2m BAND FT8 DX2021年05月23日 19時04分58秒

今日も 2m でBVが入ってきました。



もっといい時間もあったかも知れません。

台湾桃園市の友人BV3UF Yangさんに2m FT8でJAがオープンした時に、TXシークエンスの統一はしているの? と聞いたところ、仲間内では 00/30 でやろうと話をしている、今後台湾の各局に話をしていきたい、というお話を伺えました。

ということは、台湾が2m FT8で日本とオープンした時は、日本側は 15/45 のタイミングで送信をしたほうが良いということです。

これは既に6m bandで行われていますが、受信のピリオドを静かに保ち、弱い信号のデコードに影響を与えないようにしようという取り組みです。

さらに言えば、2mFT8でBVが入感している時、自分は見えなくても、CQを出したいと思ったならば、BVが見えてチャレンジしている同じバンドの愛好家仲間に迷惑をかけないよう、15/45のピリオドでCQを出す、という協調性を自ら発揮しても良いですね。というか求められるかもです。


コンディションの良かった土曜日2021年05月22日 20時25分33秒


土曜日、多くの方がQRVする週末です。パイルは大きくなりがちですね。

6m、午前中はW XEがオープンしました。 未交信局2局とQSOできました。

その後はカザフスタン、クウェートと近隣諸国がオープン。 カザフスタンの未交信局 UN8GEQ とQSOできました。

ベトナムから XV9HEU が出ているのが見えてQSO。 相当呼ばれていました。
XX9ETを呼ぶ局で溢れ、一回のデコードで 65局デコードできる場面も。

もう交信するより、一回のデコード数がいくつかなんて遊びをしていました。(笑)

これだけ混んでいるときっと6m FT8国内通信用周波数 50.303MHz にもどなたかがいるかな? と思って覗きに行くとたくさんいらっしゃいました。

混信も少なく、というかほぼなくリトライもなく、DXにも気兼ねすることなくQSOが出来ます。

2mもEsで沖縄と台湾がオープンしました。 豊見城市の局とBVの局の2局とQSO。友人の BV3UF Yangさんは、本日2m FT8で113QSOもしたそうです。

本格的に関東から6mでEUはまだ開けていませんが、そろそろドカンと来てほしいですね。

6mで中国の局が CQ NA と出しているのに、無視して呼ぶJA。 恥ずかしくないのですかね?  NA は North America の事です。 もしかして分かっていない?

やめましょうよ。 日本の評判下げるようなことは。 皆観ていますよ。



I recommend JTDX to you2021年05月19日 20時08分39秒

Let me explain why I recommend the use of JTDX to all FT8 enthusiasts.

First of all, I would like to express my gratitude to the WSJT-X development team for bringing the FT8 into the world. It has made it possible to make QSOs in a short time and with a weak signal. Thank you so much.

To WSJT-X users, please do not be prejudiced against JTDX, and I hope you will be interested in it, even if only a little. I don't mind that you may continue to use WSJT-X as a result, so please read on. Thank you. :)

What are the key differences between WSJT-X and JTDX? The answer is the overwhelming decoding power of JTDX. If you haven't experienced JTDX's decoding capabilities yet, and if you doubt its ability, I urge you to experiment with it yourself.

Normally, it would be better to split the same audio source into two distributions and run the experiment on two PCs with the same performance, but I guess that is not possible for most people.

For now, let's experiment with one PC.

Install both WSJT-X and JTDX, and run both.

Adjust the audio input level so that it is not too high or too low, and monitor it for a while; WSJT-X should be set to turn on AP decode; JTDX has many more adjustable options than WSJT-X.

Here are some tips for optimizing JTDX.

Please read these instructions carefully before configuring JTDX.

After monitoring for a while, signals that only decode with WSJT-X and signals that only decode with JTDX will appear. And, you may want to leave it alone for a few hours, say, while you sleep, and then compare how well each decodes when you wake up.

You will be amazed at the overwhelming difference. JTDX wins hands down.

What does this difference in decoding capability mean? You've already experienced the scene where your JTDX user friends are QSOing with stations you can't decode, or where your neighbors, who are less equipped than you, are QSOing with stations you can't decode. If you have a large facility, this JTDX will increase your chances of making a QSO. Conversely, even if you don't have a large facility, you can sometimes have more chances to make QSOs than non-JTDX users who do have a large facility.

This may also happen. You may not be able to decode, but a JTDX user who has decoded you may be calling you. What if the station is from an DXCC entity you've never QSOed with...  In FT8, if you can't decode, you can't make a QSO. It is not exaggerated to say that the decoding capability of your software will determine your enjoyment of FT8.

Why is there such a big difference? The reason is that WSJT-X and JTDX have different stances: JTDX has been developing FT8 specifically, while WSJT-X has been developing new modes together. JTDX is focusing on HINT DECODE, which is the AP decode in WSJT-X. 
This has led to an increase in the number of false decodes, but the number of stations that can be correctly decoded and displayed has increased dramatically. 
It is up to the operator to decide if it is a False decode or not.

One thing to keep in mind is that JTDX requires a lot of CPU power, and there WSJT-X is currently well ahead. In the future, if JTDX will implement so called early first pass decoding, then JTDX will be more or less equal in this area too. JTDX can use much more available CPU power ( configured thread count ) . In other words, if you are using a PC with a large CPU power, you will be able to decode more than WSJT-X.

To add to the difference in decoding capabilities, in general even more important difference from WSJT-X is Notification/Autoseq/Autoselect part of program.
For many people, I suppose, WSJT-X is not useable  as stand alone program, there no B4 control at all, only some indication in CQ messages display level, this can be used for selecting correspondent to answer, but also this is hard enough when You have 60 decodes in period.  To compensate for this, many people are using JT Alert at the same time.

With WSJT-X, working with CQ is completely without B4 control, only option is using answer to first (use Call 1st).
In short JTDX-s Autoselect function by priority system generated by Notification configuration and CQ directions is main advantage. See the image at the bottom for priorities. Not only when you receive a CQ call from the other station, but you can also easily see the status of the stations you receive.
You can see at a glance whether the stations are uncommunicated or already communicated with.


With JTDX, there is no need to manually rewrite Tx6 when issuing a directional CQ.   Ex. [CQ DX] [CQ NA]
The text you put in the box will be reflected in the Tx6. This prevents mistakes such as accidentally erasing part of the own station's call sign or adding a strange direction.
Also, the characters you put in the box will remain valid until you delete them, so there is no need to add them every time. Up to two characters are supported.


I recommend JTDX to all FT8 enthusiasts, especially 6m band enthusiasts to try JTDX. Your 6m DX life will change for the better.

"Since I have been using WSJT-X until now, I wonder if it is possible to keep communication records?"  You may be wondering. That can be easily solved.

The data folder of WJST-X is
C:\Users\[Your own setting]\AppData\Local\WSJT-X
After installing JTDX, the newly created data folder is
C:\Users\[Your own setting]\AppData\Local\JTDX


Copy and paste the two files from the WSJT-X data folder into the JTDX data folder.
They are wsjtx_log.adi and wsjtx.log.

For those who want to share JTDX and WSJT-X logs in the future, you can find a lot of information by searching for the keyword "hard link WSJT-X".

After you have started JTDX, you can configure the settings in JTDX. Here is a good site to check your grid. JTDX supports an 8-digit grid locator.


JTDX/WSJT-X can also support up to 10 digits by rewriting the ini file directly.
Example
[Configuration]
MyCall = JP1LRT
MyGrid = PM95tq47gc

In JTDX, QSO data can be sent to eQSL in real time.
The Reporting page has an item called [Enable eQSL sending], so if you configure it correctly, it will be possible.


In the Notifications page, you can configure more detailed settings than in WSJT-X. Please set it according to your own preference. The priority of the response when called by calling CQ is as shown. In addition, if a station of the same level calls, the LoTW user is given priority to answer.



I wish you to be able to QSO with more stations.

JTDX OFFICIAL SITE  https://www.jtdx.tech/en/

6m マルチホップEs2021年05月18日 19時31分50秒

今日は今年初めての北米とのQSOができました。


N4IIとKL7HBKの二局とQSOしました。

N4II -14送っていますが、直前は-1でした。

N4IIは 見えはじめの時に ON4KST CHAT で見えてるよ、呼んでるよ、とメッセージしたらコールバック 実力ではありません。(^_^;)  情報戦??

KL7HBKはコールをコピペしようとしたら誤ってクリック・・・ もう何回もQSOしているので DUPE QSO 御免なさいしておきました。これから毎日が楽しみです。


夕方西日本でChad  TT8SN局が入りました。私は昨年QSOしてます。Nicolasさんに、どう?日本開いているの?とメッセージを送ると、10局弱とQSOしたと。しかし会議のため一時間ほど離れるとのことだったので、知り合いでまだ交信して無い方々には一時間のQRXをQSPしました。
その後はオープンしなかったようですか。

常駐局なのでチャンスはあると思います。

6m ハワイまつり2021年05月10日 22時34分15秒

今日は6mでハワイまつりでした。

FT8ではB4な局はコールせず、FT4に出てきた所でQSO x2、初めてQSOした方 FT8 x2 でした。


その後中東方向がオープンしました。 A6 A4 は見えませんでしたが昨年QSOしcfm済みの 7Z1SJ が見えました。




私でもどかーーんと感じられるような大きなオープンが待ち遠しいです。


6m band FT8運用について(再掲載)2021年05月07日 12時10分28秒

一昨年の記事の再掲載です。


タイトルの件、私も含めて無線雑誌には、夏至前後のDXシーズンについて

マルチホップEsで入感する大陸超えのDXとの交信では、日本の局はTX/RXのシークエンスを合わせ、受信シークエンスで日本の局同士が強い信号で影響を与え合わないよう、原則として送信は 2nd, ODD(奇数秒), 15/45 のピリオドで行う

という自然発生した慣習を書かせていただいております。

原則ですので、反対側にでてきたDXをコールするのを止めましょうというわけではありません。

毎年5月から、マルチホップEsで北米、中央アジア、中東、ヨーロッパ、そしてアフリカまでが入感する可能性のある8月上旬までは、国内向けまたDX向けに関わらず、CQを出す際は「2nd, ODD(奇数秒), 15/45 のピリオドで行う様にご協力いただければと思います。

CQは応答があるまでの長時間出す方がほとんどです。その間仮に 1st、00/30側で出されると、DXの入感に備えて待機している場合、実際にDXが入っている場合ともに影響を免れません。
一方で 2nd, 15/45 でCQを出されていたとすると、応答があったとして影響は最短で1分チョットです。

この時期だけ奇数側 2nd 15/45 と言っても無理だと思い、私はCQ誌の別冊付録で 「CQは原則 2nd  ODD(奇数秒) 、15/45で出すことを強く推奨します」と書きました。普段からこの習慣がついていれば意識しなくてもできるからです。

実際、何もオープンしていない時はどちら側で出しても何の影響もなく、DXerと呼ばれる方々も時には 1st, 00/30 で国内向けCQを出されます。しかしこれはコンディションを把握した上でのことであって、何も考えないで出しているわけではないはずです。 オープンに気がついたらすぐに 15/45 にシフトできるのであれば問題はないでしょう。 

私はDX至上主義ではありません。しかし 6m bandの特性を考えれば、DX、特にマルチホップEsで入感する超遠距離のDXは保護してしかるべきであろうと思います。

昨年の FT8、また2017年のJT65の運用においても 「JAは2nd 」とという慣習が守られてきました。 この慣習は欧米で広く認知されています。 今年も皆さんのご協力の下、私も含めてできるだけ多くの方が、普段できないような超遠距離DXとの交信を成功するように祈願しております。


JTDXは15/45 に、WSJT-Xは TX even/1st にチェックマークを付けないようにしてください。

WSJT-X

JTDX



50.323MHz は大陸間通信専用です。国内や近隣諸国との交信には使わないでください。


画像は OE4VIE Joさんに作っていただきました。 2021年用は?と尋ねたところ、もう結構広まったからいいでしょう、とのことでした。 (^^)

50.313MHz   FT8運用の標準周波数

        
50.323MHz  大陸間のDX通信専用周波数  
        国内通信や近隣諸国との交信には用いない

50.303MHz  日本国内で運用実績のある「日本国内通信用周波数
        標準周波数がDX通信などで混雑してきた場合の代替周波数。
        ただし米国を中心に ALL DX  用として提唱されているて、標準周波数
        が混雑した場合に、近隣諸国も含めて全てのDX通信に用いる、とあるので
        DXが出てきて混乱することもあるかもしれませんが。


FT8が混雑してきた時、ぜひ 50.318MHzのFT4を覗いてみてください。そこそこ局がいて結構スムースにQSOができます。

NO DUPE QSO2021年05月07日 00時52分49秒

With the start of the 6m multi-hop-Es season, I'm getting signals from familiar faces overseas.

As a my rule, I don't call stations that I have already made a QSO with, so-called B4. This is because I don't want to take away chances who are new to them.

However, there are some people who like to show off their equipment by making a "Greeting QSO" every year.

They want to check that their signal is reaching. ・・・・

UT7QF Igor from Ukraine wrote to DX CLUSTER as below.
0531 UT7QF 50313.0 JASTATION PSE NO DUPE
Well, I guess that's normal.

Some people make the excuse that they "Collecting the grid locator for that year every year."
But as far as I know, they have never submitted the log. In the end, I guess they just want to get in the way of others.

It is okay to call to let people know that conditions are open when no one is calling. It can be as many times as you want. I just don't do it because it's pointless with my poor equipment.

マジックバンドの始まり2021年04月27日 11時19分36秒

今日の6m は近隣諸国、国内がよく開いています。

DX Clusterに NH6Y がSPOTされたので、スキャッターでもあるかなと思って東向けでCQを出したら呼ばれました。 何度かQSOしていたので私からは見えてもコールはしなかったとは思いますが、呼ばれると嬉しいですね。

シーズンがいよいよ開幕ですね。





CQ ham radio 2021年5月号 別冊付録 50MHz帯をまるごと楽しもう!2021年04月20日 09時24分10秒


タイトルの5月号は昨日発売になっています。

なかなか読みごたえのある記事が載っています。

しかしながらTwitterで批判的なことをTweetしている方もいらっしゃるようで、私はフォローしていませんがこの人がこんな事をTweetしているとお三方からメッセージが来ました。第2章 これから“旬”を迎える50MHz帯の知識と運用術 に関することです。

どれどれとその当該Tweetを拝読いたしますと・・・  なるほどねぇ・・・。 まあその事はどうでも良いのですが一般的なことを少し。

まずCQ HAM RADIO という雑誌は日本国内の出版社が、日本国内のアマチュア無線家をターゲットとしています。HL/BV/BYで読んでいる人がいることを前提として書いていないはずです。日本はアジア極東地域にあるのは言うまでもありませんが、ターゲットが 「JA」 の局なので HL/BV/BY についての事は触れず、読者にストレートに響くようにあえて 「JAは」 と書いていると私は理解しています。 我々JAは「とりあえず」で良いので15/45と理解すれば間違いはないのです。 当然の事ですが HL/BV/BY もアジア極東地域の国ですから、「大陸間通信」で他大陸とのQSOをする場合はこの原則にそう事になります。 EU にも沢山の国がありますが、当然ながら対アジア局との通信は 00/30 にピリオドを合わせてQSOを行っています。 考えれば分かることだと思います。 記事を書いた方はそのへんの事を精査して記事を書いているはずです。雑誌の記事はそのターゲットとしている読者がより理解しやすいように書くのが鉄則ですから、大陸対大陸の話を書くより、ストレートに「JAは」と書いたほうが読者に響くのは当然のことではないでしょうか。

私もこのブログで
上記のような記事を書かせていただいております。 この中にもありますが、「自然発生した」習慣で、皆が互いにQRMにならないようにスムースにQSOが進むようにという、多くの方の利害が一致した結果の習慣です。

これはアジア ヨーロッパ 米大陸を含め広く認知されています。各地で同じように利害が一致した結果です。

EU   00/30、 アジア 15/45 が基本です。
米国は広い国土なので東部が 15/45 、これはEUとのオープンの機会も多いので EUが 00/30 に出るために自然とそうなったのだと思います。 西部が 00/30 です。

米国内しかオープンしていなかったのに、突然米国西部からEU、米国東部からアジアにオープンした場合はどうなんだ、という疑問をお持ちの方もいるかも知れません。しかしそこは皆工夫していますので何も問題はありません。 オープンした直後は混乱します。それは当たり前です。 しかししばらくすると大陸間の通信の原則に収束します。米国内しかオープンしていなかったのに突然EUやASが開いた場合、対EUでは西部が15/45に、対ASでは東部が00/30に移って収束します。大陸間通信の原則に沿うということです。

例えば米国東海岸の局が 15/45 で突然JAに入感した場合、当然ながらJAは00/30でコールし始めます。しかし不思議なことにしばらくすると東海岸は00/30に移り、日本も15/45に移って収束します。ここ数年の傾向を見ているとそうなってています。

シークエンス、ピリオドを揃えるという工夫は言わずもがなEME運用から来ています。その有効な習慣を6m FT8 DXに応用したという事です。

50.323MHzの大陸間通信専用QRGは当初から存在したか。
答えは 「NO」 です。
2018年のシーズン前に2017年の事を踏まえて、手前味噌ですが私が色々働きかけて実験にこぎつけました。323を定着させるためにどれだけ各方面とやり取りしたか、今となっては懐かしいです。。 WSJT-Xの K1JT Joe氏を始め、W EU の6m関連団体、名だたるDXer、QSTの6mコラム担当者などつたない英語で意図を伝え、ようやく周波数も決め
実験を開始したのですから。 
実験開始から3年目の昨年、ようやく花開いた感があります。 今年はすでに多くの方がご存知でしょう。

しかし記事の写真を撮ってTweetとともに載せるってのは著作権的には・・・ 以下省略。

QSLは正確に2021年01月24日 06時44分46秒

非常に恥ずかしい気持ちになりました。
私の台湾の友人、BV3UF Yangさんが2m でJAとQSOして送られてきたQSLカードを嬉しそうにFaceBookのご自身のタイムラインに写真を並べていらっしゃいます。

しかし・・・  なんとと不備の多いことか。

1.BAND表記なのに144としか書いていない。その単位は必須です。この場合は MHz。

2.QSOモードに2wayまたは 2x という記載がない。

3.QSO時刻にどこの時間か表記がない。(海外局との交信なのにJSTなカードが沢山。)

4.SSBの交信なのにレポートが599

5.何よりも一番恥ずかしいのはBV3UFのコールサインを間違えて書いてある。

不備ではないけど外国局宛のQSLなのに日本語オンリー。住所の市をsityと書いてある。3.にも書いたけど時刻がJST。

自分が発行するQSLの正確性に無頓着なのだろうか・・・ 喜んでいる彼にとても申し訳ない気持ちになってしまいました。