トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

LED電球 遠藤照明からの回答2011年01月12日 16時26分13秒

遠藤照明 http://www.endo-lighting.co.jp/
から回答が来ました。

LED照明器具がテレビ・ラジオ等に与える影響について



 電気・電子機器から発せられるノイズについては、電気用品安全法にて規制されています。



 電気用品安全法の規制を受ける照明器具は、雑音端子電圧試験(周波数域0.5~30MHz)及び雑音電力試験(周波数域30MHz~300MHz)に合格することが義務づけられており、これまでの照明器具はテレビ、ラジオに著しい影響を与えることはありませんでした。



 しかしながら、電気用品安全法の対象となるのは交流45V以上、直流30V以上で使用する機器で、電気用品安全法に規定される機器のみとなっています。

具体的に申し上げますと、現状の法規で規制されるのは、以下の場合となっております。

① LED用直流電源を別売にする場合(特定電気用品として◇PSEマークが必要)

② 器具と電源が一体の場合は以下の6品種のみ

(i) 庭園灯

(ii) 装飾用照明器具

(iii) 広告灯

(iv) 電気スタンド

(v) ハンドランプ

(vi) 携帯形懐中電灯

つまり、天井直付の器具やスポットライト、壁付器具、屋外ポール等などは、今のところ電気用品安全法対象外となっているため、電気用品安全法の基準を守っていない海外メーカーでも販売することが可能です。(ただし、2011年3月頃にはLED照明器具も電安法に含まれるよう、経済産業省で計画されていると聞いております)

従って、照明器具メーカーが自主規制として取り組んでいる状態ですのでメーカーによって差異が出ているわけです。



 さて、弊社では、電気用品安全法が現在非対象となっているLED照明器具にも、同基準を準用しており、合格したもののみを販売しております。
したがいまして、テレビ、ラジオ等に対する影響はこれまでの照明器具と同様で、支障なくご使用頂けます。



 なお、弊社のLED照明器具は、自主規制として以下のEMC規格もクリアしておりますので、さらに安心してご使用になれます。

IEC61000-3-2(高調波対策)

IEC55015(CISPR15):30MHz~1GHzの放射電界強度を規制



以上参考になれば幸いです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
管理者のコールサインは? 小文字で。My callsign? Small leter only.

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jp1lrt.asablo.jp/blog/2011/01/12/5634679/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。