トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

やってしまいました(^_^;)2020年02月22日 16時10分15秒

やっちまいました(^_^;)

6m SSB で話しながらJTDXを起動したら、いつの間にか50.313MHzになっていて・・・

20秒くらいそこで話ししてました(^_^;)


その時間帯50.313MHz をモニターしていらした方、すみませんでした・・・ ごめんなさい。



まもなく公開 JTDX-2.1.0-rc1482020年02月21日 08時37分30秒

日本時間2月22日午前2時頃を目処に公開の予定です。







今回の変更点は。

rc148 changelog versus rc147:
- reordered launching of threads in FT8 decoder
- minor changes to Spt/Menu controls view, reversed broken Pwr slider appearance
- 'fusion' is set as default JTDX style, '-style=windows' key in JTDX launching shortcut will switch 'fusion' style off
- crossband 160m band operation with Japan is moved to option for all scenarios but EU-JA QSO, by default crossband is enabled, can be switched off in Misc tab of main window UI
- patch to possible marker misalignment in QSO RX frequency messages window triggered at double click on message
- messages like '73' shall not be treated as 'reply to other' while correspondent using multislot transmission
- prevent calling on Fox frequency when user resuming TX after three unsuccessful TX attempts
- added optional broadcast of logged QSO ADIF message to secondary UDP server, the same message format as in WSJT-X being used, controls are in 'Reporting' tab of configuration settings, same message format as in WSJT-X is used
- 'Logged ADIF' UDP message addressed to primary UDP server now is optional, can be activated in 'Reporting' tab of configuration settings
- main frequencies introduced, marked in frequency list by asterisk. At mode change JTDX will be selecting main frequency rather than Fox frequency.
  Some frequently used DXpedition frequencies added as default values in the frequency list. Main mode&band frequencies can be deleted by user, 'reset frequency list' will recover default frequencies
- six-pass SWL option is withdrawn from FT8 decoder
- implemented up to 3 cycles of FT8 decoding (each cycle has three decoding passes, six-pass SWL mode was two cycle decoding), one cycle is set by default, two or three cycles can be activated independently for operation and SWL modes.
  Withdrawn multicycle FT8 decoding dependency on number of running JTDX instances. Still there shall be more than 3 threads used in FT8 decoder to get multicyle decoding active in SWL mode.
- Hint button shall be switched on in FT8 mode by default(first launch of JTDX or if .ini file is deleted)
- automatic FT8 decoder thread selection shall spare one thread to other tasks if CPU has more than 2 logical cores. If user sure in flawless CPU & software functionality he|she can bring back decoding time selecting manually number of FT8 decoder threads equal to number of CPU logical cores.
 - FT8 decoder AP masks related code cleanup
- main window UI: CAT recovery button is moved up close to frequency label, minor changes to top/right side buttons allocation
- thinning FT8 candidate list based on the sync pattern quality: 3..15% decrease of decoding time of FT8 interval
- upon accepting configuration settings JTDX shall retain current VFO frequency if it matches to a frequency in the list, else shall set main mode&band frequency
- patch for counters when doubleclicked on call which is not in history (no CQ or 73 like messages received from this callsign), first counter did not work in such scenario
- ALLCALL7.TXT is now being used for filtering false FT8 decodes with support of 7-char Australian callsigns, ALLCALL.TXT is not used anymore
- filtering false decodes: faster callsign search in the ALLCALL7 based list via block data access
- added checking for false FT4 decodes starting from "TU; "
- added SNR and DT criteria for checking FT8 false decodes containing " R "
- one more attempt to eliminate 'CQ DE AA00' false FT8 decode, it was likely coming from OSD decoder with AP mask in presence of strong signal on the band
- LoTW users list is updated, cty.dat file is updated to version CTY-3004
- ALLCALL7.TXT is updated to 111851 callsigns
- rc148 is built with modified Hamlib code v20200123

となっています。


2020 関東UHFコンテスト参加2020年02月11日 16時28分21秒

今年最初のフル参加コンテストでした。

起床が遅れたため準備の時間がほとんどなく慌ただしくコンテストへ・・・

焦ったのがCWのインターフェイス。FT-857DMを使っているのでインターフェイスが必要なのですが、USBケーブルを差し込んでも反応がない・・・ 抜き差ししていると中途半端に入れて斜めに置いておくと認識します。どこかで接触が悪い様子。これを使うしかないので・・・ 仕方なくいい感じに置きます。 

運良く最後まで使えました。

コンテスト開始直後、アンテナがなんと低いところにあるGPに繋がっていました。気がついたのは30分後。ロスした感があります。

しかしやっぱりリグが非力。

IC-9700買おうとしたんですが、地震保険の更新が来てほぼ同額なので購入計画は飛んでいってしまいました。
しばらくこのリグで戦うのかと思うと頭がいたいです・・・

なんだかんだで昨年のスコアには届かずでした。

自分がRUNしている周波数に近いところで強力な局が出てくるとお手上げでした。今年は直ぐQSYしましたが。

430 CW はフィルターをナローにしていると取りこぼすので 500Hzを選択していますが、500だと上下から被ってきます。 その中で自分を呼んできた局をピックアップするので大変疲れました。

QSOしていただいた皆さんありがとうございました。


JTDX 2.1.0. rc147 リリース2020年01月27日 08時28分01秒

予定通りリリースされました。

JTDXユーザーの皆さん、最新版にupgradeしてください。


JTDX のバージョンを上げた際に、表示画面に違和感をおぼえる方はコマンドラインで
--style=fusion を追加してみてください。


JTDX次期バージョンより2020年01月16日 13時17分28秒

JTDXユーザーの皆さん、現在開発中のJTDX v2.1.0-rc147から MS Windows版は 32bitバージョンと64bitバージョンの2つのものがリリースされる予定です。

JTDXにとっては最初の64bitバージョンになります。OSが対応していれば64bitバージョンをお勧めいたします。

64bitバージョンに切り替えることで、デコード時間を短縮することができます。FT8デコーダーの効率を大幅に改善できます。 rc147は、32bitバージョンの約1.6倍の速度で混雑した帯域のFT8信号をデコードします。

受信ウィンドウを見ていても差がはっきりわかります。

64bitバージョンを楽しみにしていてください。

なお将来的にはWindowsXPはサポートからはずされます。





JTDX v2.1.0-rc146 リリース2020年01月08日 09時32分55秒


タイトルの件、ダウンロートが本日日本時間03時頃から可能になりました。


Windows以外の方はホームベージからどうぞ。


rc146 changelog vs rc145:


- allow transmission of DXpedition special message from Tx2
- cursor position shall be stored/restored while operator's callsign&grid being edited in configuration settings
- empty message shall be treated as false decode in FT4 decoder
- some Decode control related code cleanup
- workaround to modulator start failure(no TX audio issue)
- patch to 'Decode button hung up' issue in FT4 and FT8 modes
- JTDX shall not attempt to start decoder if it is working
- patch to broken decoding of FT8 signals in scenario where both user's and correspondent's callsigns are nonstandard ones
- compound-to-compound callsign QSO Tx message generation is supported now. Compound-to-compound callsign QSO is possible between JTDX 2.1.0-rc146 and MSHV v2.32 users, Tx message generation could be changed in WSJT-X to provide support for such QSO.
- two more chars added in displaytext and decoders to fit messages like "CC2/CC1CCC BB2/BB1BBB R-15" in Band Activity and RX frequency text windows
- FT8 decoder shall process signals with "CQ ??? ???" AP mask if there is nonstandard callsign in DxCall window
- improved DxCall searching if there is nonstandard callsign in DxCall window
- number of FT8 decoder threads shall not exceed number of logical cores
- FT8: added option to SWL mode to utilize 3 more decoding passes ('6 pass SWL mode') if JTDX being run as single instance and CPU has more than three logical cores. Can be activated in 'Decode->FT8 decoding' tab of mainwindow UI.
  Multiple instances being detected from the rig-name key, it is unreliable approach and shall be reworked in a future version of JTDX.
  User would need to make sure CPU is not coming into thermal throttling in this mode, and avoid usage of the SWL mode if FT8 decoding time is greater than 15 seconds.
- user can add second callsign from a decoded message into wanted callsign list via (CTRL+ALT+double-click) on the message if the list has less than 20 callsigns and this callsign being not located in DxCall window. Wanted callsign list can be cleared via CTRL+ALT+A keyboard shortcut.
- reset QSO history counters for new call when DxCall is changed with double click
- at double click on decoded message cursor position shall be set prior to emitting of the selectCallsign(alt,ctrl) signal
- added option to copy callsign to clipboard at double-click on the decoded message or at autoselection. By default this option is enabled, can be switched off in Misc tab of mainwindow UI.
- cty.dat file is updated to version CTY-2918, LoTW users file is updated
- JTDX 2.1.0-rc146 is built with updated modified Hamlib as of 20200104

 

changed source files: about.cpp, commons.h, Configuration.cpp, cty.dat, cwfilter.f90, decoder.f90, displaytext.cpp, ft4_decode.f90, ft8_decode.f90, ft8_mod1.f90, ft8b.f90, jt9_decode.f90, jt9a.f90, jt9com.f90, jt9s_decode.f90, jt10_decode.f90, jt65_decode.f90, lotw-user-activity.csv, mainwindow.cpp/h/ui, mousecommands.txt, partint.f90, partint4.f90, partint8.f90, shortcuts.txt, sync8.f90, sync8d.f90


added new parameters into JTDX.ini file: "sixPassFT8SWLmode","CallsignToClipboard"

 

To Windows users: we recommend to rename|delete old JTDX.ini file at upgrade from rc145 to rc146.

Turbo Hamlog 印刷定義2019年12月31日 19時18分33秒


Turbo Hamlog の作者、JG1MOU浜田さんに、QSL印刷の定義でのテジタルモードへの対応をお願いしたどころ、その後の進捗状況のところで仮対応していただけました。

現在外出先なので検証できませんが、情報共有させていただきます。


以下JG1MOU浜田さんからのメールより

.................................

機能を追加し、簡単に定義できるようにしてみました。
http://hamlog.no.coocan.jp/mou/index.html
とりあえず、ベータ版です。

#Mov $$B = "SSB,FM,AM"  ; フォーン(定義ファイルの上のほうに記載)
#Mov $$D = "FT8,FT4,JT65" ; デジタル
#Mov $$E = "CW,A1"

? nData7 "!$$B"
#PrintC 530, 300, 120,"RS"
? nData7 "!$$D"
#PrintC 530, 300, 120,"dB"
? nData7 "!$$E"
#PrintC 530, 300, 120,"RST"

デジタルモード交信でのQSLカード2019年12月29日 10時33分41秒

JARLからQSLが届き、国内外からのカードを眺めていました。

最近はデジタルでの交信が多いのですが、国内外を問わずしてレポート欄が 「RST」 のままで、そこに単位の記載もない数字が 「-14」 とかのように記載されているものがほとんど。もう本当にほとんどそうなんです。

気にならないのでしょうか??

dBの単位を付けているものもごく少数ですがあります。しかしRSTではないのですよね・・・

RSTの項目に印字するにしても、書き込むにしても「SNR」や「UR Sigs」とか 「RST」 のレポートではないことを明示するのが本来求められるべきことなのではないかと思うのですが・・・

私は気になるので自身の発行するQSLカードは「SNR (dB)」と表示しています。 気にし過ぎだとは思いますが・・・

ハムログをお使いの方、このページの右に「Hamlog QSL 定義」を置いていますので、試しにダウンロードしてハムログで表示させてみてください。デジタルモードのときだけ RST 項目が SNRに変わります。



QSL for DIGITAL MODE2019年12月29日 10時31分56秒

Once every two months. I receive QSL cards from domestic and foreign stations from QSL Bureau. Recently, I often QSO in digital mode. The QSO in digital mode, the report exchanged is SNR, not RST. However, most QSL cards have a number without a unit in the "RST" field, such as "-14".

How do you describe it in your own QSL?

I may care too much, but I try to include the report with "SNR (dB)" instead of "RST".

I am adjusting the format. But I think it would be OK to correct the handwriting such as SNR instead of RST, and add units to the numbers shown.







IC-7300の便利機能2019年12月23日 10時56分31秒

昨日は6m AMコンテストでした。

IC-7300 を使用しましたが、IC-7300はコンテストではとても便利です。

バンドスコープのWF画面の範囲を任意で決められます。コンテストに使われる幅で設定できますので、どこに局がいるかが分かります。





CNT/FIXを切り替えてCENTにすると、自分の前後に信号が出ているかが分かります。SPANも変えられますので任意の幅にできます。
昨日はAMでしたので5kHz毎にしました。隣の局のカバーエリアに入らないようにすれば、互いにQRMの心配はありません。



WF画面はとても優秀で、AM独特の「キャリアはわかるけど変調が聞こえない」という時でもキャリア信号そのものはWFの中に自分の送受信の幅内に出現しますから、「あっ、誰か呼んできたな」というのは分かります。その信号を「見て」強く表示される方向にアンテナを向ければ変調が聞こえることもあります。上の写真はビーコンを受信している写真です。


この写真は自分が送信したときの表示です。これが隣に出ている局の信号にかぶさらなければ問題はありませんね。