QSLへの相手局運用QTHの記載について2022年11月22日 12時28分59秒

紙製のカード、hQSLで相手のコールサインの後に相手のQTHを表記している方が沢山いらっしゃると思います。
PhoneでのQSOやCW/RTTY/FT8等で相手が自局QTHをアナウンスした場合は「正しい相手QTH」を表記できると思います。

しかし相手のQTHを確認できない交信の場合はどうでしょうか?
以下のようなケースが考えられます。

1.同じコールサインで複数免許を持っていてそれぞれがQTHが異なる。
 移動局と固定局でQTHが違う場合は多々あり、どちらから出ているか確認できない
 場合。(FT8等で違うQTHでも同じグリッドロケーターだった場合は判別不能)

2.コンテストの非常に短いQSOで相手がQTHをアナウンスしていない。(コンテストナンバ        ーがQTHを指す場合は除く)

3.過去には法的要件だったが、現在はその要件が外れている移動局の「/エリアナンバ   ー」付加をしていない局。

4.Turbo HAMLOGの環境設定で「過去のQSOからQTHをコピー」が有効になっている
  場合で、転居したのに過去のQTHが反映されてしまう。

その他のケースもあるかもしれませんが。

そもそも自局が発行するQSLは、自局がある局とQSOしたことを証明するものであり、「相手の運用地を証明するものではない」ので、本来はQSLに記載する必須条件ではありません。相手がどこで運用したのかが「確実に判明している場合」を除き、「誤った情報を記載してしまう可能性がある」という事を頭の隅においておかねばならないと思います。

受け取ったQSLには私のQTHを記載しているものとされていないものがあります。 たまたま私は移動局免許も固定局免許も同じQTHで受けていますので一緒です。しかし先にも書きましたように違うQTHで免許されている局もいます。 注意が必要だと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
管理者のコールサインは? 小文字で。My callsign? Small leter only.

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jp1lrt.asablo.jp/blog/2022/11/22/9542854/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。