画像QSLカード 0928-1010p2016年04月26日 09時47分03秒

Hamlogからデータを引っ張ってきて、交信データを電子画像QSLに変換するソフトウェアがあります。

0928-1010p というソフトウェアで JH3ECA 中島さんが配布してらっしゃいます。
ダウンロードは http://jh3eca.huu.cc/からのリンクで可能です。

私自身は電子QSLは eQSL を愛用しておりまして、QSLの電子化には大賛成です。
このソフトウェアも、電子化への後押しになるかと思い大変素晴らしいものだと思っております。

Hamlogからデータを移入するとはいえ、そのデータの表記にはかなりの自由度があり、ユーザー自身でほぼ全ての項目が変更可能となっています。 Hamlogの表記のまま発行すると「不備扱い」されることもありそうなので幾つか注意点を僭越ながら書かせていただきます。

まずは JH3ECA中島さんのページに表示されている画像です。リンクでご参照ください。
http://jh3eca.huu.cc/160107-075052.jpg
これが Hamlog からデータを引っ張ってきたデフォルトの状態です。

しかしこのままでは問題がありますので以下の点についてユーザー自身が修正をする必要があります。実際私にも届いた画像QSLをもとにしたはなしです。


1.交信周波数について
 多くの方が BAND と表記し、数字だけの画像を送ってきています。
 BAND は周波数帯を意味しますのでその単位が必須となります。
 MHzなのか GHzなのか、はたまた波長表記の m なのか cmなのかを
 明示しないQSLは不備として扱われることもございます。10MHzなのか
 10mなのかわからないという事態も発生します。 ご理解いただいている
方は MHz と単位を添えていらっしゃいますし、中には BANDではなく
MHz と単位をタイトルにされてらっしゃる方もいます。 もし BANDという
タイトルを使うのであればその単位も必要ですので訂正をお願いします。

2.交信時間について
 ほぼ全ての方が J と付けて発行していますが、これは完全なる誤りです。
 Hamlogでは 「便宜上」 JST を J と表記していますが、これはあくまで便宜上
 です。 J というタイムゾーンは世界に存在しません。 日本時間は India 、
 つまり I time zone ですので、 I  と表記せねばなりません。 しかし多くの方が
 日本が Iタイムゾーンであることをご存知ありませんので、無難に JST と表記
 するほうがいいでしょう。
 なお、 UTC を U と省略するのも誤りです。 U time zoneはアラスカ時間です。
 詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.timeanddate.com/time/zones/


3.相手の了解度と信号強度の項目について
 これも Hamlogの表記である His をそのまま使っている方が多く存在します。
しかしHis の意味は「彼の」ですので、ご自身がログを付ける際には「相手の」
 RS RST RSV , JT65等では受信したレベルを入力します。ログを付ける人にとっては
 「相手の = His」 であっても、そのままの表記でQSLを発行すると、受け取った人
には本来の「His」の英語の意味からすると「意味不明」状態になってしまいます。 
ここを理解している人は 「UR」 と直して発行しています。でも分かりやすいのは
やはりタイトルにはその交信に用いたレポート交換が何であったかを入力すること
でしょう。ですのでタイトルを「RS」や「RST」と直したほうがFBかとも思います。 
eQSL の様に 「UR Sigs」 を使うという手もあります。
少なくとも 「His」 というのは英語の意味から言っても誤りです。

以上です。




せっかくの素晴らしいソフトウェアですが、それで発行されるQSLに不備があったのでは残念です。ほんとうに残念です。このお話は作者の中島様とも共有させていただいております。

コメント

_ 佐藤國夫 ― 2016年05月04日 12時41分43秒

JA7FKF 佐藤です。

時々、のぞかせていただいています。ありがとうございます。

記事に記載されているアドレスからサンプルを覗かせていただきました。記事の内容に同意します。

併せて、気になった点は
1.URCALL たぶん、これはコールサインに置き換わるのでしょうが、最近「Callsign」を「Call」とのみ表現しているのが気持ち悪いです。HAMLOGを始め、他のAPPもそのようにですし、CQ出版が発行しているログブックも同様です。「呼出符号」と「呼」を明確に使い分けしている欲しいものと思っています。
また、「ToRadio」ではなく、「To Radio」と間に空白が必要です。

2.レポート欄 サンプルでは、「-15」としていますが「-15dB」と書くべきと思います。「dB」がないと何で評価したレポートか不明です。タイトルも「His」を「Ur」に直したとしても、これだけでは不足で「Ur Report」ですね。正しくは「Ur signal report]でしょうが。

全て、少しはよくなっていただきたいための親父の「小言」です。 Hi

_ JP1LRT ― 2016年05月04日 12時55分17秒

JA7FKF 佐藤さん、コメントありがとうございました。 URCALL ToRADIO 、仰るとおりですね。dBの件もしかりですね。私ももしこのソフトウェアを使うとしたら、やはり訂正して使用します。(^^)

_ (未記入) ― 2017年02月19日 09時45分47秒

当該ソフトの情報を探していたらたどり着きましたので、ひとことお許しください。

HFでデータ通信を開始してからというもの、"0928-1010p"の洗礼をさっそく浴びております。

私は私用メールを一括管理していて、外出先でもメールが読めるよう、スマホに同時転送を行い、さらにバックアップアカウントに保管しています。契約ごとが多いので仕方がないです。

自分のシャックを長々と紹介したり、運用面のご自身のポリシー、JARL脱会の経緯、eQSLやLoTWの利用を強要している文章など、最後まで読まないと、何を要求されているかは分かりません。それが、QSOが終わって間もなく届きます。

また、白地の画像に白文字で書かれても判読不可能です。いらっしゃるのです。ファイルサイズの大きなビットマップを添付されたりします。転送先のスマホにも届いてしまいます。

利用されるのは構わないのですが、あまりにも0928-1010p利用者のみなさまのマナーが悪すぎるので、私はぜんぶスパム処理するようPCの設定を変更しました。

ちなみにログはeQSLに定期的に転送、LoTWにもライセンス確認作業依頼中です。紙QSLカードも申し出がなければ全局送付しています。

これでは0928-1010pはスパム製造装置です。実際Gmailではスパム処理されているのを利用者のみなさまはご存じない・・・でしょうね。

愚言を申し上げ失礼いたしました。

_ JP1LRT ― 2017年02月20日 13時32分38秒

確かにいきなり送りつけることに関しては同意です。
ですので実際私も使用していません。というかeQSLで十分ですので。このソフトウェアの意義は「画像データでQSLを作成することができる」ということにあると思います。その画像データを実際相手の同意なしにメールで送ってよいかは別問題。同意があればいいでしょう。
電子化は今後進むと思いますが、メールでのいきなり送信は避けなければならないと思いますし、問題にもなるかと思います。
このソフトウェアを使いこなせるのであればeQSLも使えるはずですし、サーバーにプールして必要ならばダウンロードするという手法のほうが受け取り手には優しいですね。

ソフトウェアに問題があるのではなく、その使い手に問題があるというのが私の認識です。

_ JQ1MSQ 遠藤 ― 2017年02月20日 23時28分43秒

名前欄を失念いたしました。JQ1MSQ栃木・小山、遠藤です。失礼いたしました。

JT65/JT9が大はやりの昨今で、交信している相手が、オールオートパイロットのプログラムではないかと錯覚するときがあります。

それで、QSO後、即E-mailはちょっと勘弁してほしいです。サーバをいじって、受信アカウントを分けて受信するようにはしたのですが。

0928・・開発者さんの発想はいいところがあるとは思います。ユーザーのマナーの問題はeQSL.cc、QRZ.com、LoTW・・・どんな仕組みでも同じことだとは思います。開発者さんは責められないです。

かなりご高齢の方も、年金削ってQSOを楽しみにされている方もいらっしゃいますので。PCが不慣れな・・・かつてテクノストレス症候群が流行った時代の方・・・まったくQSLイメージの送付がダメだとは言えないです。言えないのですが。困ったものです。

愚考にご返信ありがとうございました。

_ 須賀 ― 2017年12月10日 23時58分31秒

0928-1010p_Ver2016.10.09
アンテナauto-set 3.5#7.0#14#18#21#24#28#50#144#430#をハムログ交信データからQSLに記載しるほ方法を教えてください。

_ JP1LRT ― 2017年12月24日 01時59分34秒

須賀さん 私に聞く話ではないと思いますが。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
管理者のコールサインは? 小文字で。My callsign? Small leter only.

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jp1lrt.asablo.jp/blog/2016/04/26/8079626/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。