QSLカードの時間表記2016年02月03日 11時30分53秒

交信時間の JST を略して 「J」 と記入されているカードがある、という事がFacebookで話題となりました。


これは誤りです。  JSTをJと略してはいけません。

世界の time zone については説明の必要もないと思いますが、日本は UTC+9 のJSTが標準時となっています。
JST – Japan Standard Time


QSLカードに交信時間を記入するときには UTC (Coordinated Universal Time)か JST かを明記する必要があります。たとえJA同士の交信のQSLカードであっても、どの Time Zoneの時間なのかを明記する必要があります。 UTCで書いても全く問題はありません。

DXとの交信のQSLカードで 「Z」と表記されているカードがあるかもしれません。 それはZ – Zulu Time Zone (Military Time)  の事で、GMT – Greenwich Mean Time や UTC と同じです。

ではtimezone abbreviationが一文字で日本時間と同じなのは何なのでしょうか?

正解は 「 I  」 です。  I – India Time Zone (Military Time)

もし交信時間が  12:34I  と書かれていれば、それは 12:34 JST と同じ時間です。
ですので交信時間の横に「一文字でタイムゾーン」を表記するのであれば「 I 」と記載します。

しかし現実問題、日本が「 I Time Zone」であるという事をご存じない方もいらっしゃるでしょう。間違いを避けるためには交信時間を日本時間で記入する時は 「JST」 と書くのが無難です。

ちなみに Timezone Abbreviation に 「 J 」は存在しません

世界中の Timezone Abbreviation のリストは ここにあります。
http://www.timeanddate.com/time/zones/

多くの方がお使いの Turbo Hamlog では時間の表記を「便宜上」JSTは「 J 」、UTCは「 U 」とされています。 その表記のままQSLカードを印刷すると 「不備」 になりますのでご注意ください。

時間のネタではありませんが、このQSLの例で日付が「15/09/21」となっています。これはYY/MM/DDですが、間違いを誘発する表記です。 YY/MM/DD と併記されていれば 2015年09月21日と分かりますが。間違いを減らすには「YYYY/MM/DD形式」にして、更に月の表記は英語の略を使うといいでしょうね。 (^^)

1.   January - Jan.    2 .  February - Feb.
3.   March - Mar.    4.   April - Apr.
5.   May - May     6.   June - Jun.
7.   July - Jul.    8.   August - Aug.
9.   September - Sep. or Sept.    10.  October - Oct.
11.  November - Nov.    12.  December - Dec.

コメント

_ JR1UJX ― 2016年02月04日 16時24分39秒

JARLのアワード規程にも交信年月日、時間の記載は必須と定められています。細部だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、要所だと思います。

_ JP1LRT ― 2016年02月05日 08時02分43秒

JR1UJXさん、そうなんですよね。ここのところ受け取ったQSLカードをじっくり見るといろいろ見えてきてしまって。印刷の定義をちょっと間違えると残念な結果になってしまいますね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
管理者のコールサインは? 小文字で。My callsign? Small leter only.

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jp1lrt.asablo.jp/blog/2016/02/03/8007807/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。