JTDX の便利機能2021年05月10日 22時44分00秒

色々便利な機能がある JTDX ですが、音による通知は助かります。



自局にコールバックがあった、または自局を呼んでいる人がいる時に音で通知してくれると助かります。

何度かコールしてもコールバックがないので諦めて送信停止にして横向いていた時に、いきなりコールバックがあった時は 「ポンッ」 と音で知らせてくれるのですぐに反応ができます。

JT Alert の音声アラート own call でも同じことができます。  JT Alertを導入していない方、お試しください。



CTESTWIN 標準搭載のパーシャルチェック2021年05月11日 06時35分25秒


CTESTWIN 標準搭載のパーシャルチェックに登録する場所。
載っていて損はないと思うので登録しました。


FT8信号の音2021年05月13日 08時38分04秒

FT8を運用する際に「音」を聞いてらっしゃる方も多いかと思います。私は「音」は全く聞いていません。聞いていると眠くなってきてしまいます。 (^_^;)

自分の信号の音は定期的に友人にモニターしてもらっています。設定にも注意していますのでほぼ問題発生はないものとして送信音のモニターはしていません。

最近リグは IC-7300 を使うことが多いです。ウォーターフォール画面が優秀なので、5kHzの幅で表示させて、速度も最速に設定しています。受信しているFT8信号が子供を連れていたり、広がっていたり、高調波が出ているというのが一目瞭然です。





時々不自然な広がりを持つ信号がリグのウォーターフォール画面で見えた時、ソフトウェアのワイドグラフでもFT8信号以外の「何か」を受信していることを示すことがあります。





そんな時は「音」を聞いてみると・・・・
1.生活音   テレビだったり音楽の音
2.PCの警告音  「ポロローーン」
3.ノイズ    「ブーーーン」 「ガーーーー」 「ボン」 等色々

1と2に関しては、ぜひ隈部さん JM1SZY局の解説ページをお読みください。

JTDX・WSJT-Xのサウンド設定 Part1

JTDX・WSJT-Xのサウンド設定 Part2


3 に関してですが、PCとリグの連携、インターフェイスに問題がありそうな気がします。
最近多くのリグが USB端子 を装備して、リグのコントロールをPCで使用する際に使っています。 と同時にリグそのものが [USB AUDIO CODEC] として認識され、 USB ケーブル一本でリグのコントロールとデジタル通信用音声入出力が可能となっています。

そんな便利な機能のあるリグを、その機能、特に音声関係の機能を使わずしてマイク端子から音を入れているのかな、という方もいらっしゃるようです。 その多くの方が過去に RTTY SSTV などを外付けのインターフェイスを用いて運用されていた方で、レガシーの再利用ということなんだとは思います。 しかし調整も手間がかかりますし、トラブルのもとになりかねません。

リグのUSB AUDIO CODECが使用可能な方は、できるだけそれをお使いになるのがよろしいかと思います。

先述の隈部さん JM1SZY 局のページには FT8関連の素晴らしい記事が沢山ありますので、ぜひお読みください。

ICOMのリグのオーディオレベル設定

FT8の設定等の留意点を動画にしました

JTDX WSJT-XではFake itを使いましょう

音をかつてモニターしていた時、FT8用周波数で叫んでいた音声を聞いたことがあります。「******お前わざと妨害してんだろ」 等。特定の人物ですけど。普通じゃないですね。

6m マルチホップEs2021年05月18日 19時31分50秒

今日は今年初めての北米とのQSOができました。


N4IIとKL7HBKの二局とQSOしました。

N4II -14送っていますが、直前は-1でした。

N4IIは 見えはじめの時に ON4KST CHAT で見えてるよ、呼んでるよ、とメッセージしたらコールバック 実力ではありません。(^_^;)  情報戦??

KL7HBKはコールをコピペしようとしたら誤ってクリック・・・ もう何回もQSOしているので DUPE QSO 御免なさいしておきました。これから毎日が楽しみです。


夕方西日本でChad  TT8SN局が入りました。私は昨年QSOしてます。Nicolasさんに、どう?日本開いているの?とメッセージを送ると、10局弱とQSOしたと。しかし会議のため一時間ほど離れるとのことだったので、知り合いでまだ交信して無い方々には一時間のQRXをQSPしました。
その後はオープンしなかったようですか。

常駐局なのでチャンスはあると思います。

JTDX 2.2.156 修正版2021年05月18日 19時52分36秒

主にヤエスのリグで不具合が発生しているようですが、開発チームから対策版がリリースされてきました。
JTDX 2.2.156 修正版がJTDX本家サイトからダウンロード可能です。

Patched version of JTDX 2.2.1562021年05月18日 19時56分05秒

You can down load from JTDX main site.

I recommend JTDX to you2021年05月19日 20時08分39秒

Let me explain why I recommend the use of JTDX to all FT8 enthusiasts.

First of all, I would like to express my gratitude to the WSJT-X development team for bringing the FT8 into the world. It has made it possible to make QSOs in a short time and with a weak signal. Thank you so much.

To WSJT-X users, please do not be prejudiced against JTDX, and I hope you will be interested in it, even if only a little. I don't mind that you may continue to use WSJT-X as a result, so please read on. Thank you. :)

What are the key differences between WSJT-X and JTDX? The answer is the overwhelming decoding power of JTDX. If you haven't experienced JTDX's decoding capabilities yet, and if you doubt its ability, I urge you to experiment with it yourself.

Normally, it would be better to split the same audio source into two distributions and run the experiment on two PCs with the same performance, but I guess that is not possible for most people.

For now, let's experiment with one PC.

Install both WSJT-X and JTDX, and run both.

Adjust the audio input level so that it is not too high or too low, and monitor it for a while; WSJT-X should be set to turn on AP decode; JTDX has many more adjustable options than WSJT-X.

Here are some tips for optimizing JTDX.

Please read these instructions carefully before configuring JTDX.

After monitoring for a while, signals that only decode with WSJT-X and signals that only decode with JTDX will appear. And, you may want to leave it alone for a few hours, say, while you sleep, and then compare how well each decodes when you wake up.

You will be amazed at the overwhelming difference. JTDX wins hands down.

What does this difference in decoding capability mean? You've already experienced the scene where your JTDX user friends are QSOing with stations you can't decode, or where your neighbors, who are less equipped than you, are QSOing with stations you can't decode. If you have a large facility, this JTDX will increase your chances of making a QSO. Conversely, even if you don't have a large facility, you can sometimes have more chances to make QSOs than non-JTDX users who do have a large facility.

This may also happen. You may not be able to decode, but a JTDX user who has decoded you may be calling you. What if the station is from an DXCC entity you've never QSOed with...  In FT8, if you can't decode, you can't make a QSO. It is not exaggerated to say that the decoding capability of your software will determine your enjoyment of FT8.

Why is there such a big difference? The reason is that WSJT-X and JTDX have different stances: JTDX has been developing FT8 specifically, while WSJT-X has been developing new modes together. JTDX is focusing on HINT DECODE, which is the AP decode in WSJT-X. 
This has led to an increase in the number of false decodes, but the number of stations that can be correctly decoded and displayed has increased dramatically. 
It is up to the operator to decide if it is a False decode or not.

One thing to keep in mind is that JTDX requires a lot of CPU power, and there WSJT-X is currently well ahead. In the future, if JTDX will implement so called early first pass decoding, then JTDX will be more or less equal in this area too. JTDX can use much more available CPU power ( configured thread count ) . In other words, if you are using a PC with a large CPU power, you will be able to decode more than WSJT-X.

To add to the difference in decoding capabilities, in general even more important difference from WSJT-X is Notification/Autoseq/Autoselect part of program.
For many people, I suppose, WSJT-X is not useable  as stand alone program, there no B4 control at all, only some indication in CQ messages display level, this can be used for selecting correspondent to answer, but also this is hard enough when You have 60 decodes in period.  To compensate for this, many people are using JT Alert at the same time.

With WSJT-X, working with CQ is completely without B4 control, only option is using answer to first (use Call 1st).
In short JTDX-s Autoselect function by priority system generated by Notification configuration and CQ directions is main advantage. See the image at the bottom for priorities. Not only when you receive a CQ call from the other station, but you can also easily see the status of the stations you receive.
You can see at a glance whether the stations are uncommunicated or already communicated with.


With JTDX, there is no need to manually rewrite Tx6 when issuing a directional CQ.   Ex. [CQ DX] [CQ NA]
The text you put in the box will be reflected in the Tx6. This prevents mistakes such as accidentally erasing part of the own station's call sign or adding a strange direction.
Also, the characters you put in the box will remain valid until you delete them, so there is no need to add them every time. Up to two characters are supported.


I recommend JTDX to all FT8 enthusiasts, especially 6m band enthusiasts to try JTDX. Your 6m DX life will change for the better.

"Since I have been using WSJT-X until now, I wonder if it is possible to keep communication records?"  You may be wondering. That can be easily solved.

The data folder of WJST-X is
C:\Users\[Your own setting]\AppData\Local\WSJT-X
After installing JTDX, the newly created data folder is
C:\Users\[Your own setting]\AppData\Local\JTDX


Copy and paste the two files from the WSJT-X data folder into the JTDX data folder.
They are wsjtx_log.adi and wsjtx.log.

For those who want to share JTDX and WSJT-X logs in the future, you can find a lot of information by searching for the keyword "hard link WSJT-X".

After you have started JTDX, you can configure the settings in JTDX. Here is a good site to check your grid. JTDX supports an 8-digit grid locator.


JTDX/WSJT-X can also support up to 10 digits by rewriting the ini file directly.
Example
[Configuration]
MyCall = JP1LRT
MyGrid = PM95tq47gc

In JTDX, QSO data can be sent to eQSL in real time.
The Reporting page has an item called [Enable eQSL sending], so if you configure it correctly, it will be possible.


In the Notifications page, you can configure more detailed settings than in WSJT-X. Please set it according to your own preference. The priority of the response when called by calling CQ is as shown. In addition, if a station of the same level calls, the LoTW user is given priority to answer.



I wish you to be able to QSO with more stations.

JTDX OFFICIAL SITE  https://www.jtdx.tech/en/

国内QSO、コンディション良ければ2021年05月20日 20時00分16秒

今日はEs爆発で、50MHzも近距離Es QSOが出来ました。

杉並区から愛知県一宮市がガンガン。

こんな時正直言いまして FT8 はかったるいです。

FT4でガンガンできます。 沢山50MHz FT4でQSOできました。

FT8の50.313MHzでFT4やってみませんか的なメッセージは数回流しました。結構な数の方々がFT4に来てくれました。

コンデイション良ければ国内QSOはFT4で十分楽しめます。むしろ効率良く出来ますから、コンディションがいつ落ちるかわからない Es でのQSOにはもってこいですね。

なので個人的意見ですけど、コンディションの安定している40mでFT8でQSOする意味もよくわからなくなりました。デジタルでのQSO、FT8もFT4も変わりません。時間半分のFT4の方が「コンディションが良ければ」絶対的に有利です。

40mは7045kHzまでデジタルの運用ができるので、FT8で QSY FT4 7042 とか送って、少し高めの周波数でFT4を運用すればFT8の方々にも配慮できて良いのかなと思います。FT8の方々も波形からFT4だと分かりますので、モードを変えてもらえればすぐにQSOできますしね。


2m JD1母島から四国オープン2021年05月20日 20時41分47秒


Facebookでお友達の JD1BHA 後藤さん、本日2m FT8で四国の局とQSOされたと情報をいただきました。






JD1BHA 局は母島から大変アクティブに運用されていらっしゃいます。

50MHz FT8で JD1BHA 局が入感してる時、是非2m FT8 144.460MHzもモニターしてみてください。

JD1BHA 局アンテナは 3BAND GP ということですが、今日はじめてEsによるQSOをしたとのことです。

2m Es といえば台湾、韓国、中国、ロシアという感じですから、なかなか南にアンテナ向ける方はいらっしゃらないかも知れません。 しかしJD1と2mでQSOできたら嬉しいではないですか。ぜひコンディションを把握した上で向けてみてください。

2mリアルタイム&掲示板 http://www2.kct.ne.jp/~je4nhc/2mssbinfo.htm

コンディションの良かった土曜日2021年05月22日 20時25分33秒


土曜日、多くの方がQRVする週末です。パイルは大きくなりがちですね。

6m、午前中はW XEがオープンしました。 未交信局2局とQSOできました。

その後はカザフスタン、クウェートと近隣諸国がオープン。 カザフスタンの未交信局 UN8GEQ とQSOできました。

ベトナムから XV9HEU が出ているのが見えてQSO。 相当呼ばれていました。
XX9ETを呼ぶ局で溢れ、一回のデコードで 65局デコードできる場面も。

もう交信するより、一回のデコード数がいくつかなんて遊びをしていました。(笑)

これだけ混んでいるときっと6m FT8国内通信用周波数 50.303MHz にもどなたかがいるかな? と思って覗きに行くとたくさんいらっしゃいました。

混信も少なく、というかほぼなくリトライもなく、DXにも気兼ねすることなくQSOが出来ます。

2mもEsで沖縄と台湾がオープンしました。 豊見城市の局とBVの局の2局とQSO。友人の BV3UF Yangさんは、本日2m FT8で113QSOもしたそうです。

本格的に関東から6mでEUはまだ開けていませんが、そろそろドカンと来てほしいですね。

6mで中国の局が CQ NA と出しているのに、無視して呼ぶJA。 恥ずかしくないのですかね?  NA は North America の事です。 もしかして分かっていない?

やめましょうよ。 日本の評判下げるようなことは。 皆観ていますよ。