トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

QSLの発送2016年07月29日 21時19分06秒

7月分のQSLを全て発送しました。 明日明後日は運用予定はないので今月分全てです。

6m and downの与論町移動のQSLも全て出しました。

合計で 5.4kg もありました。 ハムフェアまで待とうかとも思いましたが、少しでも早くお手元に届けたいと思い、一気に出してしまいました。

いつ皆さんのお手元に届くでしょうか。(^^)


2016 荒川コンテスト2016年07月18日 11時11分54秒

今年から7月に開催の荒川コンテスト。 面白いコンディションになるのではとちょっと期待しての参加です。

今年から変わったのは開催時間も変わりました。 9-11時だったのが、8-10時になりました。 8時からだと移動局は貴重な朝の一時間を早く出なければなりません。もしかしたら移動局が減るのかな・・・ という気もありました。

6時台の横浜コンテストはパスして、荒川コンテストだけに絞ります。縦ブレ電鍵も今は無いのでエスカルゴのコンテストもパスです。

さて8時前から50.301MHzに練馬のJR1UJX局がいらっしゃるのを見つけてコール。エールの交換をした後に 50.306MHz で普通のCQを。調布市の JH1ASG局 と話した後にコンテストに突入。 最初の4分間は途切れなく呼ばれます。いい感じでした。 しかしその後が続きません・・・



08:20には早くもCWに移りました。 局数の推移は昨年とあまり変わりませんがマルチが伸び悩みます。

そのうちEsが開いて 3 4 5 6 が呼んできます。  ナンバーの送り方をご存じない方もお呼びくださいまして、すぐに「59X」と送ってくださいと依頼して進みます。

終わってみれば局数は昨年同様なものの、マルチは大幅減。これでは…

交信局数の推移は



局数だけ見ればそこそこ賑わっていたと思います。それはやはり電離層反射で呼んで(参加して)くれた方がいたということですね。荒川コンテストであればEsのオープンはむしろプラスです。



昨年と重ねると


マルチは・・・・

結果は・・・・・

とても去年とは比較できません。
私のスコアは作戦の失敗か・・・ 昨年の結果を大きく下回ってしまいました。

しかたありません。一生懸命やった結果ですので。


QSOしていただいた皆さんありがとうございました。また次のコンテストでもよろしくお願い致します。

CTESTWIN 4.08 公開2016年07月16日 12時38分25秒

コンテスト用ロギングソフト CTESTWIN の  Ver 4.08 が公開されました。

http://e.gmobb.jp/ctestwin/Download.html


このバージョンから明日明後日の CQ WW VHF コンテストに対応されています。

是非これを使って CQ WW VHF コンテストに参加しましょう。 

関連記事
http://jp1lrt.asablo.jp/blog/2016/07/12/8130019

The 2016 CQ World-Wide VHF Contest2016年07月12日 11時36分40秒

The 2016 CQ World-Wide VHF Contest が下記の日程で開催されます。


日本時間 7月17日(日)03:00 -7月18日(月)06:00  27時間

国内同士のQSO可。

ナンバー:コールサイン + 4桁のグリッドロケータ(例:PM95)

BAND  6m  2m


公式ルール http://www.cqww-vhf.com/2016_cq_ww_vhf_contest_rules.pdf


日本ではなぜかあまりはやっていないコンテストです。昨年ログを出した日本の方は


私は 6m 部門で JA一位でした。 しかしこれだけしかログを出さないコンテストは寂しすぎます。

是非皆さん参加してみてください。  今年は仕事の都合で殆ど参加できないのが残念です。毎年この時期だけ6mの免許が下りるHS タイでは大変盛んです。昨年もたくさんのHS局が6mで入感しました。

JA同士の交信も有効です。是非参加局に声をかけてあげてください。

PDFですが賞状ももらえます。


移動運用QSLカードのオーダー2016年07月06日 14時25分08秒

自宅での運用用は、LZ3HIのGold print service と プリントパックを使い分けしています。

今回の与論町移動では延べ交信数が717でした。800枚のオーダーですので、プリントパックにオーダーしました。与論で撮影した写真を使用しています。ミラー上質紙でオーダーしました。今キャンペーン中なのか割引されています。


片面4色で送料込み2140円です。激安ですね。(^^)


与論町移動を振り返って2016年07月05日 08時48分17秒

与論町のコンテスト以外の運用を振り返って見て思うことを少し。

今回はRTTYの運用をけっこうやりましたが、移動局と交信する際の文章はできれば短くしていただけたらと思いました。

1.コールされるとき JP1LRT/6 DE ご自分のコール x 3 (PSE) K ではなく、単に ご自分のコール x 2 or 3  にしていただけると嬉しいです。私自身、自分のコールは誰よりもよく知っています。 SSB のパイルの時に相手のコールサインを付けてはコールされないかと思います。

2.例えば JP6ZZZ 局がコールしてきたとして
 「 JP6ZZZ JP6ZZZ JP6ZZZ」 と取れたならば
 「JP6ZZZ 599 599 JP6ZZZ BK」 と返します。
      それに対しては、例えばですが
 「QSL 599 599 (JP6ZZZ) TU」 と返していただければ十分です。 コールは入れても入れなくてもいいと思います。
 OPネームとかQTHとか Good morning とか入れる方いらっしゃいますが、通常のQSOであれば入れてもいいと思いますが、移動局がパイルをさばいている時には不必要です。移動局はより多くの方と交信しようとしています。MMTTY等でマクロを作っている方は、是非移動局(ペディション局)相手との交信用に、短いマクロをご用意ください。

3.デコードがうまくいかない時QRZ?を出しますが、それに対しても短いマクロで呼んでいただけるとありがたいです。 私のコール DE は要りません。

4.相手局からTUが返ってきたら私もTUを返しましたが、それに引き続きすぐに他局向けにQRZ?と出しました。 「QSL TU JP1LRT/6 QRZ?」
 すでに交信は終わっているのですが「TU 73 SK SK SK」 と送ってくる方が多数いらっしゃいました。すみません、無視してしまいました。正直必要ありません。

5.コールされるとき多少周波数をずらされるのはOKですが、あまりに大きくずらされますとフィルターの外に出ます。


RTTYの運用に関して気がついたこととお願いは以上です。
CWの運用については以下のことを感じました。

1.ノイズが大変多い環境だったため、取りきれないことが多数ありました。その際AGN とお願いいたしましたが、一回しかコールを打ってくださらない方が多数いらっしゃいました。その都度 AGN AGN と打ちましたが、相手局が苦労している様子がわかった時は是非複数回コールしてください。 コールされるとき DEや私のコールサインは必要ありません。なんとか交信しようと耳に 集中していますが、ノイズやQSBで取れないことが続く時もあります。是非すぐに 諦めないで 「何回もコールしてください」。頑張っているのにいなくなられるとどっと疲れます。

2.クラスター情報を見てコールされるとき、その情報通りの周波数ドンピシャでコールされるのではなく、+-ずらしてコールしていただけると取りやすいです。私は個人的にはずらして聞くことが多いです。 +-200Hzは確実に聞きます。

SSBに関してはCWと同じようなことを感じました。

取れない時はもう一度お願いします、と送りますが、「一回ではなくて何回かご自身のコールサインをおっしゃってください。」私のコールサインは言わなくて結構です。一回では取りきれないことも多くあります。少なくとも2回はお願いいたします。それでも取れない時は 「二三回お願いします」と送っています。その際は3回はお願いいたします。なんとかQSOしようと頑張りますので。(^^)
サフィックスやプリフィックス、コールエリアなど一部だけがわからないと私が言っている場合、その部分だけ復唱していただけると大変助かります。

以上です。

なかなか取れないのはお前がヘボだからだろうと思う方もいらっしゃるかとは思います。はい、そうなんです。(^_^;) なのでお願いしております。よろしくお願い致します。
 
最終日の朝、ちょっとだけ散歩しました。せっかく与論に来たのにどこもいかないのはと思いまして。





J clusterの検索機能で見る限り、与論町からのRTTY運用は久し振りだったようですね。6mのAMもほどんど運用実績は無かったようです。もう少しやれば良かったかなとも思いました。

2016 6m and Down コンテスト レビュー2016年07月04日 22時24分05秒

昨年は宮崎県延岡市の山に登り、X50部門で2位になりました。

今年はどうしようかと思っていましたが、思い切ってEs狙いの移動を計画しました。沖縄県には毎年移動するコンテスト仲間がいます。なので同じ沖縄県は外して、沖縄のすぐ北の大島郡与論町に移動地を決定しました。その仲間は宮古島に移動していました。

与論島へは那覇からと鹿児島からの行き方があります。私は那覇経由を選びました。しかし那覇行きの直行便はマイルの枠は一杯。仕方なく宮崎経由で那覇に入りました。
那覇-与論の往復は早割でGet。

昨年と一昨年は車中泊。今年は宿を取り、その屋上にアンテナを建てました。宿だとエアコンの効いた部屋で、トイレも有り、仮眠もし放題(?)、食事も付いています。快適そのもの。


しかしそこには落とし穴がありました。


酷いノイズ。」



常にこのレベルです。 これでは弱い信号は取れません。CWモードでもS6-7のノイズ。HFもでした。

宿のすぐ脇に携帯の基地局と、柱上変圧器。やられました。同じ宿で運用経験のあるOMは「ノイズが有る」とおっしゃっていたので、ノイズキャンセラー ANC-4 も持参しましたが、全く効果なし。コモンモードフィルターを入れても全く変化なし。NBでは切れないノイズ… これならばまた車中泊でノイズのない環境にいけばよかったかもしれません。



アンテナを建てました。さて送信をしてSWRを見ます。 げげげ!!!! 6mの3eleはSWRが4もあります。説明書通りでは全然下がりません。仕方なくCUT and TRYです。 それでやっと 1.9まで落としました。ここまでに手間取り、運用開始は18時過ぎでした。第一声は40R。けっこう呼ばれます。一時間弱運用した所で夕食です。ちっょと設営で疲れていたのか、とても美味しかったです。気がつけば設営中に日焼けしていました。それが疲労感を呼んだのでしょう。

その後20時ころ6mを聞くと8が入っています。1局QSOして40CでCQを出すとものすごいパイルに… とりあえずコンテスト準備もあるので30分だけ。

さあ開幕です。と言っても全然開いていません。相手はいません。しかし西に400キロの宮古島に移動中の JM1TDG/6 局と繋がります。彼とはこのコンテストでのバトルをしようということになっていました。400キロの差がどうでるのか。この時点では知るよしもありません。

その後うるま市のJS6RTJ局がコールしてくれました。しかしあとが続きません。ということでCQ TESTの垂れ流しです。CWだと疲れません。開いていない時はCWにかぎります。しかし全くできないのはどういうことなのか・・・  ノイズしか聞こえません。
宮古島では時々浮いて数局できている様子。モチベーションもさがり、寝ることにしました。23時前には就寝です。こんなことはコンテストではありえません。

翌朝は6時起床。たっぷり寝ました。CWでまた垂れ流しの開始。 沖縄県内の移動局が一局呼んできてくれました。また鹿児島県内移動の JH6QIL/6局とQSOできました。宮古島にしても鹿児島にしても海上伝搬ですね。かなり遠くまで届くものです。おどろきました。

午前9時前に北谷町の JS6SCO局が呼んできてくれました。コンテストが始まって12時間。 なんとここまでで 「たったの 5交信 2マルチ」 です。 本当に辛い12時間。 と言ってもかなり寝てましたが…  例年ではありえない交信数です。

しかし9時を回った所で岩手県のJA7FDA 局からのコール!!  ついにEsが開きました。その後宮城県、福島県と続き、ついに千葉県の JI1ACI 局とQSO。まさに

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!  

です。その後オープンエリアは徐々に広がり、関東も全域に、そして 7 0 9 2 3 5と拡大。
お祭りの開始です。12時間の鬱憤を晴らすべくガンガンさばきます。11時台は159QSOを叩き出しました。一分間に3局、4局のレートで進みます。最大交信局数/分は 5 QSO / min でした。無駄なことは一切言わず 「JK1OTP 5946マイク!」 とVery short で進めると、交信していただいた方も皆さん合わせてShortに徹してくださいました。ありがとうございました。これが交信数を増やす最良の方法です。特に6mのEsでは、いつコンディションが沈むか分かりません。呼ぶ側も早く次に進みたいと思います。パイルが大きくなった時はこのスタイルが私的には一番だと思いそれを実行しました。

15時前、8が聞こえ出しましたが、「なんでこんな時間に聞こえ始めるんだ・・・」と思いつつ4局8とQSOしたところでコンテスト終了。

コンテスト終了後はちょっとだけ休憩した後に15mでピロピロ開始。これがまた呼ばれます。しかし17過ぎからまた6mがOPENし、2から1 0 7 8までの範囲で呼ばれます。ピロピロとSSB、そしてAMも運用してしまいました。

19時過ぎに夕食のためQRXし、その後40Rを少し。しかしノイズが酷くなり辛いのでやめました。その後6mがまた弱くオープン。RTTY SSB CWで少しずつ運用。ノイズが酷いのでモチベーション続かず・・・ その後40Rを20局ほどやってこの日は終わり。JCC JCGを集めている W9NGA局も呼んできてくれました。

朝は40Rから始めて、40Cに移り、15Cをやった後に6Sに出ました。ノイズが酷くなったので運用停止。 延べ交信数 737 でした。 交信していただいた皆さんありがとうございました。

さてコンテストの結果ですが、まずはグラフを御覧ください。 忍耐のコンテスト参加がご理解いただけると思います。

見事なまでに横に真っ直ぐ伸びるグラフ・・・ そして突然立ち上がる波のように。狂ったようにSSBでQSOしました。

昨年の実績と比較すると

あっという間にトータル交信数を追い抜いています。 これが南の島の開け方です。マルチ数は昨年のほうが圧倒的に多いので、トータルスコアはかなり下がりました。昨年はマルチ58でしたので…

今年は北海道が遠かったのと、四国、中国、九州がさっぱりでした。宮古島ではJD1が呼んできたとか・・・ 400キロの差がでています。


今年のスコアは

 CONTEST : 2016 6m AND DOWN コンテスト

  Band   QSOs   Pts  Multi
 50MHz    425   425   35
--------------------------
 Total    425   425   35

Score : 425x35=14,875点


でした。9時からでは全国レベルには到達できませんでした。マルチも取れず惨敗です。バトルにも敗北しました。orz

まとめてみると

★ハイライト
1.開いてからはとにかく狂ったお猿さんのようにQSOしまくった。

それだけです・・・

◆ローライト
1.コンディションが期待していた程ではなかった。
2.ノイズが酷過ぎた・・・ ロケ地の設定に失敗。快適さを優先した結果に反省。
3.アンテナの調子が悪かった。原因はフェーズラインにあると思いますが…
4.強風のためアンテナが回った。ゴムのチューブで押さえていたが伸縮ポールの締めが弱かった模様。
5.ヘッドホンが両耳で聞こえるようにするアダプタを忘れた。片耳で聴いていたので非常に疲れました。
6.FT-857DMの性能に限界を感じた。これは自宅から2m 430のコンテストに出るときも思っていましたが、まず近接信号特性が良くないです。2m 430では特に。そしてCWのパイルではすぐに飽和してしまいます。ノイズ対しても弱いです。感度も良くありません。自宅ではIC-7600を使っているので、その差を余計に感じるのかもしれません。IC-7300か2m 430も視野に入れるのならば FT-991 のあたりに変えることが必要だと実感しました。
普通の移動運用ならばいいのでしょうが、コンテストでの使用となると…

QSL は全て発行します。必要ないという方はお知らせいただけると幸いです。今回は移動運用ということですし、初めての移動地ですので出していいかと思いますが。撮影してきた写真で専用QSLを作ろうかと思います。少しお時間をいただければ幸いです。

移動地は 鹿児島県大島郡与論町  JCG 46005/B  GL:PL47EA

eQSLにはすでにデータをアップロードしてあります。 LoTWは VUCCアワード に使用する方もいらっしゃると思いますので、JP1LRT/6 の設定をした後にアップロードします。
PL47を6mでLoTWにあげている方はほとんどいないのではないでしょうか?

VUCC アワードは世界中のグリッドロケーターを集めるアワードです。
http://www.arrl.org/vucc 
LoTWはJA分はアップしないという方もいらっしゃいますが、それではDXCCでもVUCCでもWPXでも、いつまでたってもJA分をcfmできません。全ての交信をアップするようにしていただけたらと思います。

また今回の与論島での運用は IOTA AS-023 Yoron Is. で
すでに Validation をもらっています。IOTA の申請に使用可能ですのでご活用ください。


今年の夏は暑くなりそうです。来月はFDが待っています。また次のコンテストでお会いしましょう。

QSOしていただいた皆さん、ありがとうございました。お呼びいただいたのにQSOに至らなかった皆さんごめんなさい。次の機会ではぜひよろしくお願い致します。

重ね重ね、ありがとうございました。

ALL JA8コンテスト2016年06月26日 23時39分05秒

ALL JA8コンテストに参加しました。 と言ってもずっと参加していたわけではなく、途中何時間も抜けています。

http://www.jarl.com/hokkaido/JARL_Hokkaido/ALL_JA8_TEST.html


HFでもけっこうQSOしましたが、check log扱いにして頂き、50MHzの電信電話部門でログを提出します。 先ほど一度送ったのですが、エラーで届きませんでした。発表されているアドスには間違いがあるようです。

後日訂正が入るでしょう。

追記  エラーがあることを事務局に問い合わせたところ対処して頂き、無事ログ提出が完了しました。

6m 中東オープン2016年06月24日 17時35分14秒

中東が開きました。 JT65で遊んでいた時に情報を見つけたのでQSO早く終わらせないととちょっと焦りました(^_^;)

A92GEをCWでWKDした後、50.120MHzでSSBで9K2ODが聞こえます。数回目の呼んだときにスタンバイすると、ちょうどローカルがコールしました。かなりボリュームをあげていたので思わずヘッドホン外しました。私のヘッドホンはカナルタイプの耳に差し込むタイプです。ケーブルを引っ張ればすぐに耳から抜けます。(^_^;) 
耳がダメージを受けたのでしばらく回復を待った後、再度ヘッドホンを耳に突っ込んで再びパイルに参戦しました。
無事QSOできました。かなり良く聞こえていました。先日の9K2GSはかなり弱かったのですが、今回はSもばんばん振っての入感でした。

その後は中野でローカルと(他のローカル)と飲み会。久しぶりにハム系の飲み会ができて楽しい夜でした。


追記 早速 eQSLが来ていました。


寂しい夏至2016年06月21日 21時34分52秒

毎年夏至を中心に6mのコンディションが盛り上がりますが、今年は…

出だしの5月が良すぎました。今月に入ってはサッパリです。

お空は気まぐれですね。