トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

東京コンテスト 関東UHFコンテスト 結果発表2017年08月15日 09時15分20秒


東京コンテスト
http://www.jarl-tokyo.com/contest_data/2017tk.htm


関東UHFコンテスト

http://www.jarl.com/kanto/34kantouhf-result.pdf


結果発表されました。QSOしていただいた皆さんありがとうございました。両コンテストともに連覇となりました。また頑張ります。是非QSOよろしくお願いします。


泉州サバイバルハムクラブ マラソンコンテストについての提案2017年08月12日 22時32分17秒


後3ヶ月ほどすると144MHz SSBのお祭りと言われる、所謂「泉州サバイバルコンテスト」が始まります。

泉州サバイバルハムクラブのマラソンコンですが、144MHz SSBでのアクティビティーを、この期間限定ではありますが高めるいい企画です。

しかしその影で EMEer が泣いていることをご存知でしょうか? 

私は昨年11月、コンテスト期間中に泉州サバイバルハムクラブに対して提案を行っています。以下メールのコピペです。

----------------------------------------
こんにちは。今年も大盛況の「泉州サバイバルコンテスト」。私も全日は不可能ですが参加させて頂いております。

この時期、2m SSB はお祭り状態で、普段2m SSBにはお出にならない方も出てらっしゃいますし、思わぬ方とのQSOもできたいへん楽しませて頂いております。機会を設けていただきましてありがとうございます。

さて件名の 「提案」 ですが、以下のとおりです。

◎コンテスト用の周波数を設定してはいかがでしょうか?

理由
2m BANDは色々な楽しみ方ができるBANDです。ラグチューやコンテスト、さらにはEMEまで幅が大変広いです。
泉州サバイバル・マラソンコンテスト期間、バンドが大変賑やかになるのは個人的には非常に喜ばしいことかと存じます。しかしながら一方で「マラソンコンテスト」には興味のない方、SSBのQRMに頭を抱えるEMEerの方も存在しています。

2m SSB は BAND PLANでは 144.1MHzから144.5MHzまで運用可能となっています。私が東京で聞いている範囲では 144.1MHzから144.350MHzまででマラソンコンテストのQSOが行われています。144.330MHz以上には実際はほとんど参加局がいません。
144.1MHzから144.350MHzとしても 250kHzあります。関東で聞いていても十分な広さだと感じます。
マラソンコンテスト用の周波数を JARLコンテスト周波数である「144.250-144.500MHz」 に設定しても、同じ幅の250kHzであり、支障をきたすとは思えません。
この周波数に設定することにより、「不参加の局も通常交信が楽しめる」「EMEへの混信も大幅に軽減される」というメリットがあります。

JARLのBAND PLANでは

「144.10MHzから144.20MHzまでの周波数は,外国のアマチュア局と月面反射通信にも使用できる。」

とされており、実際にこのマラソンコンテスト期間中にもEMEは行われておりQRMに困っている方もいらっしゃるようです。

コンテスト外のラグチューを楽しみたい方、EMEに挑戦をしたい方、コンテストに参加したい方、全ての方が 「同じ 2m BANDが好きな方」です。同じバンドが好きなもの通しで「軋轢」を生じさせても何もメリットはありません。
ここは 「住み分け」 として使用周波数の設定を来年以降してみてはいかがでしょうか?

泉州サバイバルハムクラブの役員(理事)の皆さんで是非ご検討いただけると幸いです。皆さんが率先して無用のトラブルを回避する方法を示していただけないでしょうか。

皆さんのご活躍をお祈りいたします。

--------------------------------------------------------------

このメールは泉州サバイバルハムクラブのホームページに記載されていの理事の方に @JARL.COM でメールを出しました。
http://www.jarl.com/jg3yip/profile.html
メールアドレスをお持ちでない方もいらっしゃいますので、全員には届いていませんが、返事をくださったのは唯一 JA1KK 武井OMでした。
「津久浦さんの提案に賛成します。ルールを理事会で検討し修正しては如何でしょうか。」
と後押ししてくださっていますが、関西の理事の方々からはお返事をいただけないまま今日まで経過しています。

規約を改定するか否かにかかわらず、メールに対して無反応であることは非常に残念です。

今年の規約発表はまだですが、もし昨年と同じままですとまた EMEer の方々が頭を抱えこむこととなりそうです。

盛り上がるコンテストの主催者として、「コンテスト非参加者」「他のモード運用者」に対しての配慮をする責任があるのではないかと感じています。

同様のご意見の方、ぜひ主催者にご意見をお出しくださいますようお願い致します。


追記:8/13

事務局から返信があり、来月12日の理事会で議題に上げるそうです。改定を期待しております。


2017 FD contest2017年08月09日 16時00分27秒

今年も仲間とワイワイやってきました。

今年は新たにJL1LOFさんを戦力として迎え、戦闘力UPしての参加でした。

設備面では昨年より若干の戦闘力downでしたが、最後まで各人が気合の入ったオペレーションを行いました。XM2なので、オペレートしてない時はそれなりに時間があります。古賀の花火大会もよく見えて楽しめました。

私の愛車もまっつぐ大将で15m 10mの3エレを上げました。






今年は7本のアンテナが立ちました。




今年のWW VHF はタイからの運用はありません2017年07月15日 01時15分56秒

RAST Radio Amateur Society of Thailand のweb siteによると、今年の WW VHF CONTEST での6m bandでの運用は許可されないとのことです。

毎年このWW VHF CONTESTの時期だけタイでは6mが許可されていました。残念ですね。

ソースは

6 metres is not authorised during the CQWW VHF contest this year

RAST regrets that it must notify members that operations in the 6-metre band (50-54 MHz) are not authorised during the CQWW VHF Contest this coming weekend.
As usual, RAST had submitted a request for its members to operate in this band during the 2017 CQWW VHF Contest to the National Broadcasting and Telecommunications Commission (NBTC). However RAST has since learned that owing to the fact that the NBC Board was dissolved under Article 44 of the Interim Constitution the NBTC had been unable to authorise any such operations.
Thus all members are advised that they are not permitted to operate in the 6-metre (50 MHz) band during the contest (or from July 15-17) this year, or until further notice.

QSLカード印刷中2017年07月09日 17時52分54秒

先程プリントパックからオーダーしていた/6移動運用分のQSLカードが届きまして、早速印刷しています。

今回は500枚だけしかオーダーしなかったので激安でした。




2017 6m and Down コンテスト レビュー2017年07月03日 08時19分28秒


昨年は与論島で参加しました。http://jp1lrt.asablo.jp/blog/2016/07/

今年は宮古島市の伊良部島からの参加です。




伊良部大橋が平成27年に完成し、宮古島から車で行けるようになっています。
伊良部島の横には下地島があります。もう随分昔ですが、ここで訓練を受けた懐かしの地です。

運用地のロケーションは大変素晴らしく、本州方向にはバッチリ開けています。


今年は昨年の失敗を活かし、宿からではなく車で野営の運用としました。


昨年はノイズに悩まされました。今年は大丈夫だろうと思いきや・・・・・・  全体がノイジーで所々ではS9のノイズが。 一体何なんだろうと悩みながらもとりあえずSWRを測ると、バッチリ落ちています。う~~~ん・・・・  と悩む間もなくネットを見るとJT65ではEUが入っているとの事。向けてみると、なんとたくさん見えるではないですか!!! 試しに呼ぶと応答があります。 正にマジックバンド!!!  最長不倒距離はEA6SXでした。PL24をサービスできました。

でDXが落ち着いた所でノイズのことを再考。思いつくのは 12Vを13.8Vに上げるためのDC-DCコンバーター。 自宅でワニ口クリップとリグ用電源ラインの間にはんだ付けしてきましたが・・・・・  悩んだ末にハサミでラインを切断。 バッテリーにダイレクトに電源ラインを繋ぐと・・・・

ノイズが無くなりました!!!!  

なーーーんだと気を良くしていると別のノイズが気になります。なんだろう・・・ とパソコンを動かすとノイズレベルが変わります。 もしかしてACアダプター? ビンゴでした。持っていたぱっちんコアを使ってラインを巻くと、これまたノイズが無くなりました。クランプコアは自宅だけでなく移動運用でも必要なアイテムです。今回使用したのは TDKのZCAT3035-1330 です。
今買うとしたら5000円以上で送料無料のところがあります。ここが安いかな?



でもそれでも時々変なノイズが・・・ ノートPCのモニターの角度を変えるとレベルが変化します。なんでしょう? とりあえず角度を調節してノイズの出ない角度を見つけました。

それでもところどころでは変なノイズ。気にしても仕方ないのでノイズ対策はここまで。
このお陰でリグのボリュームを上げても全く気にならなくなりました。これは弱い信号を受けるのにだいぶ結果的には役立ちました。

コンテスト開始は21時から。宮古島に移動のJM1TDG須藤氏とQSO。実は今年は彼の移動地に乗り込んできたのです。2月に相談し、一緒に行動しました。移動地は別々ですが出入りは一緒。前夜祭の飲み会、反省会の飲み会などを楽しめるスペシャルなプランです。

前夜祭では肉と泡盛。(^^)





須藤氏の後は JS6RTJ局がうるま市から呼んでくださいました。その後は続きません・・・・  ワンセグでテレビを観ながらCQ垂れ流しが2時間半時間。

その後突然ふわふわと関東のH局が入り始めました。中々取っていただけませんでしたが、JM1SZYさんとJI1ACIさんには拾って頂きました。

その後1時から突然バンドが開け始めました。バンドスコープには縦のラインが沢山。ドッカンという開け方ではありませんが、夜間のオープンとしてはいい感じです。強いんですけど時間が時間だけに凄いパイルになるということはありませんでした。開いたままで仮眠ができません。4時40分まで頑張りましたが仮眠をとりました。しかし仮眠に入った時間が遅かったので、夜明けで目が覚めてしまいました。

目が覚めたのは5時40分。1時間の仮眠でした。しかしもっと寝ていてよかったというのが結果論。起床後の最初のQSOは7時12分でした。

その後急激に信号が入り始め、これはいけると思ってCWからSSBに変えてCQを出しました。こちらでは空いていると思った 50.3005MHzでCQコンテスト。 いい調子で呼ばれます。昨年ほどのどパイルにはなりませんが、コンスタントに呼ばれます。8時台は119QSOできました。ここが今回の一番でした。

9時半をすぎるとコンディションは急速に変化しました。本州を中心としてオープンしていたようで、宮古島エリアは完全に蚊帳の外。もしくはそのエッジ。もう7MHz状態だったそうで、弱い宮古島エリアからの信号はことごとくスルーされました。なんでも6と8が2mでもオープンし、互いに多くのマルチを得たとか。6mも近距離Esで大賑わい。そりゃ沖縄は呼ばれません。
10時を過ぎると8が入ってきましたが、1 2 3 のパイルが厚すぎて中々抜けません。それでも少しずつ何とかマルチを増やします。しかしPとアナウンスしている局に届かない時は涙しました。

昨晩はコンテスト前の気象庁発表の情報で・・・・

平成29年 7月 1日17時32分 宮古島地方気象台発表

宮古島地方の注意警戒事項
 宮古島地方では、2日明け方まで急な強い雨や落雷に注意してください。」


と言うのを見たため、気象レーダー情報をしょっちゅう注意して見に行っていました。

幸いにして夜中は雨もふらずでしたが・・・・  朝になってから激しいスコールが。あり得ないような激しい雨と強い風。アンテナは向きを固定してありましたので回らなかったのが幸い。

12時7分にJK8PBO/8局とできた後はしばらくどこともできずログは停止状態。稚内移動のJE8ASA/8局が快調に「楽しそうに」パイルを捌くのを聞くのみです。ASAさんとはwkdだったので呼ばずに聞くだけ。

8のパイルを抜けずめげていた時に、なにげに天気図を見ると・・・・

台風が発生しているではないですか!!!!!!!    で、さっきのスコールも台風の外周の腕が掛かってのことです。再度レーダーエコー図をチェックすると・・・・ 来ます来ます、大きな赤いエコーが。

13時33分、撤収を決意。アンテナを畳んで機材をカバンに詰め、さあと思った時にまた雨。早めて正解です。

その後は懐かしの下地島空港脇を通って宮古島に。荷物を発送してレンタカーを返して空港に。JM1TDG須藤氏は既に空港で待機。私が空港に着くやいなやものすごい雨に。タイミング良すぎます。空港のレストランで反省会0次会開催。須藤氏とは別の便で那覇へ。私のほうが運用地が遠いので、念のため遅い便にしていたのです。

那覇についてから反省会。





さて自宅に戻ってきましたので結果を。
今回は局数は去年に及ばずながらマルチは超えました。

「スコアの点からだけ」を言えば、自宅でやったほうが点数は上だったと思います。

 CALL : JP1LRT/6
 CONTEST : 2017 6m AND DOWN コンテスト

  Band   QSOs   Pts  Multi
 50MHz    318   314   49     
-------------------------- 
Total    318   314   49      
Score : 314x49=15,386点    

グラフは

昨年との比較
途中でやめているのが一目瞭然。

取れたマルチ



交信状況

このスコアでは全国レベルではお話にならないはず。まあ仕方ありません。お空次第ですので。(^^)

まとめると

★ハイライト
1.バトル目的でほぼ同じ条件での参加。一人とは違って前後の楽しみもあり良かった。
2.ロケーションもよくノイズレベルも低かったので、弱いオープンでも楽しめた。

◆ローライト
1.コンディションが期待していた程ではなかった。
2.台風接近。

今回はローライトが昨年に比べると少ないです。

QSL は全て発行します。必要ないという方はお知らせいただけると幸いです。今回は移動運用ということですし、初めての移動地ですので出していいかと思いますが。撮影してきた写真で専用QSLを作ろうかと思います。少しお時間をいただければ幸いです。

この後 eQSL LoTW にもログをアップします。 Grid Locator PL24 はLoTWにあげている方は少ないかもしれません。

来月はFDが待っています。また次のコンテストでお会いしましょう。

QSOしていただいた皆さん、ありがとうございました。お呼びいただいたのにQSOに至らなかった皆さんごめんなさい。次の機会ではぜひよろしくお願い致します。

ありがとうございました。

間もなく 6m and Dwon コンテスト2017年07月01日 19時57分29秒

後一時間で開始ですが、何も聞こえません・・・・  先程一時的に関東が聞こえていたのですが・・・・・

聞こえてきましたらよろしくお願いします。

de JP1LRT/6 宮古島市 PL24



明日のコンテストは2017年06月30日 07時59分25秒


今年の6m and dwon コンテストは昨年のリベンジをしたく、また移動運用で参加します。聞こえましたらよろしくお願いします。

天気が心配かな。

CQ WPX CW 参加2017年05月29日 10時07分27秒

参加と言っても真面目に参加したわけではありません。時々つまみ食い程度です。

各バンドで遊びました。



主に40mで遊びました。

もっとJAとやりたいです。マルチの宝庫、JA。

東京コンテスト 20172017年05月03日 16時34分04秒

今年は休みをリクエストして参加しました。 今年も電信マルチバンドです。

9時前から各バンドを聞いていましたが、HFハイバンドも50MHzもオープンはしていません。なのでやはり得意な50MHzからスタートしました。まあまあのペースで進みます。25分すぎに何気なくバンドを変えてスコープを見ると、21MHzが賑やか。もしかしてと思ったところ、やはり開いています。 21MHzにQSYしてRUN開始。開け方は安定してどかーーんというものではありませんでたが、まあまあいい感じで推移します。
しかしあまり一つのバンドに長居もできません。28MHzをのぞくと弱く開いている様子。とりあえずQSY。しかしイマイチだったので20分で144MHzにQSY。でもあまり人がいません。

というような事を繰り返しながら色々考えてバンドを変えます。オープンしていれば21 or 28の時間を多くすることも考えましたが、開いていないのであれば50MHzの時間を増やすこととしました。

開始直後の50MHzはGWが伸びて関西中国方面からのコールもあり面白かったです。

また午後の21MHzはScなのか大きな設備を持っていると思われる方がふわふわ聞こえていました。

さて結果ですがコンディションの割には頑張ったような気もします。

昨年が良すぎたので昨年の自己スコアには遠く及びませんが・・・・


 CALL : JP1LRT
 CONTEST : 2017 東京コンテスト
   Band   QSOs   Pts  Multi
 21MHz     72   107   49
 28MHz     69   110   35
 50MHz    116   176   47
 144MHz    62    92   32
--------------------------
 Total    319   485  163

Score : 485x163=79,055点


グラフは


昨年には届きません・・・


時間ごとのQSO数は



交信したエリアは


マルチは



319QSOで233局と交信できました。ありがとうございました。QSOしていただいた皆さんありがとうございました。またよろしくお願いします。