トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

WSJT-X のバージョンについて2018年01月11日 17時51分07秒

PSKR を見ていると、未だに古いバージョンの WSJT-Xをお使いの方が結構いらっしゃいます。

Using: WSJT-X v1.8.0-rc1 r7847
Using: WSJT-X v1.8.0-rc2 r8069
Using: WSJT-X v1.8.0-rc2 r8084
Using: WSJT-X v1.8.0-rc3 r8175

という感じで情報が出てきますが、正式版の最新版のバージョンは v1.8.0 r8193 
のはずです。正式版がリリースされているのに古いrc版を使う必要性は全くありません。

WSJT-Xのリリース・ノートにも

"We recommend that all users should upgrade to WSJT-X Version 1.8.0."

https://physics.princeton.edu/…/k1jt/Release_Notes_1.8.0.txt

とあり、最新版へのアップグレードを推奨しています。

もしご自身がお使いの WSJT-X が古いバージョンでしたらば最新版を


からダウンロードしましょう。

一部の古いバージョンのWSJT-Xの場合、"RR73"の意味を理解できず、ずっとレポートを送り続けて。無限ループに入ってしまいます。


また JTDX のゼネラル・リリース版のバージョンは 18.0.0.133.
エバレーション版の最新版は 18.1.0.65 です。エヴァレーション版は日々進化中です。
共に https://www.jtdx.tech からダウンロードできます。

MSHVを使っている方は少ないかもしれませんが、最新版は 1.63 で
からダウンロード可能です。

FT8は出られませんが、JT65-HF-HB9HQX-Editionの日本語バージョンは
からダウンロードできます。

何れにしても 「最新版」 のソフトウェアを使うようにしましょう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
管理者のコールサインは? 小文字で。My callsign? Small leter only.

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jp1lrt.asablo.jp/blog/2018/01/11/8767677/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。