トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

PCの時間合わせは重要2020年07月23日 07時44分11秒

JTDX作者 Igorさんからのメッセージです。

In JTDX, when the DT (time difference) delays for more than 0.18 sec, the FT8 decoder of QSO messages on matched filters is turned off, which leads to a decrease in decoder sensitivity by about 6 to 8 dB (!) In some cases, the number of transmitted messages increases to complete a QSO, in some cases the QSO is simply broken.

DT is calculated relative to an offset of +0.5 seconds from the start of the interval. If an FT8 signal is transmitted from DT -1.0 sec, then on the receiving side with accurate time synchronization, half a second of signal transmission will be lost, as a result, the probability of decoding such a signal at low SNRs will decrease. For FT4, such a spread in DT is unacceptable.


JTDX では、DT(時間差)が 0.18 秒以上遅れると、マッチドフィルター上の QSO メッセージの FT8 デコーダーがオフになり、デコーダー感度が約 6~8 dB (!) 低下します。 QSO を完了するために送信メッセージ数が増える場合もあれば、単に QSO が壊れてしまう場合もあります。

DTは、インターバルの開始から+0.5秒のオフセットを基準にして計算されます。 FT8信号がDT -1.0秒から送信される場合、正確な時間同期を使用する受信側では、信号送信の0.5秒が失われ、その結果、そのような信号を低いSNRでデコードする確率が低下します。 FT4の場合、このようなDTの広がりは許容できません。


過去にPCの時間合わせについて記事を書きました。
このページ内で紹介しているレシーバーのリンクは売り切れになっています。

こちらはまだ在庫があるようです。