こんな事を許してよいのか?2022年05月12日 13時29分13秒

小池都知事は目先のことしか考えていない。 断固反対です。


東京都、新築一戸建てに太陽光発電パネルの設置義務化 全国初、年度内にも条例制定へ

さあ 始まる。 太陽光発電システムとの戦い。2021年12月27日 01時19分37秒

近隣100m 圏内の新築、建て替え物件に「太陽光発電システム」が設置することが判明しました。

私は先方に問い合わせをしましたが、正規なルートではない方法で設置をすると聞きました。

私は泣き寝入りは絶対にしません。  設置するな、ではなくてちゃんと対処してくださいなのです。

それができないメーカー、設置業者、はたまたハウスメーカーはなんなの? と思います。

楽しみです。 もちろん不安もありますけどね。



太陽光発電システムからのノイズで悩まないために2021年11月26日 18時32分10秒


ご近所を散歩するようにしましょう。特にご自宅から100m以内を。

更地を見つけたら一大事です。新築のお宅に太陽光発電システムがついてしまうかもしれません。

不動産屋の看板、ハウスメーカーの看板、建築許可票などがあればすぐに問い合わせをしましょう。

問い合わせる内容は 「太陽光発電システム」の有無です。

なしということならばひとまず安心。 後付される可能性は既存のお宅にも当然ありますが。

付けるとなったら交渉開始です。
アマチュア無線をやっていること。微弱電波を追いかけていること。ノイズが出ると無線ができにくくなってしまうこと。メーカーによっては対策が難しいので無線局の100m以内への設置は避けるように指示しているメーカーもあること。等を伝えます。

「付けるな」ではなくて、「付けるのであれば徹底的な対策をお願いしたい」ことを伝えます。建ててからの対策は難しいので、建築前にできるだけの対策を検討してもらい、それを実施してもらいます。


法的根拠は

電波法第82条
(免許等を要しない無線局及び受信設備に対する監督)
第八十二条  総務大臣は、第四条第一号から第三号までに掲げる無線局(以下 「免許等を要しない無線局」という。)の無線設備の発する電波又は受信設備が 副次的に発する電波若しくは高周波電流が他の無線設備の機能に継続的かつ重大 な障害を与えるときは、その設備の所有者又は占有者に対し、その障害を除去す るために必要な措置をとるべきことを命ずることができる。
2  総務大臣は、免許等を要しない無線局の無線設備について又は放送の受信 を目的とする受信設備以外の受信設備について前項の措置をとるべきことを命じ た場合において特に必要があると認めるときは、その職員を当該設備のある場所 に派遣し、その設備を検査させることができる。
3  第三十九条の九第二項及び第三項の規定は、前項の規定による検査につい て準用する。


電波法第101条
(無線設備の機能の保護)
第百一条  第八十二条第一項の規定は、無線設備以外の設備(前条の設備を除 く。)が副次的に発する電波又は高周波電流が無線設備の機能に継続的且つ重大 な障害を与えるときに準用する。 


太陽光発電システムは「無線機以外の設備」に該当します。


稼働時のノイズ確認実験をしてもらうようにします。ノイズ発生の際はメーカー技術者による徹底的な対策を継続して行ってもらうようお願いします。

一方的に泣き寝入りする必要はありません。設備にそれなりにお金もかけてますし、第一に情熱をかけている趣味ですので。

ハウスメーカーによっては各地ですでにこの件を経験しているので、意外とスムースに話が進むかもしれませんが、知識のないメーカー、ローカルな建築屋さんなどでは理解してもらうまで時間がかかるかもしれません。


繰り返しなりますが、「私達が一方的に泣き寝入りする必要はありません」。きちんと対処してもらうことと、そういう問題があることを認知してもらうことがご本人にとっても、また他のこれから問題に遭遇するかもしれないアマチュア無線家のためにもなります。



**ですか?2021年09月28日 23時39分59秒




耐用年数を超えたパネルの処分方法はどうする。
火災の際に感電の恐れがあるため消火活動ができない場合がある。
高周波ノイズの規制がない。(自主規制だけ)

やるならば全ての問題をクリアーにしてからでないと、引退後にもずっと言われると思う。
Twitterやっていて賛同していただける方、リツイートお願いします。

再びやる気が出てきました2021年04月01日 11時06分36秒

しばらく更新していなかったソーラー発電絡みのノイズ問題、また記事を書く気が湧いてきました。少しずつ書いていこうと思います。

電波法第82条 

(免許等を要しない無線局及び受信設備に対する監督)
第八十二条  総務大臣は、第四条第一号から第三号までに掲げる無線局(以下「免許等を要しない無線局」という。)の無線設備の発する電波又は受信設備が副次的に発する電波若しくは高周波電流が他の無線設備の機能に継続的かつ重大な障害を与えるときは、その設備の所有者又は占有者に対し、その障害を除去するために必要な措置をとるべきことを命ずることができる。
2  総務大臣は、免許等を要しない無線局の無線設備について又は放送の受信を目的とする受信設備以外の受信設備について前項の措置をとるべきことを命じた場合において特に必要があると認めるときは、その職員を当該設備のある場所に派遣し、その設備を検査させることができる。
3  第三十九条の九第二項及び第三項の規定は、前項の規定による検査について準用する。


電波法第101条 

無線設備の機能の保護
第百一条  第八十二条第一項の規定は、無線設備以外の設備(前条の設備を除く。)が副次的に発する電波又は高周波電流が無線設備の機能に継続的且つ重大な障害を与えるときに準用する。

《PLC問題》 控訴審傍聴してきました2014年07月07日 18時16分17秒

本日14時からの控訴審、東京高裁で傍聴してきました。 傍聴というか訴訟団員なので原告席に座っています。

原告が提出した準備書類に対し、被告国側が反論の準備をしていませんでした。必要性を感じない等と言っていましたが・・・
審理は進まず・・・・ 次回の日程を決めて終えました。

次回は 10/6 15時からです。

《PLC問題》高裁第二回控訴審2014年04月16日 21時28分47秒


4月21日 14時から東京高裁 717号法廷にて第2回公判が
開催されます。
第2回公判ではPLCのノイズ妨害の実状について実験映像を
基にしたプレゼンを実施し、裁判長にPLCのノイズ妨害を説明します。
お時間の取れる方はぜひ傍聴にご参加頂きたいと思います

訴訟団に入っていなくても傍聴できます。ぜひお時間に都合の付く方は傍聴されてください。私たちアマチュア無線家が関心を持っている事を示すには多くの方が集まる必要があります。

都合がつき傍聴できるようになったという方は、訴訟団の方と同じく開廷30分前までに東京高裁7Fの待合室にお集まり願います。 

差し上げます2014年03月02日 10時30分53秒

購入してから一度も開封していない「電源ノイズを取り除く為」に 買ったけっこう大きな変圧器。欲しい人に差し上げます。重たいです。ダブルシールド型ノイズフィルター内蔵 電源変圧器 ST-1型 津田特殊電気株式会社製 容量は単相 0.5KVA です。
送料はご負担願います。 W300 x D350 x H380 重さは約 30kg です。


欲しい方はコメントかメールでご連絡ください。  多数の場合は抽選とします。
3/5をめどに一度締め切ります。

追記  嫁入り先が見つかりました。 (^^)

《PLC問題》東京高裁控訴審、第1回目公判 傍聴しました2014年02月28日 09時54分23秒

タイトルの件、2/26に行われた第一回控訴審を傍聴してきました。訴訟団からは私を含めて10人が出席しました。その他一般傍聴の方も5名ほどいらっしゃいました。ブログに記事を書いて良かったです。(^^)

詳しい報告は草野OMが書いていらっしゃいます。
東京高裁控訴審、第1回目公判報告

東京高裁控訴審、第1回目 意見陳述全容

OMも書いていらっしゃいますが、裁判官の方々は(女性一名を含む3名)最初厳しい表情で入廷されましたが、意見陳述の途中から徐々に雰囲気が変わってきました。それはそうでしょう。行政訴訟で高裁まで来る人達、どんな人達なんだろうと構えるのは当然です。しかし来てみたら、無線が好きで電波環境を守りたいというおじさん達。草野OMの意見陳述は裁判官の方々に響いたと思います。(おおげさでしょうか)

当初、第一回だけで結審し次回判決という控訴棄却も危惧されていましたが、OMの報告にあるようにちゃんと審理していただけそうです。良かったです。

次回公判は4月21日(月)14:00 717号法廷と決まりました。お時間のある方はぜひ傍聴にいらしてください。