トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

6m band 国内専用 FT4/FT8 周波数の試み2019年06月10日 21時13分07秒

今年の6m band のFT8は昨年以上に混み合っています。

マルチホップEsで入感するDXと国内QSOが混ざったり、DXerが海外局をコールして隙間がなくなったりと色々です。

そこで SNS の Facebook で JG1APX 飯泉さんが、国内用のQRGを作ってみてはと提案されています。

シーズン始まってからのご提案で、どこまで広報できるかが分かりませんが、私も一役買いたいと思いここに広報させていただきます。

50.280MHz で FT8 の国内交信をしてみませんか?


ただ単にリグを50.280MHzにセットしてもできますが、WSJT-X JTDXに周波数を登録してもいいです。

以下はJTDXの例ですが、WSJT-X同様です。

適当な使わないであろう周波数帯の設定で
モードをクリックして FT8 にして



周波数をクリックして 50.280として OKをクリックすれば

タブから選択できるようになります。

コメント

_ JA1RRA長谷川 ― 2019年06月11日 07時01分47秒

早速 50.280MHz を WSJT-Xで登録しました

_ JA1RRA長谷川 ― 2019年06月11日 12時42分00秒

本日 早速 50.280MHz で2局(1・3エリア)交信出来ました
多くの JA局が出てくれると良いのですが

_ JL3LSF ― 2019年06月12日 11時16分20秒

早速CQを出してみました。

_ JH0VYM ― 2019年06月14日 18時44分02秒

280を選んだ理由は何でしょうか?
Eスポ発生時にはSSBと重なるし、コンテストではCWとかさなります。
もっと高い周波数が良いと思いました。

_ JP1LRT ― 2019年06月15日 04時41分29秒

JH0VYM さん、音頭を取った JG1APX局におたずね願います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
管理者のコールサインは? 小文字で。My callsign? Small leter only.

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jp1lrt.asablo.jp/blog/2019/06/10/9084470/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。