トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

6m bandのJT65 国内向け運用周波数設定についての提案2017年06月08日 19時11分13秒

Facebookやその他のメディアで色々ご意見を伺ってまいりました。

どうでしょう、常時完全分離を望む声が多いので

『国内向け通信のJT65 / JT9 / T10  は50.273MHzで行う事を励行する』

という方針でやってみませんか? トライアルで。

メリット
1. 国内向け通信とDX向け通信の混信が解消され、互いに気兼ねなく楽しめる
2. 国内事情での国内向け通信のQSYなので、国際的慣習に左右されない。
       現状ではJT65のactive frequency expansion は上へ拡大される方針。
3. 国内向けであるので、比較的早く周知できる。

デメリット
1. 周知されるまでの混乱がある程度予想される。
2. 万が一国際的な標準周波数が下に拡大された時は、再度検討する必要がある。


今までそんなルールはなかった、DXがそんなに偉いのか、というご意見も頂きましたが、今まではオペレーター人口が少なかったから混乱が無かっただけで、人口が増えたらルールを作り、同じバンドを愛好していても趣向の違うもの同士が、軋轢をうまないようにするのが人の知恵だと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
管理者のコールサインは? 小文字で。My callsign? Small leter only.

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jp1lrt.asablo.jp/blog/2017/06/08/8589079/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。