トラックバック・ピープル等

e-mail

jp1lrtあっと6m.net

携帯
jp1lrtあっとt.vodafone.ne.jp

解析

Google

RSS

あまりにひどい運用2019年07月03日 06時53分53秒

昨晩のことです。 久しぶりに 430MHz FT8 でCQを出していました。 すると突然至近のDFの反対側シークエンスにCQを出す局が出現。  このスクリーンショットを御覧ください。




強烈な信号が突然至近に出てきていることがおわかりいただけると思います。

意図的であれば 「嫌がらせ」、 意図的ではない無いならば 「なんにも考えていない」 運用です。

こんなことされたら誰だってムッとしますよね。しかも彼とはこのBandでは未交信。 ということは私と交信する意図はなく、反対側の至近でCQを出したということです。

デコード画面で運用中の局のDFとシークエンスを確認していない、WF画面を一切見ていないの両方でしょう。

過去にこのような記事を書かせていただきました。

電波を出す前に色々確認する、よく考えて運用する。あたり前のことだと思うんですが・・・ デジタルでもアナログでも。

コメント

_ JN1XNI ― 2019年07月03日 12時25分26秒

こんにちは。
144Mや430Mでは好き勝手に電波を出される方が多いですねぇ。多分「なんにも考えていない」に該当すると思われます(笑)
そんな時は相手のシーケンスに合わせてDFも変えて逃げるのが賢いと思われますが、6mのようなルールは存在しないんでしょうね。先日の移動運用時の嫌がらせも全く同じでしたが。。。(笑)

_ JP1LRT ― 2019年07月04日 06時50分27秒

JN1XNIさん、コメントありがとうございます。この方けっこう真面目な方なんで 「なんにも考えていない」 に該当するかな。 嫌がらせをする人とは思えないんですけどね。 しかし何も考えてないにもほどが過ぎます。 WF画面とか見ていないんですかね・・・・ すぐに同じ側に逃げました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
管理者のコールサインは? 小文字で。My callsign? Small leter only.

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jp1lrt.asablo.jp/blog/2019/07/03/9110824/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。