トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

K1JT Joeさんからの返信2018年02月28日 09時45分06秒

K1JT Joeさんからの返信メール、そのまま貼り付けます。

Hi Yoshiharu-san,

Conventional working frequencies for the various JT modes are determined by users.
When there is good consensus that certain frequencies are desirable we include them in WSJT-X as defaults. Decisions about new working frequencies must be made by the world-wide user community.

-- 73, Joe, K1JT

従来のJT各モードの周波数設定についてはユーザーによって決定されています。特定の周波数設定が望まれるというコンセンサスがあるならば、WSJT-Xのデフォルト設定に含みます。新しい周波数設定についてはワールドワイドなユーザーコミュニティーによって決定されます。

-----------------------------------------
ということで、WSJT-Xの作者側だけでは決定できないという回答でした。
ところでそのワールドワイドなユーザーコミュニティーとはどこにあるのでしょう? どこに問いかけてコンセンサスを得られればよいのでしょうか? 再度Joeさんに尋ねてみますが、 6m bandの世界的コミュニティーはここだよ、という情報をお持ちの方がいらしたら是非お教えください。とりあえずFBの 50 MHz - The Magic Band - DX グループでポストして、SMIRKとUKSMG, Sixitaly Group関係者にメールをしてみました。
                 

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
管理者のコールサインは? 小文字で。My callsign? Small leter only.

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jp1lrt.asablo.jp/blog/2018/02/28/8795616/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。