トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

Mobile operation from OKINAWA PL242018年07月05日 14時56分23秒

I will operate 6m band from Miyakojima-city Okinawa GL:PL24  from 6th JUL 2018 to 8th JUL 2018 to join the Japanese domestic contest.
But while NO JA PROP, I will monitor 50.313MHz for FT8 or 50.276MHz JT65
I will check in the ON4KST chat.

FT8 でのオンフレ(同じDF)呼び出し2018年06月12日 22時44分38秒

FT8 でオンフレ、ほぼ同じDFで呼ぶ方いらっしゃいますけど、QRMで効率よく進まないこともあるという事がおわかりになっていないのかなぁ・・・ と感じます。 今日の昼頃にももそういうシーンがあったので紹介させていただきます。

6mの事です。 BY7TNB局が呼んでいる局のDFに合わせてコールバックするという感じでJAとQSOを進めていました。

あの6m DXer JG1TSG 下野さんがレポート付きでコールし、BY7TNBがR付きで返したのに交信が進みませんでした。
なぜだろうと思ったら3の方が途中からかぶせてコールを開始していたのです。 BY7TNB局はデコードできず次の局に進みましたが、DFが近いためQRMになっていたのかまた進みません。そのうち諦めていなくなってしまいました。

今更ですが、呼びたい局と同じDFで呼ぶのではなく、ずらして呼ぶほうがQSOは効率よく進むことが多いです。ずらし方も近かったり遠かったり色々ですが、進み方が悪いと感じたときは呼ぶDFを変えてみるのも手だと言えるでしょう。

024115 -7 -1.8 787 ~ JG1TSG BY7TNB R+08 China

024145 -7 -1.7 787 ~ JG1TSG BY7TNB R+08 China

024215 -7 -1.7 787 ~ JG1TSG BY7TNB R+08 China

024230 -9 0.2 786 ~ BY7TNB JG1TSG RR73 Japan
024230 -12 0.1 787 ~ BY7TNB JA3K** -13 Japan

024245 -11 -1.8 788 ~ JG1TSG BY7TNB R+08 China

024300 -7 0.2 785 ~ BY7TNB JG1TSG RR73 Japan
024300 -13 0.0 787 ~ BY7TNB JA3K** -04 Japan

024315 -4 -1.7 734 ~ JR1*** BY7TNB -04 China

024330 -9 0.2 786 ~ BY7TNB JG1TSG RR73 Japan
024330 -7 0.0 786 ~ BY7TNB JA3K** -04 Japan
024330 5 0.1 733 ~ BY7TNB JR1*** R-15 Japan

024400 -10 0.0 785 ~ BY7TNB JA3K**-04 Japan
024400 7 0.1 732 ~ BY7TNB JR1*** R-13 Japan

024345 -1 -1.7 734 ~ JR1*** BY7TNB -04 China

024500 5 0.2 732 ~ BY7TNB JR1*** R-14 Japan

024530 4 0.1 731 ~ BY7TNB JR1*** R-16 Japan
024530 -2 0.2 785 ~ BY7TNB JG1TSG RR73 Japan

024600 -3 0.2 785 ~ BY7TNB JG1TSG RR73 Japan
024600 6 0.1 731 ~ BY7TNB JR1*** R-15 Japan

024630 -3 0.2 785 ~ BY7TNB JG1TSG RR73 Japan
024630 5 0.1 731 ~ BY7TNB JR1*** R-14 Japan

024645 -3 -1.7 734 ~ JR1*** BY7TNB -04 China

024700 -1 0.2 785 ~ BY7TNB JG1TSG RR73 
024700 5 0.2 731 ~ BY7TNB JR1*** R-14 Japan

025030 -10 0.0 796 ~ BY7TNB JA3K** -08 Japan


また先程のあった事象です。
6m band FT8 で A92AA Bahrainが入感しました。私の設備ではギリギリの信号です。そんな中 A92AA とほぼ同じDF、オンフレでコールを開始する局が現れました。オンフレでコールする局は何局もいたので「互いにQRM」になっています。相手側ではデコードされにくいでしょう。 しかもその中の一局がDTが大幅にずれていたのです。 しかもマイナス側に。



この方は私のところでは非常に強いため影響が大きかったです。A92AA の信号の最後の部分に被さるため、私のところでの受信レベルではしっかりトレースしているのにデコードできないことが何度も何度も・・・・  呼んでいる局は受信している局のDTがずれていることが気にならないのか、ずっと呼び続けていました。
PCの時間があっていればこんな悲劇も無かったかもしれません。

もう相手をコールする時にその局と同じDFで呼ぶののは止めにしませんか? 他局と重なって相手にデコードがされにくいばかりか、この件のように自分のPCの時計がずれていた場合、他の局の迷惑になってしまうことすらありえます。

予め送信周波数を選択した後、相手をクリックしても送信周波数が動かないようにするには

WSJT-X


JTDX


JT65-HF HB9HQX 


MSHV





上記のようなセッティングにすればオンフレ、相手と同じDFで呼ぶことが無くなります。
相手がオンフレの局しか取らないようなときには送信周波数を受信周波数と同じにするか、チェックマークを一時的に外したりクリックして緑に変えたりすればオンフレでコールができます。

今一度ご自身のソフトウェアの設定をご確認ください。

ご使用のソフトウェアは最新版を2018年05月31日 13時05分42秒

JT65 FT8用のソフトウェアは皆さん、最新版をお使いでしょうか? 

あれ?と思われる方は是非今一度ご確認ください。

先日 RR73 が通らない方に出会いました。最新版では問題なくQSOできます。



WJST-X
Latest full release, Version 1.9.1: wsjtx-1.9.1-win32.exe.
http://physics.princeton.edu/pulsar/k1jt/wsjtx-1.9.1-win32.exe

WJST-X は先日正式リリースの 1.9.1 が出ています。 1.8や 1.9-rc版
をお使いの方は、是非 upgrade をしてください。    

1.9.0のリリース後、2日で更新されました。

JTDX
General releases JTDX 18.0.0.133
https://www.release.jtdx.tech/Windows/JTDX-18.0.0.133-GA-win32.zip

Evaluation版
JTDX 18.1.0.85
https://www.release.jtdx.tech/Windows/JTDX-18.1.0.85-win32.exe



JT65-HF-HB9HQX-Edition
JT65-HF-HB9HQX-Edition 5.
http://jt65-dx.com/cgi-bin/download/download.cgi?name=setup_jt65-hb9hqx_5_5.zip5

JT65-HF-HB9HQX-Edition 5.5.0 Japanese localized 5.5.0a
http://jt65-dx.com/cgi-bin/download/download.cgi?name=jt65-hf-hb9hqx-edition_j55a.zip



MSHV
MSHV version 1.77
https://sourceforge.net/projects/mshv/files/MSHV_177_Installer_32_and_64bit.exe/download

よろしくお願いいたします。


WJST-X 1.9.0 リリース2018年05月30日 15時16分17秒

しばらく rc4 のままでしたが、ついに1.9.0 の正式版がリリースされました。


The current General Availability (GA)  release is WSJT-X Version 1.9.0.   A list of new features and enhancements since Version 1.8.0 is available here.  One of the new features is FT8 DXpedition Mode, and to use it you must upgrade to Version 1.9.0.  


1.9.0.のrc版をお持ちの方はアップデートをされてください。 作者は 「必ず」アップデートするようにと指示しています。




CQ World Wide VHF Contest2018年05月24日 06時08分42秒

CQ World Wide VHF Contest

今年の日程は
Begins: 1800 UTC Saturday, July 21, 2018
Ends: 2100 UTC Sunday, July 22, 2018


SSB CW がメインですが実はFT8モードでの参加も可能。 WJST-X の NA VHF contestモードを使います。







ログは N1MM  が標準のようですがその他でもできます。

CQ World Wide VHF ContestはJA同士のQSOも有効で、グリッドロケーターを交換します。RS(T), SNRの交換は必要ありません





例年日本から参加する方は「ほとんどいません」。ちょっと頑張ると一位になる可能性も。




しかしこのコンテスト、デジタル FT8での交信実績は皆無でしょう。このモードがリリースされてから最初のコンテストです。まずコンテストの認知度が低すぎる。参加者がほとんどいない。いたとしても都市部。Esが開いた時は盛んにグリッドロケーターを尋ねる局が出現する、という感じですね。

NA VHF contest モードでの交信実績もない。どういうモードなのか認知もされていない。参加していない人には交信内容を見ても???????となるに違いない・・・・・・

この時期はまだDXerもモニターしている。マルチホップEsの最終局面。ガンガンやられたらたまらんと思う人もいるかしれない。今年は代替周波数のトライアルがあるからそこに移ればいいが。

EU W では結構メジャーなコンテスト。マルチホップEsで開いた時、レガシーモードであればグリッドロケーターを送った経験もあります。FT8でもNA VHF contestモードで出てくるかもしれず。

何れにしても混乱があるでしょうね・・・・

このコンテスト期間、
Begins: 1800 UTC Saturday, July 21, 2018
Ends: 2100 UTC Sunday, July 22, 2018

CQを出している局を呼んでもSNRくれない局がいたら、「ああ、 NA VHF contestモードだ」と思い出してください。
SSB CWで参加している局もいますので、是非QSOしてグリッドロケーターの交換をお願いいたします。

6m band FT8 の送信シークエンス2018年05月19日 06時23分03秒


6m bandも Multi-Hop Es のシーズンが幕開けとなり、連日EU W ME方面の入感で賑わっています。

新たにデジタルモードをお楽しみの方など、昨年のJT65の状況をご存じない方も多数お出になられてるかと思います。
昨年のJT65では多くのJAがこの Multi-Hop EsでDXを楽しみました。既に今年のFT8の状況をご存知の方はお感じらにってらっしゃると思いますが、自分の受信シークエンスでDXを呼ぶ強い局が出現すると、それによって受信しようとしていた大陸を超えてくるDXの弱い信号がマスクされてしまいます。

昨年はその様な「悲劇的状況」を避けようと、「自然に」JAは常に ODD 奇数 2nd で送信し、反対側のシークエンスは「静かな受信環境をつくろう」という一種の慣習ができました。これは皆が同じ様にDXの弱い信号は潰されないようにしなくてはならないという思いから自然にできあがったものです。

この 「JAは常に ODD 奇数 2nd」 という慣習は欧米でも広く認知され、日本向けにCQを出す方々のほとんどは EVEN 偶数 1st で出てこられました。

今年は FT8の爆発的流行 によって、この慣習をご存じない方が EVEN 偶数 1st でCQを出されたりしている状況だと聞いています。DX側でもやはり新たに出てこられた方がこのJA側の取り組みを知らず、奇数 ODD 2ndでCQを出す場面もあるようです。

しかしここはやはり、「お互いの受信環境を静かに保ち、DXの信号が受信しやすいようにする」 というメリットしか無いTXシークエンスの統一の取り組みを日本側は継続すべきでしょう。


6m bandで 「DX向けのCQ」 を出す場合は 「常に 奇数 ODD 2nd  15/45」で行う。

という慣習を是非キープしてくださいますようお願いいたします。

この取組については近々CQ誌その他でも紹介され、周知が図られます。皆様のご協力をお願いいたします。

5月から8月末ころまでは、国内向けのCQであって、突然のオープンに対応するためCQはできる限り 奇数 ODD 2nd 15/45 でお願いいたします。皆様のご理解とご協力を切にお願いいたします。

なおご自身がコールする際には「1st/2ndどちらかだけという取り組みはございません」。

WJST-Xの切替方法



JTDXの切り替え方法



JT65-HF HB9HQX の切替方法


MSHV の切り替え方法




JAとの交信分もLoTWに2018年05月14日 00時35分49秒

LoTW、どのくらいの皆さんがお使いでしょうか? LoTWとはLogbook of the Worldの略で、ARRL(American Radio Relay League・米国アマチュア無線連盟)が世界中のアマチュア局を対象に運営しているQSOログのデータ・バンクです。



日本語の解説ページも有志がお作りです。

LoTW と聞くと 「DXCCの為だけにある」 という認識をお持ちの方もいらっしゃると思います。さらに 「日本国内交信のデータはアップロードする必要がない、いやすべきではない」 という認識をお持ちの方も。

いえ、LoTWはDXCCの為だけにあるわけではありません。

VUCC  V/UHFを使ってできるだけ多くの グリッドロケーター を集める
WPX   できるだけ多くのプリフィックスを集める

等、日本国内QSO分が活きてくるアワードがあります。 日本には多くのグリッドロケーターがあります。しかし中々JA同士のQSO分をアップしていただけないので、未だにJAのグリッドロケーターが完成しません。
また日本には多くのプリフィックスがありますが、同様に完成できていません。

是非日本国内交信のデータも LoTWにアップしてくださいますようお願いいたします。中にはデータを送るとサーバーに負担がかかるのではとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、ARRLがそんな軟なサーバーを使っているはずがありません。

LoTWをお使いの皆様、よろしくお願いいたします。


EU入感 6m2018年05月10日 16時12分34秒

私のところでは何もありません。

しかし今日は UN6T が関東でもデコードされましたし、鹿児島の JE6BHT 局がウクライナの UT7QF局とQSOされました。 今年も Multi-hop EsによるDXのシーズンが始まりましたね。

私はアンテナの整備をしないと・・・ 乗り遅れそうです。(^_^;)


A71EM open to EUs on 6m band2018年05月10日 07時42分20秒

6m band、昨日はヨーロッパと中東間でコンディションが良かったようですね。

多くの方が A71EM局とQSOしたようです。 多くのエンティティーがそばにあるというのはちょっと羨ましいですね。 その反面QRMも凄いことになっていると思いますが・・・




デジタルモードとALC2018年05月09日 22時46分52秒

デジタルモードとALCの関係、何が何でもALCは振らないようにし無くてはならない、という一種都市伝説みたいなものがあります。

JT65 JT9 FT8 は本当にALCは振らせてはならないのでしょうか?

答えは否。

これらの低速の単音系のデジタルモードは、短い時間で見てみると「単一キャリア」です。つまり高周波増幅段の直線性は必要なく、ALCの考慮は本来は必要ないのです。

PCとソフトウェア、サウンドカードとインターフェイスで運用するというスタイルは、RTTYやSSTVと同じですから、さんざん「ALCは振らせては駄目」と言われてきましたので、同じ様に「駄目」という理解なのでしょう。 私もかつてはそう思っていました。

しかしCW同様「単一キャリア」なのでALCは無関係、なのですね。

むしろ歪の原因は送信波ではPCのサウンドカード段階で発生していたり、受信の場合は入力レベルが高すぎたりというところにあります。「歪んだ、単音ではない」信号であれば送信時のALCは関係してきますね。

受信時の歪みもサウンドカードへの入力過多だったり、サウンドカードの性能による飽和だったり。

最初の問の答えは「否」ですが、サウンドカードの段階で歪んでいる可能性も考慮すれば、「必ずしも誤りではない」という感じなのでしょうか? 私も「念の為」ALCは振らさないようにしてあります。

私の理解に間違いがあるかもしれません。 ちがうよ~ という方いらっしゃいましたら、ぜひご指摘ください。


これは埼玉のある方が実験したオシロ画像です。  
(友人から、知らない人はほぼ居ない皆に嫌われている某嫌われ者がケチつけている、と連絡がきました。 スペクトラムアナライザ ですね。気に入らないのだから見に来なきゃいいのに、気になるんですかね? 謎)

ALCをガンガンに振らせた時


ALCを振らせなかった時



ほとんど変わりません。TS-990Sご使用です。


なお、低速でない単音系でないデジタルモードはALCの考慮が必要だ、ということは理解しております。SSTV, PSK31,MSK144,RTTY等。