トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

2018 CQ World Wide VHF Contest2018年07月20日 17時35分38秒

先日も記事にしましたが、CQ World Wide VHF Contestが間も無く開催です。

今年の日程は
Begins: 1800 UTC Saturday, July 21, 2018
Ends: 2100 UTC Sunday, July 22, 2018

FT8でも参加可能です。

このコンテストはグリッドの交換をしますので、6mでDXを呼ぶ際に行われる 自局のグリッドを省いていきなりレポート付きで呼ぶ方法 では不具合が生じます。

必ずグリッド付きで呼ぶようにしましょう。

そしてWSJT-Xの NA VHF contest modeで参加する方もいらっしゃいます。通常のQSOのようにSNRの交換は行いません。戸惑わないようにしましょう。

JTDXには残念ながらこのモードはありません。WSJT-Xをお使いください。

交信の例は


の様な感じです。

LOGへの記載は相手からレポート貰えませんが適当に。相手も同様です。QSLが必要な場合は自局からのレポートを記載しておけばいいでしょう。

SSBやCWでは慣習としてレポート送りますので何も違和感は無いはずです。

ちょっと頑張ればJA1位もあり得ますよ。

先日の記事


コメント

_ BG2KAJ ― 2018年07月23日 00時06分35秒

JP1LRTさん

いつも6mでFBなQSOありがとうございます!こちらはBG2KAJです。

今回は私個人的には初めてのCQWW VHFなので、ルールの方はよくわかりません。
6mバンドで一般相手局とFT8交信したら、交信相手局のlog提出は必要ないでしょうかな?もちろん私のlogは提出込みので、そのscoreは自分のlogからの計算結果でしょうか?

6mは初心者なので、突然ですが、ようければ教えてください。
これからもよろしくお願いします。

BG2KAJ TU 73!

_ JP1LRT ― 2018年07月29日 07時56分51秒

BGKAJさん、一般相手局もグリッドロケーターを送ってきていれば問題ないと思いますよ。 (^^)

_ BG2KAJ ― 2018年08月01日 11時28分09秒

あぁそうですか、了解しました。
ありがとうございます!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
管理者のコールサインは? 小文字で。My callsign? Small leter only.

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jp1lrt.asablo.jp/blog/2018/07/20/8921904/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。