泉州サバイバル2016年11月12日 22時10分19秒

真っ盛り。

http://www.jarl.com/jg3yip/kontesutokiyaku.html

2m SSBは隙間なく皆さんが出ています。

私は既に皆勤賞ではなくなっているのでモチベーションが上がらず・・・

適当にCQ出したり呼んだりです。

2mのSSBは 144.1MHzから144.5MHzまで出られますが、東京で聞いていても 144.35MHzより上でCQを出している人はほとんどいません。

一方で 2m では EMEをやるひともいます。

「144.10MHzから144.20MHzまでの周波数は,外国のアマチュア局と月面反射通信にも使用できる。」

とあり、実際にこの泉州サバイバルの期間にもEMEをやってらっしゃる方がいて、SSBのQRMに悩まされているそうです。

今年はまあ仕方ないにしても、来年以降は 144.2MHzから144.5MHz でQSOをするとしてはいかがなのかなぁ・・・と思います。 範囲を限定しても問題ないと思いますし、同じバンドを楽しむ他のモードの方に配慮もできますし。
JARLのコンテスト周波数 「144.250-144.500MHz」 にしても良いかと思います。

事務局にログ提出時に提案をしてみたいと思います。(^^)



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
管理者のコールサインは? 小文字で。My callsign? Small leter only.

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jp1lrt.asablo.jp/blog/2016/11/12/8247071/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。