トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

JTDX 日本語選択可能版 先行公開2020年03月23日 21時29分01秒

JTDXユーザーの皆さん、そしてWSJT-X、MSHV愛用の皆さん、この度JG1APX 飯泉さん、JA2BQX 太田さんのご協力のもと、JTDXの日本語選択可能版作成のお手伝いをさせていただきました。作者である UA3DJY Igorさんのご了解をいただきまして JTDX 2.1.0 -rc149_3 日本語選択可能バージョンをお試しいただけることとなりました。
JTDX 2.1.0 -rc149より正式にマルチラングエッジ化となる予定です。現在はテストバージョンですので自己責任でお試しください
ソースからの組み立ては JA2BQX 太田さんにお願いいたしました。また公開ページも太田さんにご用意いただいております。ありがとうございました。

私はソフトウェアの専門家でもございませんし、翻訳家でもございません。至らない部分もたくさんあるとは存じますが、無償のソフトウェアであるということでご容赦いただけたら幸いです。

英語版はとっつきにくい、分かりづらいという方もいらっしゃるかと存じます。皆様のお役に立てれば嬉しく思います。

また「この部分はこう訳したほうが良いのでは?」等のアドバイスも是非頂きたく思います。よろしくお願いいたします。
日本語翻訳ソースファイル作成に当たり技術的なアドバイスを頂きました JG1APX 飯泉さん、JA2BQX 太田さん、ありがとうございました。

なお各人の環境によるかもしれませんが、推奨フォントサイズは「9」です。それより小さいと見づらくなり、それより大きいと文字がはみ出してしまうかもしれません。ご了承ください。テストバージョンですので現時点では日英のみ選択可能となっております。また「全角文字」を日本語で使用しておりますので、キーボードのショートカットがほとんど使えなくなっております。英語版でご使用になられていた方にはご不便をおかけいたしますが、ご理解いただきたく思います。復活させる手立てもございますが、表示スペースの問題もありご確約はできませんのでご承知おきください。



オリジナルの英語から日本語に切り替える際、このような表示になりますが、これはプログラム側の設定エラーです。正式リリースの際には直っていると思いますが、今回の149_3ではこのまま「はい」をクリック願います

de JP1LRT 津久浦


JTDX 日本語化2020年03月22日 14時40分55秒

JTDX開発チームでは、次のバージョン rc149 からマルチラングエッジ化を行う予定です。

日本語訳をJA2BQX太田さん、JG1APX飯泉さんにご協力いただいて作成いたしました。
まだまだ完璧ではありませんが、有償でもありませんし専門家・翻訳家でもありませんのでおかしな所はお許しください。 (^_^;)

こんな感じになります。





50MHz FT8 運用をする皆さんへ2020年03月19日 12時47分39秒


そろそろ準備、今年の50MHzのDXシーズンに向けての啓蒙活動。 (^^)

50MHzでFT8を運用する皆さん、昨年の記事ですがお読みいただけると幸いです。画像は OE4VIE Joさんに作っていただきました。



FT8愛好家の皆様へ2020年03月16日 11時08分55秒

全てのFT8愛好家の皆様へ
1.必要に応じてご自身が使用しているソフトウェアをアップグレードしてください。

この機会に是非ご自身が使用中のソフトウェアが最新版か確認しましょう。
 
   JTDX      http://www.jtdx.tech/en/
   MSHV     http://lz2hv.org/mshv
 
WSJT-X は 2.1.2、 JTDX は2.1.0-rc148、 MSHV は2.36  
(2020年3月16日現在)

それぞれのソフトウェアには32bitOS用と64bitOS用がありますので、ご自身のOSに適したものをイントールしてください。

2.交信の完了には "73" が必要だと頑なにおっしゃる方がいらっしゃいますが、 "WJST マニュアル" には以下のような記載があります。 
 
[If you have received RRR — that is, a definite acknowledgment of all of your information — the QSO is “officially” complete. However, the other station may not know this, so it is conventional to send 73s (or some other conversational information) to signify that you are done.]

もし貴方が RRR を受信したならば、すなわち全ての情報を確認した場合、QSOは公式には完了です。しかし相手方はこれを認識していない可能性があるため73(または、その他の情報)を送信して、完了したことを示すのが一般的です。

ということですので、RRRやRR73を送受した場合には、私はログに交信を記載します。

3."Enable PSK Reporter Spotting" 機能を有効にしましょう。

もし貴方がPSKR MAP  https://pskreporter.info/pskmap.html
を使ってFT8を楽しんでおられるのでしたらば、ご自身が受信した局の情報も「ギブアンドテイクの精神」から送信するようにしましょう。
ご自身の環境にインターネットがない、インターネットがあってもパケット代金が高い、またはPSKR MAPは使わないという場合には機能を有効にする必要性はありません。

詳細は

4.FT8等のデジタルモードで発行されるQSLのレポート欄について

私は気にしすぎなのかもしれませんが、「RS」「RST」欄にただ単に 「-05」等の数字が「単位」も示されずに記載してあるカードを見るとちょっと気になってしまいます。FT8等のデジタルモードで交換されるレポートは"SNR (dB)" です。ご自身の発行されるQSLにはどのように記載されますか? 私は RS/RSTではなく SNR として、単位の dB も明記しています。



5. Grid Locator
ソフトウェアへ入力するご自身のグリッドロケーターは、最低でも6桁で入力しましょう。 PSKR MAP を見ると、4桁の方は海上に位置が示されていたりします。JTDX は8桁のグリッドロケーターの入力に対応しています。8桁まで入れれば PSKR MAP で他局と自局の位置が重なるようなことはありません。自分のグリッドロケータは 


このサイトで調べることができます。

さらにWSJT-X も JTDX も自身のグリッドロケーターを10桁で表示することが可能です。そのためには ini ファイルをテキストエディターで編集する必要性があります。

[Configuration]
MyCall = JP1LRT
MyGrid = PM95tq47gc


6. 50MHz FT8 運用には気をつけていただきたいことがあります。

を御覧ください。

To all FT8 enthusiasts2020年03月10日 13時16分54秒

To all FT8 enthusiasts

1.Please UPGRADE your software.  Let's make sure your software is up to date.
 
   JTDX      http://www.jtdx.tech/en/
   MSHV     http://lz2hv.org/mshv
 
2.Some people says that "73" is required to complete QSO. But "WJST MANUAL" says that...
 
[If you have received RRR — that is, a definite acknowledgment of all of your information — the QSO is “officially” complete. However, the other station may not know this, so it is conventional to send 73s (or some other conversational information) to signify that you are done.]
 
So I will log if I will receive or send "RRR" or "RR73". If you are concerned please contact me by e-mail after the QSO.
 
3.Please enable "Enable PSK Reporter Spotting" function. If you use PSKR MAP, let's provide your information in the spirit of give and take.
 
4.How do you describe signal report in your own QSL?

I may care too much, but I try to include the report with "SNR (dB)" instead of "RST". I am adjusting the format. But I think it would be OK to correct the handwriting such as SNR instead of RST, and add units to the numbers shown.

 

5. Grid Locator

Your grid locator should enter at least 6 digits into the software. JTDX supports up to 8 digits. You can find your fine grid locator on this site. http://www.k7fry.com/grid/
Both WSJT-X and JTDX users can display a grid locator of up to 10 digits on the PSKR map by editing the ini file.

Example.
[Configuration]
MyCall = JP1LRT
MyGrid = PM95tq47gc

 
 
And for 6m lovers, please visit my proposal web page about FT8 DX QSO.


VP8PJ ログサーチ2020年03月08日 09時42分13秒

運用も終わりログがアップロードされたということで確認をしてみました。



唯一の交信は30m band FT8でしたが、無事ログに載っていました。良かったです。(^^)




VP8PJ2020年03月02日 21時57分31秒

なかなかチャンスのなかったVP8PJ、本日夕方30m FT8にてやっとできました。

他のバンドは諦めています。 (^_^;)


エンボッサー2020年02月28日 12時32分26秒

台湾の友人 BV3UF 楊中文 Yangさんからプレゼントを頂きました。

エンボッサーです。 QSLカードにエンボス加工を施せます。

Yangさん、ありがとうございました。(^^)







やってしまいました(^_^;)2020年02月22日 16時10分15秒

やっちまいました(^_^;)

6m SSB で話しながらJTDXを起動したら、いつの間にか50.313MHzになっていて・・・

20秒くらいそこで話ししてました(^_^;)


その時間帯50.313MHz をモニターしていらした方、すみませんでした・・・ ごめんなさい。



まもなく公開 JTDX-2.1.0-rc1482020年02月21日 08時37分30秒

日本時間2月22日午前2時頃を目処に公開の予定です。







今回の変更点は。

rc148 changelog versus rc147:
- reordered launching of threads in FT8 decoder
- minor changes to Spt/Menu controls view, reversed broken Pwr slider appearance
- 'fusion' is set as default JTDX style, '-style=windows' key in JTDX launching shortcut will switch 'fusion' style off
- crossband 160m band operation with Japan is moved to option for all scenarios but EU-JA QSO, by default crossband is enabled, can be switched off in Misc tab of main window UI
- patch to possible marker misalignment in QSO RX frequency messages window triggered at double click on message
- messages like '73' shall not be treated as 'reply to other' while correspondent using multislot transmission
- prevent calling on Fox frequency when user resuming TX after three unsuccessful TX attempts
- added optional broadcast of logged QSO ADIF message to secondary UDP server, the same message format as in WSJT-X being used, controls are in 'Reporting' tab of configuration settings, same message format as in WSJT-X is used
- 'Logged ADIF' UDP message addressed to primary UDP server now is optional, can be activated in 'Reporting' tab of configuration settings
- main frequencies introduced, marked in frequency list by asterisk. At mode change JTDX will be selecting main frequency rather than Fox frequency.
  Some frequently used DXpedition frequencies added as default values in the frequency list. Main mode&band frequencies can be deleted by user, 'reset frequency list' will recover default frequencies
- six-pass SWL option is withdrawn from FT8 decoder
- implemented up to 3 cycles of FT8 decoding (each cycle has three decoding passes, six-pass SWL mode was two cycle decoding), one cycle is set by default, two or three cycles can be activated independently for operation and SWL modes.
  Withdrawn multicycle FT8 decoding dependency on number of running JTDX instances. Still there shall be more than 3 threads used in FT8 decoder to get multicyle decoding active in SWL mode.
- Hint button shall be switched on in FT8 mode by default(first launch of JTDX or if .ini file is deleted)
- automatic FT8 decoder thread selection shall spare one thread to other tasks if CPU has more than 2 logical cores. If user sure in flawless CPU & software functionality he|she can bring back decoding time selecting manually number of FT8 decoder threads equal to number of CPU logical cores.
 - FT8 decoder AP masks related code cleanup
- main window UI: CAT recovery button is moved up close to frequency label, minor changes to top/right side buttons allocation
- thinning FT8 candidate list based on the sync pattern quality: 3..15% decrease of decoding time of FT8 interval
- upon accepting configuration settings JTDX shall retain current VFO frequency if it matches to a frequency in the list, else shall set main mode&band frequency
- patch for counters when doubleclicked on call which is not in history (no CQ or 73 like messages received from this callsign), first counter did not work in such scenario
- ALLCALL7.TXT is now being used for filtering false FT8 decodes with support of 7-char Australian callsigns, ALLCALL.TXT is not used anymore
- filtering false decodes: faster callsign search in the ALLCALL7 based list via block data access
- added checking for false FT4 decodes starting from "TU; "
- added SNR and DT criteria for checking FT8 false decodes containing " R "
- one more attempt to eliminate 'CQ DE AA00' false FT8 decode, it was likely coming from OSD decoder with AP mask in presence of strong signal on the band
- LoTW users list is updated, cty.dat file is updated to version CTY-3004
- ALLCALL7.TXT is updated to 111851 callsigns
- rc148 is built with modified Hamlib code v20200123

となっています。