まで。 メーカーの指示通りのサイズで組み上げましたけど、SWRのボトムはバンドの下側の外にあります。指示書にはラジエータールーフ無の大きさを調整して最良点を探せと書いてありましたので、とりあえず小さくしてみてますけど、先の記事で書いたとおりのSWRとなっています。

もうメーカー指示は無視して、シミュレーションの結果通りに組み直してみることにします。

仕事が多忙で時間もないし、怪我をすると仕事もできなくなるのでまたFTIに依頼することになると思います。

ついでにプリアンプも交換します。直下型の2線式ものにします。トラブルの多い卓上型は廃棄します。まあここには書かない面白いストーリーもありますので、気になる方はTwitterやメールで。(^^)


ALL JA コンテスト レビュー 20182018年04月30日 09時09分43秒

レビューの前にまずは皆さんにお礼を申し上げます。今年もQSOしていただきましてありがとうございました。また初めてQSOしていただいた方も多数いらっしゃいまして大変光栄に思いました。昨年のスコアには届きませんでしたが、例年の目標値はクリアーすることができました。ありがとうございました。

コンテストの準備としてはもう半年以上になりますが、アンテナの更新を行いました。Blogなどには書いてきませんでしたが、QRZ.comのページには写真を載せております。オーダーしたものと異なるものが届き、スペックダウンという感じがしています。これには本当にがっかりしました。しかもこれが今回のコンテストにも大きく影響してきます。取り外してぶん投げたい気分です。詳細は後ほど。

当日は3時間ほどの仮眠をとり、その後パーシャルチェックファイルの用意をしました。またCTESTWINの動作確認と各機材の点検を行いました。気になる点が一点ありましたが、それはどうしようもないのでスルーしました。

今年は75分前から一般QSOをして運用周波数を確保しました。50.303MHzを確保できました。その時はまだバンドスコープで見ていても出ている方はパラパラでした。しかし開始時間一時間を切ると徐々にバンドは賑わってきました。

私は 50.303MHzでしたが、50.310MHzに出現した大学のクラブ局の電波が非常に汚く、7kHzも離れているのにバリバリいいます。当然NBは切っていますがこれにはまいりました・・・ (後で聞いた話ですが、他のコンテスト仲間もやられたそうです。このクラブ局の広がりに。) 仕方ないのでそのままでスタートしました。何時も通り事前の周波数確保では、アンテナは筑波山に向いています。しかしこの方角だと先程のクラブ局がパターンに入るためバリバリからは逃げられませんでした。どんな無線機をどうな設定で使っているのは分かりませんが、距離的には10キロ弱、普通はそこまで影響ないはずです。6キロ程度しか離れていない電気通信大学ならばまだわかりますが。(JA1ZGPの電波は汚くありません。強いだけです。)

21時前にはおなじみのJM1EKM局が北茨城市移動から声をかけてくれました。そのままコンテストに突入。今年は最初の10分間の交信が35局と、昨年の29局を上回りました。いいペースで開始です。

いつも通り3時間はSSBでRUN。少しS&Pをしてから CWに。CWもRUNする前に少し呼んでからRUNです。CWはSSBと違い、ちょっと呼びにまわっても周波数を取られてしまうということが少ないので、余裕があります。仮眠までもRUNだけでなくS&Pもしました。 最初の3時間で 222QSO、CWに移行するまでには232QSOをSSBで行いました。その後仮眠まではCW です。家庭内SWRが上がらないためですが。 CWで62QSOして仮眠。3時前から5時半まで。起床後はざっとシャワーを浴びて、エナジードリンクを飲み、CWで再開です。

CWは8時まで。それ以降は状況に合わせてSSB/CWを切り替えます。

今年も「カスカス」の局とのQSOを何度も行いました。これはCWでのQSOです。SSBでは粘るとお互いに疲れてしまいますが、CWだとパドルを叩くだけですので体力はさほど使いません。呼んできてくださったけどカスカスで取れない時は、アンテナを回しつつ "PSE AGN AGN AGN" と何度も送ってと送信。粘ってくださってできた時はやはり嬉しいですね。しかし今回は /5 の局と結局できませんでした。 JA5***/5 だと思ったのですが、かなりの時間粘ってくれて申し訳ない気持ちでいっぱいです。ほとんど空耳に近いようなときも。空耳は呼ばれるときよりも呼んだ時に多いです。HFでのDXとのQSOでもままありますが、できたかできなかったかよくわからない様な交信。「希望的観測」が空耳信号をつなげて符号にします。きっとできたに違いないと信じることしかできません。 

Conditionはぱっとしないまま推移しました。変化が現れたのは15時過ぎ。SSB運用をしていましたが、CW帯に立つ信号。これはパイルかもしれないと思い聞きに行くとビンゴ!!
JS6RGJ局です。まだ弱かったですがパイルに参加。ピックアップされるのは234の局が多く、西日本を中心に開いていることがわかります。そのうちポツポツと1も取ってくれるようになり20回ほど呼んだところでQSOができました。その後はまたCW でCQ。 20分ほどすると JS6RTJ局が呼んできてくれました。まあこんなものです。(^_^;)

DX Clusterでは台湾祭りだった様子がうかがえます。しかしScはなく西南西方向に向けてもScで呼ばれることはありませんてじた。

その後SSBに移行すると今度はJS6RRR局からのコール。オープンしていたのは先島諸島の西部だけだったようです。その後は我慢のオペレーション。取れていないマルチ方面に向けてCQを。 

終了間際になってなんと機材トラブル・・・  電波が途切れたり出なくなってしまいました。リニアアンプのトラブルです。仕方なくベアフットに。気力も尽き果てようというときですからもうがっかりです。

そのまま終了。

原因はおそらくアンテナです。
私が半年以上前に購入したアンテナは innov antennas の 7 element 50MHz LFA2-HD Yagi (8.9m) です。 しかしオーダーしたのは 7 element 50MHz LFA2 WOS Yagi (9.5m) だったのです。英国から間違えて届きました。 英国に送り返して交換する時間も手間も惜しかったのでそのまま使うこととしました。 Peak Gain: 12.85dBiと12.96dBiですから、さほど差はありません。 しかしがっかりしました・・・ 今まで使っていた CL6DXZ よりブームが短いのですから。 まぁ、給電部がループ形状になって謳い文句どおりノイズが減って静かになればと思いました。

実際工事をしてみると・・・ SWRがおかしかったのです。 SWR: Below 1.1:1 from 50.00MHz to 50.500MHz と謳っていますが、なんと当初は SWR2.5でした。 調整をしましたが、まだバンドの下と外にボトムがあります。 メーカー指示のサイズとかけ離れてしまうため、さらなる調整をためらいました。 現時点では 50.300MHzで SWR1.8です。これで長時間の運用をすれば当然ですが機器に影響が出ます。妥協すべきではなく、実際の測定値がバンド内で低くなるようにすべきでした。今更悔やんでも仕方ないので、出来るだけ早く調整を実施することとします。

Current status of my 7 element 50MHz LFA2-HD Yagi (8.9m) is as below SWR 50.0MHz 1.45 50.1MHz 1.6 50.2MHz 1.7 50.3MHz 1.8 50.4MHz 1.95 50.5MHz 2.1


こんなアンテナ使っているんです・・・・
CL6DXZ の給電部分だけループ形状にしても良かったかもしれないですね。

外国製のアンテナを使う方はあまりいらっしゃらないと思いますが、送られてきたものがオーダーしたもの違っていたり、調整が必要だったりとリスクは高いです。

今回のコンテスト、スッキリした気分で終わらなかったため、一晩空けた今朝もなんだかなぁ・・・という気持ちでいっぱいです。

結果も昨年の結果には届いていません。固定局はマルチで勝負、といつも言っている割には大阪も出来ない、和歌山も出来ない、山形や秋田、岩手も出来ない・・・ 一年で一番大切な思いで参加しているこのコンテストですが、思い打ち破れた感じです。

昨年2位の個人参加のJJ2YRE天城高原10ハンドレッド倶楽部も出ていましたし(今年はマルチバンか?)、昨年3位のJR1MEG/1局も出ていました。 その他有名どころもたくさん出ていらしたので敗戦が濃厚です。


さて暫定結果の報告です。自分はいつも50MHz H部門に参加と明言していますし、実際コンテスト中にHのナンバーを送っていますので他の方への影響はほぼ無いと思い、ここに発表します。




 CONTEST : 2018 ALL JAコンテスト

  Band   QSOs   Pts  Multi
 50MHz    637   637   28
--------------------------
 Total    637   637   28

Score : 637x28=17,836点



最初のスタートダッシュが効いているため、最後の最後まで昨年を上回るペースで進みましたが、最後に機材トラブルで逆転負け・・・

QSOしていただいた皆さんありがとうございました。また私の耳が追いつかずせっかく呼んでいただいたのにQSOに至らなかった皆さん、申し訳ございませんでした。懲りずに他のCONTESTでもよろしくお願いいたします。

6mのアンテナ系統、全体的に見直す必要があります。 

QSLカードはJARLに発送予定です。 PSE QSLとは書きませんのでご負担のようでしたら折り返しは結構でございます。

コンテストは本当に楽しいですね。また次のコンテストでもよろしくお願いいたします。

ALL JAコンテスト参加中2018年04月29日 07時08分10秒

今年も X50 部門で参加中です。

皆さんのコールをお待ち申し上げております。よろしくお願いいたします。


東京UHF 結果2018年04月23日 11時26分06秒

結果発表があったのを忘れていました。 (^_^;)


3位でした。 参加記は http://jp1lrt.asablo.jp/blog/2017/11/24/8733724

QSOしていただいた皆さんありがとうございました。

今週末の ALL JA コンテストでも 50MHz でよろしくお願い致します。

PSKR に情報を出そう2018年04月23日 06時19分46秒

以前 PSKR 使用のオススメ という記事を書きました。 再度その記事をリニューアルして書きます。

PSKRとは PSK Automatic Propagation Reporter の略で、WSJT-X、 JTDX、 JT65-HF 、 JT65-HF HB9HQX ver. を立ち上げている時に受信した局情報をサーバーにアップロードして、その情報を表示させることができる機能です。

サイトは

自分の送信した電波がどこで受信されているのか、またどのくらいのSNRで届いているのかがわかり、コンディションの把握や呼んでいる相手に届いているか否かも分かるとても便利なサイトです。

使用しているソフトウェアによって設定は異なりますが、簡単に設定することができるので、デジタルモードでこれらのソフトウェアをご利用の方は、ぜひつの機能を「ON」としましょう。ONにしなくても相手側で受信されている自局の情報はわかります。しかしそこはアマチュア無線、 Give and Take で自局が受信した情報も提供しましょう
よっぽどご自身の情報を提供したくなければONにする必要性はありませんが、逆にどういう理由でOFFのままなのか不思議にも思えます。

情報は  GIVE AND TAKE が基本です。

WSJT-X , JTDX は Settingの Reporting から  "Enable PSK Reporter Spotting" にチェックを入れます。

JT65-HF HB9HQX Ver. 日本語版は 拡張設定から "スポット情報送信" にチェックマークを入れます。

MSHVでは Options から Radio And Network Configration に進み、"Enable PSK Reporter Spotting" にチェックを入れます。

情報の共有はとても大切なことです。しかしリグが CAT非対応であれば仕方ないですね。

さらにその情報に正確性を出すため、ご自身の Grid Locator は正確に入れましょう
各ソフトウェアには自局の Grid Locator を入力する場所があります。 少なくとも6桁 のデータを入れましょう。 4桁だと大雑把な位置表示になり、PSKR地図上で海上になってしまったりします。

最近は 8桁 10桁 まで ini ファイルをいじって表示させることも可能となり、多くの方が 8桁ないしは10桁の Grid Locator を表示させています。 10桁の Grid Locator を調べるには
このサイトでご自身のご自宅を見つけてください。 10桁まで入れるのに抵抗のある方は 8桁で十分です。  

中には全く違う10桁を入れている奇特な人もいますが、なぜそのような事をするのか皆不思議に思っています。 入れるならば正確なものを入れましょう。

6m band レバノンで許可される2018年04月20日 23時24分59秒

OD5YK Mouradさんからの情報です。

The Ministry of Telecom has approved 6m Amateur Radio operations in Lebanon between 50.000 MHz and 51.975 MHz. This news came on April 18 as the World was celebrating World Amateur Radio Day. 🇱🇧👍👏
...................................OD5YK.............................

今年の夏にマルチホップEsでできると良いですね~~


JTDX 18.1.0.80 リリース2018年03月30日 13時59分25秒

タイトルの件、本家にも載りまして正式にリリースとなりました。


使用してみたところ、デコード率が前のバージョンより良くなっています。
それでも step34 の方が良いという方もいらっしゃるので、そこは好み次第ですが。


お気づきの方もいらっしゃるかもしれないですね。 (^_^;)

大陸超え 6m FT8 周波数の進捗状況 その22018年03月30日 11時53分30秒

改めて記事にいたします。 あるMLにスポットした文章の一部です。

------------------------------------------------------------------
50MHz帯の夏場のマルチホップEsによる
大陸超えDX QSOの話の進捗状況について説明させていただきます。

昨年の夏のシーズンは JT65 によって今までCWには出てこなかった層まで DXにお出になるようになり、裾野が広がった感がありました。これは日本 側だけでなく、ヨーロッパ側でも米国側でも同じです。

一つの周波数しか無かったため、大陸を超えて飛んでくるか弱い信号が国内や隣国からの信号にマスクされてしまう現象も多々ありました。また大陸超えのDXをできるだけ静かな環境でできるよう、自然と日本からの送信は2nd、ODD側、奇数側に統一され、その結果として多くの方がDX通信に成功されました。

しかしその一方で国内のEsでJT65を普通に楽しみたい方や、隣国との交信を楽しみたい方々が周波数が一つしか無かったため「出にくい」雰囲気になっていたのも事実です。そこで国内用のJT65の周波数を動かしてはという話もでましたが、シーズン中の周知は非常に難しく事実上何もできませんでした。

今年は FT8 の登場によりまたより多くの方が夏場の 50MHz にお出になられる事でしょう。シーズン幕開けの3ヶ月前から準備を進めております。

今年は WJST-X 提唱の FT8用周波数 50.313MHz はそのまま国内、隣国との交信にお使いいただいて、大陸超えのDX通信を行う周波数を新たに設定し、互いのQRMを避けて軋轢もなく快適なシーズンが過ごせるような提案がされています。

ヨーロッパ、米国、中東方面に色々なメディアで呼びかけたところ。各方面より
ご賛同の意思表示を頂いております。

ヨーロッパ方面とのネゴシエーションでは、大陸超えの周波数として 
50.323MHz
をという事になりそうです。しかし一部の国ではこの周波数には出られない事もあり、160m BANDの様なSPLIT運用も一部では必要かもしれません。

米国方面では 50.110MHzの様なDX Window として
50.303MHz
をという動きがありました。

双方の意見を現在は調整中ですが
50.303MHz for "all FT8 DX" and 50.323MHz for "intercontinental long distance FT8 DX."

という事で落ち着きそうな感じです。また今年も日本からの送信は昨年同様2nd   ODD  奇数でお願いいたします。

この取組は DXer だけの周知事項ではなく、簡単な設備で楽しんでいらっしゃる局へも周知が必要です。どうかこの様な取り組みがあることを頭の隅に置いてください。そしてお友達やローカル局へもお教えいただけると幸いです。

稚拙な英文ですが、ここのでの経緯を説明したページも公開し、世界に広く周知をすべく活動をしています。
http://www.asahi-net.or.jp/~vj5y-tkur/6m/new_qrg.html

よろしくお願い致します。




大陸超え 6m FT8 周波数の進捗状況2018年03月27日 14時59分14秒

K1JT Joeさんに大陸超え 6m FT8用周波数の組み込みについて問い合わせ、世界的なコンセンサスが必要と言うことで、各方面に呼びかけています。 結果すぐに反応してくれた OE4VIE Jo さん始め、ヨーロッパ各局とは既に色々なやり取りを進めています。

OE4VIE Jo さんと特に連絡を密にしています。 EU方面だけでなくアジア、日本の各局にも Jo さんは連絡をとってくださっているようです。

50.323MHz を大陸間通信用の新しい周波数として設定しようという所まで来ています。

現在私は W方面 と連絡を取っています。 W方面は 50.110MHzの様な DX Window的扱いとして 50.303MHz を考えていたようです。

また新しい情報が入り次第お知らせいたします。


シーズンまであと2ヶ月です。取り組みを多くの方に知ってもらう必要があります。

英文で経緯を紹介したサイトを公開しております。



某著名DXerも私とJoさんが始めた 50.323MHzの件をご自身のQRZ.comのページにお書きのようで、ご同意の様子です。

動き出した 6m 大陸超えDX用周波数設定の話2018年03月19日 09時38分35秒

夏のマルチホップEsによる6m bandの大陸間DX通信。 今年はFT8の登場でさらにデジタル通信が盛んになるでしょう。

現在 WSJT-X提唱 の周波数は 50.313MHzの一波だけで、国内通信や近距離国際通信によって、信号の弱い大陸超えDXの信号が隠されてしまう危惧がありました。

そこで 50.313MHz だけでなく、「大陸超えDX専用の周波数を設けてはいかが」 というムーブメントが起こりました。

オーストリアの OE4VIE Joさんから昨日この様な画像をいただきまして、日本だけでなくアジア各国の6m DXerに知らせてほしいとご連絡を頂きました。



このムーブメントがどこまで定着するかは今の所未知数ですが、多くの6m DXerの方は ON4KST chat にログインされます。 そこでQRMを避けた周波数を指定しあって出ることもあるでしょうから、この 50.323MHzというのが一つのキーになるのではないでしょうか。