MSHVとWSJT-X マルチストリームとF/H2024年05月28日 06時26分41秒

40m bandはレーダー波でぐちゃぐちゃ・・・  これでは FT4GL デコードできません・・・  しかし呼んでる局のこの固まり方は。

時々ワイドグラフ見て空いているところで呼んだほうが良いと思うんだけどなぁ・・・・ 「どこでも良い」に変更になったけどいまだ知らずにF/Hと勘違いしてる局に潰される可能性もあるし。
どこでも呼んで良い ってなってるけど 御本尊の真上で呼ぶってのはねぇ・・・ 未だにF/Hだと思ってる局が飛んできて潰される可能性があるのに。今回のFT4GLの運用で良くわかるけど結局多くの人が理解できていない。


パワーに任せて呼ぶばかり。【1000Hzより下はだめよから 【どこでもオーケーとなった途端、想像通り1000Hzより下に団子状態。時々送信を停止して、より空いているDFを見つけて呼ぶほうがいいのにと個人的には思います。
MSHVを使ってマルチストリーム運用をしている局に対して自分の使用しているソフトウェアをHoundモードにする必要性は100%ありません。空いているときであれば趣味でFoundにしても良いけど、混んできたら最初から1000Hz以下で呼んでいる局のQRMを受けるだけです。
理解しないでやっているから失敗が重なるんです。自ら自分のチャンスを捨てに行っているようなもの。F/Hで《引き込まれる》とかおかしな表現使ったりするのも理解していないから出てくるんだと思います。Houndモードの仕様で自らJUMPするのに。
WSJT-XのF/HとMSHVのマルチストリームは《似て非なるもの》です。WSJT-XのF/Hでは1000Hz以下のコールは無視されますから誰も1000Hz以下では呼びません。なのでコールバックがあったときにJumpしてそのDFに飛べばQSOが完了する可能性が高いのです。
しかしMSHVのマルチストリーム運用局は呼ばれるDFへの制限は一切ありません。1000Hz以下で呼んでも問題ないし御本尊より下のDFで呼んでも問題はないです。注意が必要なのは、最初から1000Hz以下で呼んでいる局がいるのでFoundにしてJumpをするとQRMを受けて未完了になる可能性があるという事です。
MSHVのマルチストリーム運用局を呼ぶコツは
1.御本尊の真上では運用しない
2.Houndモードにしない
3.とにかく空いているDFを見つける そして時々潰されてないか確認する
1000Hz以下で呼ぶときも《御本尊の真上では運用しない》は必須です。Houndモードにしてすっ飛んで来る局に潰されます。
---------------------------------------------
MSHVマルチストリーム局が何分裂までするかをよく見極めましょう。そして御本尊が出てくる可能性がある場所でコールをするのは避けましょう。《F/Hと勘違いしてJumpしてくる局に被されてしまう可能性があるから》です。コール開始前に空いているDFを探しましょう。開始後も時々被されてないか確認をしましょう。混んでいるときに、1000Hz以下で多数の局が呼んでいるときにHoundモードに設定するのは絶対に避けましょう。
---------------------------------------------
まあQSOできれば何でも良いのですが、パワー自慢の局が理解しないで運用するのは正直迷惑行為だと感じます。その局の自らの評価にも影響するのでスマートに運用していただきたいものです。


ALL JA コンテストに参加しました2024年04月29日 07時10分24秒

今年もALL JA コンテストに参加しました。

QSOしていただいた皆さんありがとうございました。またせっかくお呼び頂いたのにQSOに至らなかった皆さんごめんなさい。これに懲りずにまたよろしくお願い致します。

ハイライトを一つ。
今回のALL JAコンテストの最大瞬間風速の場面。アドレナリンが一番出た瞬間でした。



QSOの相手側の協力がなければできません。 ありがとうございました。

ワイドグラフを見ないでFT8を運用するなんて・・・2024年03月19日 10時24分51秒


FT8でCQを出していたら隣の区の方が反対側でいきなり他局をコールし始めました。



この方は以前も同様のことをしてきたのでワイドグラフを見ていないのかと訪ねたところ・・・

《私が使用しているPCの画面は小さくウォータホール画面を表示するスペースが無く貴方様を気づけず深く反省しております。 》

あり得ない言い訳をしてきたのです。FT8運用をするのにワイドグラフを見ていないなんて・・・

私はこの返信に対して

--------------------------
ありえないです。

FT8の基本
1.いきなり電波を出すのではなく、しばらくモニターします。
2.デコードされたメッセージが表示される「Band Activity Window」とワイドグラフをよく見ます。ワイドグラフで信号が流れている場所は誰かが使用している周波数です。
3.空いている周波数に送信周波数を固定して呼びたい局を呼ぶかCQを出します。
 あなたはいつもオンフレで呼ぶのですか? しょっちゅう他局に被せて運用
 しているのを見かけます。結局ワイドグラフを見ていないからですよね。

ワイドグラフを表示させバンドの使用状況を常に把握するのはFT8運用の
必須条件です。スペースが無いなんてのは言い訳にもなりません。

小さなノートPCでも外部モニターはつなぐことができます。 
------------------------

と返しました。しかしまた同じことを・・・  結局のところずっとワイドグラフ無しで運用しているんでしょう。

ワイドグラフを見ないでFT8運用されているとしたら怖いことです。 目隠しをして高速道路を運転するようなものかと。

はっきり言いますが 「ワイドグラフを見ないでFT8は運用するな。」 です。 

JARLの存在意義2024年03月18日 19時12分36秒


タイトルの件、何と言っても一番は「日本のアマチュア無線家の権利を守ること」だと思います。

カード転送やコンテスト主催はそれよりもプライオリティーは低いでしょう。

昨今アマチュア無線の周波数に対しての妨害波の問題が色々出ています。

特に「家庭用太陽光発電」や「メガソーラー」からのノイズ問題

JARLに近々に対処して欲しい案件としてはこの件が最も重要な問題の一つだと考えます。

家庭用太陽光発電問題

ロビー活動、太陽光発電メーカーとの協議等。東京都、川崎市そして相模原市と悪条例を導入します。いい加減な施工ではノイズダダ漏れ。いい加減な施工はさせないよう、ノイズが確認されたら必ず対策を講じさせる体制を望みます。

電波法第82条並びに電波法第101条が関係し、太陽光発電システムは「無線設備以外の設備」に該当します。ノイズ発生の際はメーカー技術者による徹底的な対策を継続して行ってもらうようお願いしたい。一方的に泣き寝入りする事はしません。そこそこ設備にお金もかけてますし、第一に情熱をかけている趣味ですので。


総務省も注意喚起しています。


JARLは国に対して、都や市に対しても申し入れをしていただきたい。

JARLの選挙でこの問題に対して言及する方はいるのでしょうか?

やらかしてしまった・・・2024年03月17日 08時11分30秒


一言で言えば恥ずかしい・・・

ビールを飲んでPC触って、JTDXをさわってしまってその後寝落ち。 結果そのまま送信しっぱなし・・・

本来であればそんな事は起きないはずなのです・・・

しかし・・・




WDタイマー、通常は10分程度なのですがJ38Rのペディションを呼ぶために値を大きくしていました。画像は10分ですが、一時的に大きくした値はその数倍・・・ (^_^;)

誤操作である局をコールしてしまい、そのままWDタイマーが働くまでコールしっぱなし・・・
私は寝落ち。 友人からの電話にも気が付かず・・・

恥ずかしすぎます。

WDタイマーをいじったらもとに戻すのを忘れないようにします。

失礼いたしました。

hQSL の操作について2024年03月08日 21時17分49秒

hQSL を使う方が増えてきました。

私も使っています。

自分が発行するときの手順を紹介させていただきます。

自分が発行するhQSL には  QSL:PSE と QSL:TNX が区別されて記載されることはご存知だと思います。

すでに相手から受け取っているのに 「 PSE  」で出すのは個人的にはいかがなものかと思いまして、発行の手順は以下のようにしています。

1.hQSLを立ち上げる

2.まずは受信をする




3.照合をする





 受領マークをつけます



すると





4.それから送信をする

そうすれば送信時にすでに受信している局に対しては TNX で発行できます。


細かいですがなんとなくね。

QSLに関して2024年03月08日 11時00分45秒

私のQSLに関する作業について。

基本的には電子媒体を優先します。
QSO完了後、その日のうちにデータをアップロードします。


照合に使用するのは LoTW と eQSLで、あとはバックアップ的な意味合いでアップロードしています。

JA局に対して
1.hQSL対応局はhQSL
2.LoTW , eQSL 対応局へは紙製カードは出しません
3.hQSL , LoTW , eQSL 非対応局へは紙製カードを JARL Bureau へ送付します

海外局に対して
1.QRZ.comのQSL情報を調べます。電子媒体対応ならばその媒体で
2.Bureau と書かれてあれば紙カードを JARL Bureau へ送付します
3.何れの電子媒体への対応情報もなく、かつ Bureau との情報がない場合は紙カードは発行しません。 相手から届いた場合に折り返し発行します。


何れにしてもQSOデータはアップロードしていますので、現時点で非対応であったとしても将来的に対応していただければその時点で cfm できると思います。

JAの局で QRZ.com に情報を載せていない局がけっこういます。海外の局もJAの局のQSL情報は調べると思うので、少しでもDX QSOをされる方は QRZ.COM に自局のQSL INFOを載せてはいかがかなと思います。

 


X にてアンケート2024年02月08日 12時39分56秒

皆さんぜひアンケートにご協力ください  非常通信に関することです。 https://twitter.com/JP1LRT_/status/1755136688177996188
よろしくお願いします

第39回1エリアAMコンテスト 結果発表2024年01月31日 09時58分44秒

昨年12月24日に開催されました「第39回1エリアAMコンテスト」の結果を発表いたしました。ご参加いただいた皆さんありがとうございました。


総務省のサイトに2024年01月25日 10時57分41秒

総務省のサイトに太陽光発電システムが無線設備に与える妨害についての記載があるので紹介させていただきます。 https://www.tele.soumu.go.jp/j/ele/pvsystem/index.htm ようやく載せたという気もしますが。