LoTWに移動運用のデータをアップロード2021年04月24日 11時36分38秒

自宅分ではなくて移動運用した時のデータをアップロードする方法です。

レアなグリッドロケーターなどをLoTWでcfmしたいという方はたくさんいらっしゃいます。
ぜひデータをアップロードしてください。

先ずは TQSL を開きます。  ここからの例は JP1LRT/2 という局の所在地を追加していく方法です。 すでに当該所在地がある方はこの先に進んでください。例えば JP1LRT/6 はすでにありますので、それに移動地を追加していきます。 ★★の部分からです。

新しいコールサイン証明書をリクエストします。


必要事項を入れていきます。




ご自宅の証明書を新しい申請の元にします。


はい を。

リクエストが送信されました。



申請からしばらくするとコールサイン証明書がメールで送られてきのすので、保存した後に TQSL に読み込ませます。 この例では JP1LRT/2 を申請しましたが、まだ届いていないので 赤いマーク が付いています。 読み込ませればマークは消えます。




★★
読み込ませたら 局の所在地 のタブに進むと編集が可能になります。 ここからは以前からある  JP1LRT/6 のアカウントを編集していきます。


新しい局の所在地をクリックします。 左側は JP1LRT/6 を選択してあります。クリックして進むとこのようなページが出てきます。


必要事項として  グリッドスクエア IOTA番号を入れます。 後者は入れなくても良いですが、前者は必ず入れるようにしたいものです。
進むと・・・


 都道府県と行政区分を選ぶページに進みますので、当該地を選択して進みす。

局の所在地の名称を入れます。 この例ですと MIYAKOJIMA としています。そして完了をクリック。



これで移動地の登録ができたので、移動地でQSOしたデータを ADIF ファイルに変換した後、後は通常通り ADIF ファイルを読ませた後に、署名する局の所在地を選択してアップロードしたください。



同じ JP1LRT/6 でも 宮古島と与論島のデータはそれぞれでちゃんと反映されます。





以上です。 ぜひ移動運用のデータもアップロードしてください。 特にレアなグリッドロケーターから出た場合には

日本のグリッドロケーターのマップ http://www4.plala.or.jp/nomrax/JA/JapanGsq.htm


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
管理者のコールサインは? 小文字で。My callsign? Small leter only.

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jp1lrt.asablo.jp/blog/2020/08/24/9370358/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。