トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

JT65 FT8 等のリグコントロールで2017年09月25日 08時02分27秒

WSJT-X や JTDX を使ってデジタルモードを楽しまれていらっしゃる方、DFによっては出力が変化しませんか?

高目のDFや低めのDFではパワーが出ないことも。そんな時は 「SPLIT OPERATION」機能を使いましょう。

リグの特性に合わせて送信時に送信周波数を自動で動かしてくれます。WSJT-XもJTDXも同じですが、画面を貼っておきます。

WSJT-X




JTDX




一緒ですね。

Split Operation を選択すると、両方のソフトウェアとも周波数の横の緑の丸に S が表示されるようになります。



色々実験してみると面白いと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
管理者のコールサインは? 小文字で。My callsign? Small leter only.

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jp1lrt.asablo.jp/blog/2017/09/25/8683470/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。