トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

JT65 TX sequence on 6m band2017年06月07日 09時36分02秒

To all 6m JT65 lovers, I have a suggestion.

To make a Super DX with JT65 on 6m band multi-hop Es., we should keep quiet receiving environment.

Avoiding QRM from opposite sequence, let's think about your TX sequence.

Simply, Western area station TX in the even nubmer side, Eastern area station TX in the odd number side.

East or West, it's based on date change line.

For example, JA is located Far East. So always TX in the odd number side. USA is always in the even number side.

EU, when QSO with Asian station, TX  in the even number side, when QSO with USA or SA, TX in the odd number side.

Of course, there are exceptions, too. Please think about which area do you want to make a QSO. They are in the East from you? You will CQ  in the even number side. :)

Between EU and AF, AS and OC, NA and SA, it depends on the situation.


Most of JA already follow this practice.


This simple rule applies to the Super DX QSO with multi-hop Es and F2.

Short range international and domestic QSO are excluded.


How do you think? Thank you for reading my poor English.


de JP1LRT


コメント

_ JK8PBO ― 2017年06月14日 12時54分05秒

何時も頂きありがとうございます。
最近の6mリアルタイム情報を見て、JT65の国内用運用周波数と記載されたコメントを見るようになりました。そこで、検索していたら、このサイトが載っていたので、記事を読ませていただきましたが、この周波数の決めた方は、日本アマチュア無線連盟のルールを知っている方なのでしょうか。記載されていた周波数は、コンテストでのCWで使用するように連盟から決められている範囲内ですよね。規定が変わりましたか?
他の何かの規則で決まったのでしょうか。
決められた周波数内でしか運用できない、コンテスト参加者にとっては、とても迷惑と思います。わざわざ、この範囲しかコンテストで使っていけません。はみ出したら、ルール違反とまで言われているところに、入り込んでくる事はないだろうと思います。RTTYも200から出れるようになったのですが、これもどうかなと思っていたところです。RTTYは、昔に戻せばよいのにと思っております。私は、今後も気にせずに使っていきますが、混信妨害の旨の申し出がない限り、バンドプラン通りに使用いたします。あいにくJT65は運用しておりませんので、そちらで申し出られても、分らないと思いますが。。。

_ JP1LRT ― 2017年06月15日 03時02分32秒

JK8PBOさん、コメントありがとうございます。ご存知かどうか私はわかりませんが、私は大のコンテスト好きです。コンテストとJT65のお話ですが、コンテスト時はバンバン出ていいと思いますよ。そういう周波数の設定ですから。逆に言えばコンテストがない時にバンドプランに沿った運用がされていても全く問題ないですよね。言いたいのは、コンテストだけが無線じゃないしJT65だけが無線じゃないわけです。お互い譲り合いの精神が必要という事です。
夏季以外でSSNの低い現在ではDXはほとんど無いのが実情ですね。だったら夏季ぐらいDXが入っていたらそこを避けてもいいじゃ無いですか。同じバンドの愛好者を思いやってもいいはずです。
再度言いますが、私は大のコンテスト好きです。でも6mのバンド特性からDXが保護されるのも理解できるし、逆に保護しないといけないと思います。
みんなが楽しむためには大人の譲り合い精神が必要ですよ。
コンテストやってる時にあえてJT65で権利を主張する人もいないでしょう。そしてJT65の信号が出ているのを承知していながらあえてそこに出る人もいないでしょう。
みんな6mが好きなんです。軋轢を好んで作る人はいないと思います。

JT65をやってないとの事ですが、是非やってみてください。新しいモードに挑戦するのも楽しいですよ。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
管理者のコールサインは? 小文字で。My callsign? Small leter only.

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jp1lrt.asablo.jp/blog/2017/06/07/8587399/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。