モービル用アンテナの交換2021年09月05日 13時36分30秒

車で使用する144/430のアンテナを交換しました。

今まではコメット SB5

●利得:144MHz:3.0dBiノンラジアル/430MHz:5.5dBiノンラジアル ●周波数:144MHz:1/2λ、430MHz:5/8λ2段
●ワイド受信100~170、350~470MHz ●耐入力:120W(FM) ●全長:0.95m ●質量:170g


今回購入したのはダイヤモンドアンテナのSG7700

●全長:1.27m●重量:350g
●利得:4.3dB(144MHz)、6.8dB(430MHz)●耐入力:150W
●インピーダンス:50Ω●VSWR:1.5以下●接栓:M-P
●形式:5/8λダブルC-Loadノンラジアル(144MHz)、5/8λ2段C-Loadノンラジアル(430MHz)


台座は製造中止になって久しいDIAMONDのエアロダイナミック基台 KM600です。 https://www.diamond-ant.co.jp/pdf/stand/k600m.pdf




変角リングでアンテナの角度を調整するのですが、2枚つけるとネジをかみません。

原因はアンテナのベース部分の形状にありました。





今まで使用していたSB5はすぐにネジ部分になるのですが、SG7700は隙間があります。仕方なく変角リングを一枚外しました。その結果若干傾いてしまいましたが・・・

439.86MHzのレピーターを使用させていただいてSメーター比較をしました。全然違います。





実際の走行中の交信が楽しみです。長いアンテナはちょっとかっこ悪いかなとは思いますが・・・・


交換するにあたってSWR測定もしました。144MHz帯では2本とも良好でしたが、SB5は430MHz帯では通常使用する433MHz付近のSWRが1.7もありました。 SG7700はベタ落ちでした。

WSJT-Xの方は「RRR」ではなくて「RR73」を2021年09月11日 10時06分20秒

WSJT-Xユーザーの皆さん、「RRR」を送る設定にしてらっしゃいますか? それとも「RR73」を送る設定になさってますか?
既にお気づきかと思いますが、「RRR」を送信した後に相手から「73」を受領しても「73」を返送しません。「RR73」と同じ動きをします。
相手方は「73」が来ないと再度「73」を送信してくるかと思います。わかっている方は、「ああ・・ WSJT-Xか」となり送信を停止すると思いますが、わかってらっしゃらない方は何度も「73」を送ってくるかもしれません。
さらに「交信には73が必須」というポリシーの方はNILにしてしまう可能性もあります
できれば「RR73」を送る設定にしていただければ無駄に「73」を送り続ける方も減ると思います。どうしても「RRR」が良いという方は、「RRR」送信後に手動で「73」を送れば良いと思います。
この現象はWSJT-Xの仕様変更によるものなのでバグではありません
初めてインストールしてからTx4をダブルクリックしたことが無い方はRRRのまま運用していることになります。 設定ファイル wsjtx.ini が無い状態で起動した場合も、デフォルトのRRRがメッセージとして使用されます。なおFT4ではRRRは使用されませんので、過去に一度でもFT4モードを動作させますとメッセージはRR73へと自動的に変更されます。 Tx4をダブルクリックしたことが無いのにもかかわらずメッセージがRR73の場合は、過去にFT4にモードを合わせたことがあると考えられます。
TX 4のダブルクリックで「RRR」を「RR73」に変更できますし、もう一度ダブルクリックすると「RRR」に戻ります。


念の為普段使わないWSJT-Xで交信実験をしましたが、やはりRRRを送って相手から73が来れば、ログ QSO ウィンドウが立ち上がって交信終了、こちらからは73送りません

ダイヤモンドアンテナのSG7700 走行結果2021年09月11日 10時13分29秒

ダイヤモンドアンテナのSG7700を付けて走行してQSOしてみました。

驚きの差でした。  飛びも受けも全然違います。 僅か30cmの長さの違いですがここまで違うとは・・・

成田空港方面から都内の方とQSOしたのですが、いつもは宮城野インターより西でないとQSOは難しいのですが、なんと宮城のインターの東6km付近で呼んでみると応答がありました。

都内走行中でも全然違いました。いい買い物をしたと思います。


コメットSB5を買ったのが2018年7月。3年しか装着しませんでした。

大変細かい話 QSLについて2021年09月13日 15時18分11秒

一個人が何かを「発行する」って機会はあまりないと思いますが、我々アマチュア無線家は「QSLを発行する機会」があり、その発行数も人により差はありますがかなりの数になります。拘りのある方ない方様々だと思います。表のデザインに凝る方、データ面のレイアウトに凝る方。

私のこだわりはどちらかといえばデータ面。先日も「大変細かい話」と称し数点の注意事項をツイートしました。QSLは自分だけが見て理解できれば良いものではなく、送り先の相手を含めて全ての人が誤解の無いように正しく発行しなければならないと思うのです。
不正確であったり不具合があれば「いい加減だなぁ」と思われてしまう可能性もあります。しかし正確であれば余計な事は思われないと思うし、きちんとしているという見方にすらつながるかと思います。
自らが責任を持って発行するものなので、正確すぎて困るものではないと私は思います。私も過去には誤りのあるQSLを発行していたことがありました。気が付かないままに。しかし気がついたあと、他の方からお教えいただいたあとには細かいことまで注意をするようにしています。日本国内だけでなく海外局にも発行しますので、海外の方が見ても不具合がないように気をつけています。細かい って思われでしまうかもしれないですが、相手に届いた時に ???? って思われたら悲しいですし、せっかく発行したのに  「使えねーー」 とか言われてポイされたらもっと悲しいです。
自分のブログで私がダウンロード可能にしている Turbo Hamlog QSL印刷定義です。間違いがあるかもしれません。お気づきの点があればお教えいただけると幸いです。全てのファイルをまとめてzipファイルにしてあります。デジタルモード、日英自動対応です。



以下そのツイートの内容です。一部追加しました。


大変細かい話 QSLについて 
その1
交信年
20  と2桁の数字だけのカードが散見される。
西暦4桁を2桁に省略する際は数字の前に 「'」を付加するのが国際的な慣例です。省略しないで4桁にするか「'20」 のような記述にお願いいたします。
その2
交信月
月を3文字に省略する際は終わりに「.」を付加しますが、無い方もいます。5月「MAY」はそもそも3文字なので「.」は必要ありません。Turbo Hamlog の定義で簡単に直すとができます。 例えば ? Data2 "/05/" #Print x,y,"May" ;5月は付けない ? Data2! "/05/" #Print x,y,"!DJ." ; Jan.など
その3
QSO日時が21/11/10のようになっている
この並び具合だけでは2021年11月10日なのか、2010年11月21日なのか判別は不可能です。どうしても見のような形式にしたい場合は注釈で yy/mm/dd のような記載をすべきでしょう。やはり月は3文字略、例えば Sep. のように書くと間違いがありません。

その4
交信周波数
例えば 50 とのみ印刷されている場合「単位」がありません。項目が「BAND」「FREQ」 となっている場合は単位は必須事項です。 この場合 「MHz」を付記する必要があります。項目が「MHz」であれば 50 だけで大丈夫なのですが。10とかいてあるだけだった場合には「10MHz」なのか「10m band」なのかわかりません。

その5
時刻のあとに「J」と一文字だけ記載されている。
これは明らかな間違いです。JSTは省略してはなません。一文字の「Z」があるではないか。はいありますが、「J」というタイムゾーンは存在しません。日本はタイムゾーン「I」(アイ)に位置しています。過去の記事をご参照ください。

その6
これはより良い方向へと言うお願いです。
データ面での貴局コールサインの表示が小さい 、もしくは記載がない。表面を最初に見ればのコールサインがひと目で分かりますが、データ面を見た場合にコールサインが何処にあるか探してしまいます。データ面でのコールサインのアピールもぜひお願いします。 (^^)
その7
あとこれはまだ多くの方のQSLに見られることですが、RS/RST等のレポート欄の項目、デジタルモードのQSOでもSNRではなくてRS or RST になっている方が数多くいらっしゃいます。dBの単位もない方も。将来的にはぜひこれも直してください。


繰り返しになりますが、発行されたQSLを見て誰もが誤解なく正しく内容を理解するような記載にしなければならないと思います。正確すぎて困るものではないのです。

FT4/FT8 用 RBN2021年09月19日 08時14分58秒

RBN、リバースビーコンは便利なツールですね。 CW では活用されてらっしゃる方も多いと思います。

FT#もモード指定可能なRBNを紹介させていただきます。既にお使いの方も多いかもしれませんが。

DXCluster & RBN list

バンド指定、スポッター指定、コール指定等色々できます。ご活用ください。

WSJT-X 2.5.0 リリースです2021年09月28日 20時51分29秒

WSJT-X 2.5.0 リリースされました。

WSJT-X ユーザーの方アップデートお願いいたします。





**ですか?2021年09月28日 23時39分59秒




耐用年数を超えたパネルの処分方法はどうする。
火災の際に感電の恐れがあるため消火活動ができない場合がある。
高周波ノイズの規制がない。(自主規制だけ)

やるならば全ての問題をクリアーにしてからでないと、引退後にもずっと言われると思う。
Twitterやっていて賛同していただける方、リツイートお願いします。